電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神栖麗奈は此処に散る

026284320000.jpg


神栖麗奈は此処に散る

内容的には殆ど前回と同じ。
テンションも同じで、オレ的にはかなりすきな部類に入るだけの作品であることは変わらない。
問題もないし、謎解きもちゃんと終わっていてよかった。

小難しい話はしょうがないが、要するに概念だけで生きてるってことなのか?
そこらへんは理解しにくいのはしょうがないと思う。

結局神栖自身の話としては、二重人格の上に、みんなはただ単に深く見すぎてたっていうね。
そういう振り方をしたんだろうけど見事にだまされて、深く考えすぎてたかな。中の人格がそこまで普通だとは余り考え付かなかった。


しかしいいなーこういうの。
なんかほんとに意味もなくてどうしようもない話だけど、実際面白いんだからしょうがないだろ。みんなみんな堕ちていく雰囲気が最高。こういう話が書きたいね。


まあそんなところで。
全然短いですが。


上の中の中。



じゃあそんなところでではまた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/10/14(土) 01:17:07|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<憐 1234巻 | ホーム | アイツばとん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/685-3a423511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。