電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぼくと魔女式アポカリプス2

027438080000.jpg


相変わらず大好きな物語。

というかまず表紙が最高だ。最高でサイコだ。
イラストがいいと本文も映えるってやつなんだろうが、とにかくイラストから最高だ。
そして意味不明な新キャラ。
蘭々爛崎寝々。
名前がというか苗字がよくわからないというか奇怪なのはラノベではよくあることなのでどうでもよかったのだが、そのキャラ付けは素晴らしかった。つかあれだ。
この巻の始まり方からしてもう俺が大好きなテンションって言うのがね。もう。ね。ずっぽりはまってるっていうかツボにどストレートなかんじなんですよええもう。
魔女カリで必要と言うかこの話の肝であるどんでん返しと言うか、なんていうんだろうか、新事実と言うか、ちゃんと今まで読んでれば解かったかもしれないけど、というミステリ風味な種明かし。
その唐突さと驚きを今回もしっかりやってくれている。
まあっさすがに前回の3段階ぐらいのそれはなかったけど、フラットフロアの存在を考えれば、まあヒントは多々あったのだが、そこの考えに全く俺は至らなかったんだよね。だからこそ、それがバラされたときの驚きは大きかったしそこが大好きだ。

ある意味で、というか全体的な意味で、登場人物が狂っているのがさらにポイントを高め、ついでに主人公のしゃべり方と思考回路も好き。
普通っていう言葉に過剰反応するのは微妙だが、それ以外の、特に他の人と会話してるときの思考が面白い。
わざとらしさを全く感じさせないところもかなりポイント高いんだけどね。

ついでに言うと、登場人物が少ないのもわかりやすさがちょうどいい感じになって良いね。
砧川
レンテンシア

あとは帽子とブルマ

新キャラ寝々
たったこれだけで話が進んで、それも戦闘は多いし、絡んでるしそのなかでギミックを用意してるし。

そして戦闘の面白さ。
戦うたびに傷つくのは当たり前だが、再生能力があるからといって一回の負傷が大きすぎるだろ、っていうくらいすばらしくぶっ飛んだ戦い方をする。
っていうか、だからといって痛みが消えるわけでも無いし、死ぬほどの傷には死ぬほどの痛みが伴っているのだから、その点では、ダブルブリッドに続く、再生可能な痛みっていうなんかもうグロとかそういうのを通り越した感じで最高感がにじみ出てる。
内臓が飛び出すとか、血肉がはじけ翔ぶとか、そういうなんかね。もう。読んでるだけで気分よくなってくるぜ!!
まあさすがに砧川のフィンガーなんちゃらはもうそろそろ刺激が弱くなってきてるけど、それ以外ならもう全然。相変わらずばっちりですよ。
んで、戦い方が、その能力に依存しきっていないと言うか、発展して使ってるって言うのもいい。
特に拡縮魔術。性質をちゃんと利用して、質量、体積、密度を操作して使ってるって言う時点で、そこら辺の能力者バトルから一歩上を言ってる感じ。祝福魔術は椅子が結局すきなのか?っていうかんじでもあるが、それでもちゃんと使いこなせてるって言うのが良い。
レンテンシアと魔女はほっておくべきじゃね?

妹がだんだん悟り始めてきたと言うか、吐露してる部分が出てきて、先が楽しみ。
主人公の壊れ具合から考えてけば、どうなるか。
うーん。
やっぱ絶望しか先が見えない展開って最高だわ。



上の上の上



完璧ですね。
まあ一巻よりは見劣りしますが、それでも十分。
はやく次でてほしいなー。
出来れば、6ヶ月以内に・・・。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/01/08(月) 10:22:52|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<とある魔術の禁書目録12 | ホーム | こめんとれす>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/821-8e650a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぼくと魔女式アポカリプス 2/水瀬葉月

ぼくと魔女式アポカリプス 2 (2)水瀬 葉月 メディアワークス 2007-01-06by G-Tools 【道を歩いていた澪は、突然ドロップキックで首の骨を折られて殺された。手を下したのはポニーテールのチャイナ服幼女。彼女は澪に「正義の味方」だと言い放つが・・・】 表紙からなにま
  1. 2007/01/17(水) 01:55:07 |
  2. ラノベ365日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。