電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

狂乱家族日記 参さつめ

025877700000.jpg




優秀すぎる姉に劣等感を抱いて、それを抱えて生きてきた。
っていう設定がどっかでみたことあるなあ・・・・

って思ったら、蟲と眼球お嬢ツンデレでした。本当にありがとうございました。


この作品。
口調が無茶しすぎてる気がするんだが。
ですぅっていうのがウザイ。オレの主観かもしれんがな。あとさっぱりいらないとぼくはさっぱり思うんだなこれが。どうでもいいな。

凶華の過去編だったらしいが、そんなもんは結構どうでもよくて、凰火の昔話のほうがよっぽど面白かった。
どうせ最終的にはなんとかなるんだろうなーっていう詰まんない思考をしながら読んでたんで。どうでもよかたです。
一番面白かった、というか印象に残ってツボだったのは、凰火が切れて自殺しようとしたとこ。
あそこが最高だった。

なんかねー。
この作品はオレには向いてないみたいだ。
死神三番もイラストと内容がかみ合ってないし。
なんか月下ががんばりすぎてて他微妙だし。
銀夏の女装はよかったが、そこだけだし。


あーでも。
途中に挿入されてる家族日記の、お母さんが狂ったー。っていうとこは面白かったぜ。なんか並行して進んでるのが新鮮。


それだけ。

あー微妙。

いいんだけどなー。


上の下の中。



微妙なんだよなー。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/11/23(木) 14:48:21|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二階の妖怪王女 | ホーム | 狂乱家族日記 弐さつめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/753-376e9762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。