電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

殺×愛 0

025578160000.jpg


初めて富士見ファンタジア文庫を買ったという記念すべき作品。

まあ古本でしたが。



話は絶望系ということで鬱展開に期待して入ったら、なぜかエロゲパートに入ってしまい、フラグをたてながら死に向かっていく厨臭い話という風に片付けられてしまいそうな感じの展開。
というかまず主人公が死にたがりっていう時点でなんかね。

先入観なんだろうか。そこまででも・・・。
魔女カリレベルを期待するのはさすがに酷か?


まあしかしながら先に進むにしたがって鬱展開に入っていくのは必須。愛した人しか殺せない。でも心から愛してしまったら殺せない。
もう最高なテーマ。


先に期待して、


上の下の下


ただのエロゲだったので。次に期待。
  1. 2007/03/10(土) 16:33:49|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<殺×愛 1 | ホーム | やっぱり時代はAEなのだろうか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/915-651a0779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。