電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

前にも同じようなことを書いた覚えがあるのだが


自虐というか予防線というか、自分に反論がこないような事なかれ主義という雰囲気の書き方は、逆に反感をもたれるんじゃないかという疑問。

分かりにくいと思うのだが、例えるとすると、なんか偉そうなことを言っておいて、そのあとに、「まあそんなのは馬鹿なオレにはわからないんだろうけど」っていうのを付け足したり。
基本的にオレがよく使っている手法なのだが、これって、自分を否定することで自分は馬鹿じゃありませんよー、って大きな声で叫んでいるのと一緒なんじゃないかな。
自分はこのくらいのことは考えてますよ。自分を省みることが出来るんですよー。って言ってるのと同じことだよね。謙遜が謙遜になっていないというか、傲慢に謙遜してるというか。確かどこかでそんなような趣旨の会話を読んだことがあったと思うけど、その時考えたことをもう一回考えてる。
自虐も同じように、自虐をすることによって、自分を下に見せるって言うことをして、『自分は相手よりも下』っていうことに優越感を抱いているだけ。結局は自分が上に立っている。相手よりも下って言うことにかけては、相手よりも上をいってるってことを主張したいだけ。
そう考えると、傲慢でも謙遜でもないっていう状況が一番いいんだろうけど、世の中そんな人間は本当のいい人だけだろうし、本当のいい人は少ないと思うので、世の中の大部分は傲慢な人か、謙遜をする傲慢な人にでも分かれると思う。
結局、自分優先で考えるしかないんだからしょうがないといえばしょうがない。どうせ変わるのは他人の評価だけで、そのことに対して自分を見つめても何も変わらない人が殆どだろうし。
オレも変わらない一人だが、自分を分析してもそれを結果に結び付けられなかったら意味無いじゃん。みたいな。

というより、相手より下を誇るぐらいだったら、自分のほうがうえだってことを示せばいいんじゃないか。と一瞬思ったのだが、その努力がめんどくさいから、楽なほうの謙虚というか自虐にたどり着くんだろうな。

ここまで書いて、謙虚っていうことばは、実際に力を持ってる人が、自分のことを威張らないっていうことを刺してることに気づいたが、まあそれでも結局のところ殆ど同じなんじゃないかな。
自分が下っていうことにしておけば、下の自分が上のてめえをやった。っていうことに優越感を持ってるだけ。

結局は同じだよね。

つかじゃあどうすればいいのか? って聞かれたところでオレには分からん。
考えるのがめんどくさいんで思考を停止します。




以上。
  1. 2006/11/07(火) 14:23:54|
  2. 散文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほんとにどうでもいいことだが。

「この世界に絶対はない」

これを論破せよ




適当に反対意見思いついただけですが。
まあ考えてから追記見てね。
俺の考えが書いてあるから。
できればコメントくれるとうれしい。 追記-Postscript-
  1. 2006/08/16(水) 00:59:54|
  2. 散文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

感想というものについて

真面目に考えて見ましょうか。


「なんで、人の書いた感想を読むの?」


これですべて決まると思うんだ。
動機が違えばその人が求める感想サイトの像が浮かんでくるだろうし、そういうのもう含めて考えることで、包括的な対策になるんじゃないかな?

何通りいるかあげてみるか。

・未読本の情報を求めて
・読み終わった本の共感を求めて
・ただなんとなくおもしろいから
・読んだ気になれてうれしい
・ネタとして読むと面白い

さて、うちがどの対象になってるかは別として(ry


こんな風にいろんな人が感想サイトを見て回ってると思うんだが、その誰もが同じ気持ちを持ってることなんてないはず。
そりゃあ当然感想が人それぞれ違うように、それを読んで思うことも人それぞれ違う。
ちがうんだから、一概にそれがいいとか悪いとか、言えない。
毒にもクスリにもならない、ただの感想。誰にも迷惑をかけず、ちょっと思ったことを少し書いて、それで終わり。ネタバレなんてもちろんしない。
そんな感想サイトでもいいんならいいとおもうけど、知的好奇心を満たそうと思ってサイト巡回をしてる人にとって、それじゃああまりにも味気なさ過ぎる。

人気取ろうとしてる人は、だからみんながんばろうとするんだよね。



さて。
ネタバレの必然性について考えて見ましょうか。

ネタバレされたらウザい? ウザいよね?
そりゃそうだ。不可抗力で見てしまったネタバレほど最悪なものはない。
ネタバレのせいでその感想が見れないのもつまらない。

まあうちの感想は。基本的に読んだ人にしかわからないような書き方してるからネタバレ気にしてないんだけど。まあ迷惑な人にとっちゃ迷惑だろうがオレは変えるつもりないのであしからず。


そんなわけで。ネタバレを嫌う人の一人であるオレだが、だからといってネタバレを完全否定するわけにも行くまい。
ネタバレというのは
・読み終わった本の共感を求めて
・読んだ気になれてうれしい
という感想サイトをみてる人にとって欲しいものをより伝えるために、必要なことであるからだ。
つか。共感なんてネタバレなしだと微妙な感じになっちゃうし。まあ上手くまとめてる人はいるけどね。俺には無理だけど。
って、上手くまとめてる人がいるならネタバレって必要条件じゃないじゃん。だめじゃん。



じゃあネタバレの結論としては、

・上手く出来る人はネタバレなしで読んだ人も共感できる文章を書く
・下手な人はネタバレ全開で書く。
・しっかり書きたい人はもとからネタバレありで、追記とかで隠して書く。

あー。二つ目ってオレのために作ったようなもんだな。。。まあいっか。


そんな感じで。






って。適当な考察だったね。これこそ毒にもクスリにもならんわ。
今回本題は追記のやつだしね
ごめんね。とてつもなく蛇足だけどきにしないで。


追記は前回からの続き。
オレの感想と、あtoんさんのそるさんのコメントと、あと、オレの考えについて。
読みたい人だけどうぞ。



読みたい人だけ、っていったところでみんな読むんだろうけどね


追記-Postscript-
  1. 2006/06/23(金) 23:37:50|
  2. 散文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「正直~~と思う」の続き

さて、そういうわけで。
この前の「正直しょうもないこと書きなぐったと思う」にびっくりするぐらいコメントがついていたので、それに対して返事をしようと思ったのですが、コメント欄じゃ足りなくなりそうだったのでこっちで。


ついでに最近の俺について。
多分、俺についてなんかどうでもいいと思うけど、とりあえず連絡事項。



えっと。

テストです。




そうテストです。




あのなんかぶっちゃけた感じのある文章も、テスト一日目帰宅後に書きました。
ということは本来ならば修羅場的状況であってもおかしくないのですが、なんか俺はそういうことには疎いらしく、ぜんぜん危機感を感じていない状況です。
それでもみなさんも感じたことはあるでしょう。

「テストの重圧」

というものを。
結果的に見れば勉強してないことには変わりないんだけど、なぜか時間がかかることをやろうとせずにちまちまちまちま余計なことばっかりやってるうちに時間がたってしまうというもの。テストなんだから勉強しなくちゃならない・・・って心のそこで思いながら表面上は、テストなんかどうでもいいやみたいな態度をとってるうちに時間ばかりが過ぎていくという悪循環。

その輪のなかで、コメントレスとか新しい記事を書くだとかそういうことは時間がかかることに分類されてしまっているので、最近コメントレスが少ないのはそういうわけです。
まあそんなわけで、しょうもないことのコメント以外のレスを。



>あtoんさん。(チャート式ツンデレ分類)
>ここからどう展開していくのか楽しみですね。

すみません・・・そういうわけで展開はもうちょっと先になりそうです。
とりあえず気長に待っててくださいな。


と、気付いたらこれしかなかったので。終わり。




じゃあこの前の続きを。
追記-Postscript-
  1. 2006/05/25(木) 22:41:39|
  2. 散文
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:3

正直しょうもないこと書きなぐったと思う。


最近の自分の思考をすこし記録に残しておきたかった。

ということで雑文。





※ネタ性はないと思う。


最近自分がいかに子供か自覚してきたようなんだけど、その自覚してきたという自覚が既に子供の思考だということに気付いてまあ軽く落ち込んでみたり。

自己批判してるわけじゃない・・・って予防線張るのはよくないね。多分自己批判というか現状確認だと思う。いや。自己批判に見せかけたただの現状確認だと断言しておこう。


俺の癖として、毎回語尾をぼかしてあいまいにする癖があるように思う。・・・と書いてて既に使ってるんだが、思う、とか、気がする、とかって使い勝手がいい割に心に響かない言葉だ。オブラートに包んでる、みたいな言い方をすれば聞こえはいいが、要するに予防線を張ってるということ。
「思っただけだよ。別に断言はしてないよ」という風にしちゃえば全部問題はなくなっちゃうような気がしないでもないかな。

あーだめだ。どうがんばっても語尾がスースーする感じが否めない。自分の文体をいきなり変化させることは難しいと思うが、それでも変えていくべきだと思う。思うだけで行動しないのもどうかと思うけど・・・・ってあああもう。



あと大人だと感じるときは、浅井さんのブログを見てからかな。
自分の考えてることと違う価値観で語られていると、その人がとてもすばらしい人に見えてくる。逆に嫉妬を覚える人もいるかもしれないが、どう考えても人生の先輩に対してそれを思うのはおかしい。書いてあることもまあ納得できるし。

価値観の相違ということで。



以前から考えていた「中2病」とかいう話を。関係ないけど。

 中二病ってみんな言うけど、痛い行動を起こすのはまあ抑えられるとする。でも、それを脳内で思っちゃってることに変化はないわけで、どうがんばってもそれは変わらないし、価値観としての感情だったら些細なことで変わっていくんだろうし。
 今はてなで、中二病の行動とかなんとか見てきたけど、あてはまる要素が既に4、5個見つかった。中二病だからといって中学二年生しか当てはまらないとか言うわけではないのだろうが、まあそんなこんなで中2病真っ盛りなわけだ。
 でもさ。思うんだけど。これってどうにもならないんだよね。
 自覚したから改善できるとかそういうものでもない。感情論だし、がんばってもしょうがないし。いまだに頭の中じゃ戦闘シーンの再現ばっかしてるし、詩的なことも言いたくなるし。何でもやればできるといまだに心の中じゃ思ってる。あの人ができるのはやっているからであって、やってない俺ができないのは当然。やればできるんだ。みたいな思考が常に付きまとってしまうのは既に脊髄反射の域。その行動を起こすことが本当のできるということに気付いてはいても深層心理はそうは変わらないということ。
 それでいて、中二病って言われるとむかつくんだよねなんか。俺は「厨」って言葉が嫌いなんだけど、中学生を蔑んだ言い方で使うことが多いということに反感を覚えてしまってる。言ってるてめえらだってそんな時期だったときはあっただろ? 自分がその域を脱したのがそんなにうれしいか? と問いたい。・・・と書いていて、やっぱりうれしいんだろうなとも思う。自分が今までとは違う価値観を手にしたときに、以前の自分がいた立場の人間に対して優越感を抱いてしまうのは、普通なんじゃないか。だって俺がそう思ってるから。
 優越感から否定的行動に走って否定したことによってさらに優越感が増す。よくあるね。掲示板で人をけなしてる人はそんな感じがする。中二病って言われて俺がむかつくのは、その言われてる対象に俺が自分を重ねるから。否定論者は気付いてないだろうが、否定した人間だけでなく、それに感情移入してしまった他人まで否定していることもあるということ。少なくとも俺はそう。

 最近よく思うんだが、「否定された子供はひねくれて育ち、ほめられて育てられた子供はのびのびと育つ」。絶対そうだと思う。過度な褒めは逆に皮肉に聞こえることもあるが、自分より上の立場の人間に認めてもらうことほどうれしいものはない。みんなそうじゃないのか? 照れて言わないだけだと思うが・・・。褒められることは純粋にうれしいし、けなされることは、それがどんなに正しいことであっても、うざいしむかつくしやめてほしい。
 それを中学生ぐらいの年代のどうしようもない時期にぶつけられたら、かなりの苛立ちは当然だし、それを改善しようと思わない。自分を完全に否定されているわけで、否定してきた相手に、自分を改善してみせてやろうという気持ちになるにんげんがどれだけいることか。すまん間違えた。まずいないだろう。
 否定するのは簡単だがその否定が根拠のない性格批判だったりすると、ただの悪口の言い合いになるだけ。あーなんかいつもの考察になってきちゃってるだめだ。戻そう。
 

 言いたいことは単純なんだよ。
「中二病って治せないのに何でみんな叩くんだよ」って。
なにかあると何でも「~厨」とか言ってそれでひとくくり。それが気に入らないということ。
 厨っていう表現は簡単だけど、そうじゃなくて具体的な批判にしないと反感を買うだけなんだってば。


さて、
ここらへんで中二はおいておいて、俺の話に。
といっても俺は、先ほどの説明でもあったとおり、俺は褒められたらうれしいしけなされたら反感を覚える。
最近、人が話を聞くときはたいてい相槌打ってるだけって事にも気付いた・・・とそんな程度で優越感を味わってるような、普通な生意気な高校生だということ。
自分が特別だってことも思ったこともあったけど、正直価値観は変わった。少しずつだけど。


最近考えることは、大人って馬鹿じゃないんだなあってこと。
そうなんだよね。少なくとも俺より長い間生きてる。俺の知らない人間関係のある世界を知ってる。そういう人たちが自分より劣ってると思うこと事態子供の考えなのかな? そしてみんないろいろ考えてるんだろう。打算的に動いたり感情的に動いたり。今日、ここを呼んでて思った。
みんながみんな思ってやってるわけじゃないだろうけど、無意識かでそういう打算的なことを考えてるのかと思うと、自分がいかに弱い人間なのかがよくわかる。

まあそんなところで。まとまってないけど終了




----------以上。





あとがき。
あー思考をアウトプットするのは難しいわ・・・。
まとめないで書き始めると混沌とした文章になって困る。
でもそれがほんとに自分の思考をうつしてるようで、こっちのほうがよかった思うこともあるだろう。


まあとにかく。おやすみ。
  1. 2006/05/22(月) 23:07:38|
  2. 散文
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:5
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。