電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奇蹟の表現3

026368690000.jpg


いや面白いです。

イルマもかっこいいけどやっぱりシマが一番かっこいいです。次はミクニです。ツキオカも微妙に好きです。
萌えるきゃらはいないと思います。


物語というかストーリーというか、そういうのはそれなり。
まあ結局はドラゴンのためにすべてが回っていたという事件だったけど。

途中までツキオカの立場がわからなかったのは俺が読んでなかっただけだと思うが。長官というか課長か。イルマの上司がきて、ツキオカに普通に話してたところで混乱した。まあ直後に理解したからいいけど。
ツキオカは基本的にイルマの独断専行なわけで、課長はその件に関わってないからその顔をしらないんだよね。あと防衛庁から確認したっていうのも、防衛庁がまずもってグルってことを忘れてましたようっかり。
それにしてもツキオカもかっこよかったよなあ。
情報の力っていうのか。個人の力じゃどうにも出来ない大きな力を動かす情報の力っていうね。そういうどうにもならない絶望感が最高。強いな。もうちょっと雑魚キャラだと思ってたんだがずいぶんとしぶとく生きるもんだ。

カッコイイといえば、タイラもだな。最後のところとかほれたね。

この人はまったく。
かっちょいいオヤジたちを書くのがものすごくうまいな。
逆に萌えるよ。


3巻で切ろうかとも思ったけどオヤジ小説と思って買い続けますか。
面白かったです。




上の中の上




なんか昨日感想かきかけてたのわすれてたんで、どうせだから追記においとく。





飛びぬけていいわけじゃないけど、そこそこ安定してるって感じ。

雰囲気は相変わらず、KEI先生のおかげで暗いイメージはバッチリ。
内容もそれなりに暗いし。

ミクニがやっぱりすごいやつだったというのはなんか予想はしてたが実際そうなってみるとやっぱり感慨深いものがあるんだなあ後思わずはいられないということもある。それだけだが。

今回は新しいキャラはちょこちょこで、ほとんど既存キャラ。
さらに前巻の伏線を回収するという技を用意してきたのでちょっとびっくり。主に電車のくだり。
相変わらずイルマは正義の味方で、相変わらずナツの影は薄い。
あいかわらずシマはかわいそうなんだが。


ドラゴンの様相が知りたいんだがどうにもなら無いんでしょうか??
KEI先生の絵はアップしすぎててわかりません。



そろそろ眠いのですまんこの辺で。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/01/14(日) 15:45:49|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<DEAD SET | ホーム | 暗い30のお題 17,毒>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/834-d61f12e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。