電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャストボイルド・オ’クロック

027063210000.jpg


 だいたい、いい加減悪魔のミカタ何とかしろよといってやりたいが、書いてる本人が楽しそうなので問題はないとしておこう。



致命的なタイトルセンスはここらで頭の隅に追いやっておこう。
話としてはまあまあ。なんにせよB級というのはいいものだ。うん。
かっこいいというかかっこいいんだがどこかぬけてると思わせておきながら、最後はちゃんときっちりしめる。
ないよう的に、燃えとか萌えとかそういうのじゃなくて、単純にかっこよさに惚れるみたいな。
全体的に主人公に惚れる、とそういう小説だと思う。

前半の流れはよかったがいかんせん戦闘シーンのレベルの低さはしょうがないかなあ。読みにくい。というかわかりにくい。テンポを重要視させてるみたいな書き方だろうけど、戦闘シーンだけはうえおさんは合ってないと思う。うーん。まあほかの会話とかそういうのは好きなんだけどね。

やっぱり悪魔のミカタを思い出してしまう。うーん、やっぱりかわらないなあ、と。なんとなくだけど雰囲気が漂って来るんだよねえ。こう、うえお的な雰囲気が読んでてわかるっていうか。書き方はなかなか換わらないとおもうんだが。

オレとしてはレイディだっけ? あのチャイナの姉ちゃんがかっこいいなあって思った。仲間をちゃんと逃がしておいて、それでも意地を持ち続けてるって言うのはつらいだろうなあと。

問題は後半に出てきた主人公のトレンチコートが絶望的にかっこ悪いということなんだがどうだろうか。

遊園地で本気でぶつかっていったカノンのやつに惚れた。




というかあれだ。やっぱりかっこいいね。
コートってなんだかかっこいいや。スーツか? スーツだな。表紙の絵とか最高。
まあそこらへんはどうでもいいとしても。
全体的に漂う空気は好き。主人公の最後のところで明かされる真実もオレ好み。


大きく見ればいいところがたくさんあっていいと思う。





中の上の中。



中の理由は、・・・まあ戦闘とか、後展開とか。うー。

ではmた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/09/14(木) 23:57:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<すべてがFになる | ホーム | あの人のこともっと知りたいばとん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/626-958347f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。