電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

銃姫

024352170000.jpg


二度目。
確か前にも読んだことあった気がする。
というか読んだ。
234を積ん読してたことに気づき再読。




実際、最初のほうとか読むのも耐えられないような下の中レベルだったんですが、何故か何故だか後半になるにしたがってレベルがありえなく上がっていってよくわからないうちにめっちゃ面白くなって終了。
なんなんだこの落差は。
円環少女並みだ。

アンのツンデレッぷりはもう完全にしっかりキャラが立っていて、面白かった。・・・ってあれあれ。これ以降はみんな後半の話だから。そこんとこお願い。
で、その話なんだが、後半になってよくなったのは、ちゃんと物語が進んでたからだと思う。前半は説明とかそういうのばっかりで、当然心理描写も説明もわざとらしさが出てしまって、そういうのがしらける原因の大きな一つなんだが、まあ説明が不要に鳴ってくればそれだけ詰まんないところも減るわけで、だからといっていいところが増えるかと言えばそれは、それは確かとはいえないが、少なくともこの高殿さんはちゃんと出来てるあたりが、後半面白くなってきた要因だと思う。

ただ、セドリックがあまりにもクサすぎて、その雰囲気をぶち壊してるよう泣きがするのはオレだけだろうか。
まあしょうがないかな。そういう主人公なんだし。
まあそれも含めてこの本ということで。
エルウィングはさらなる深い設定がありそうで、出来れば今の状態は素じゃなくて、作ってる人格だった。っていうのが理想の展開なんだが、そのとおりに行く可能性もなきにしもあらずぐらいでありそうなので、これは期待してもいいかもしれない。

主要登場人物が3人というなかできっちりまとめてきたのは大きい。ただ、活躍してたのが一人だったのが残念・・・って、新人じゃないの?この人。
はいはい。じゃあ当然ですね。次巻を想定して作ってるならこのつくりは納得。心理描写のよさも納得。

ただ、もうちょっと説明の文章とか、わざとらしさはなんとかならんものか、と個人的意見をおしつけてみる。

それだけ。




中の上の中。




まあそのくらい。
次の巻に期待。
まあ読むのは2週間後だが。

ではまた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/12/03(日) 00:35:59|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<New world | ホーム | 今日のフリー 11/30 イエサブ平日大会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/770-56defe81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。