電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とらドラ3

027063200000.jpg


最高だ最高だとプッシュしてたらすでに3巻までいったとらドラ。

なんだろ・・・。テンションがあがらなかった。




本編。

今回もまた例によって例のごとくツンデレ全開でがんばってる。大河。
あー。んー。
マンネリ化しすぎた感が否めない。
型にはまっちゃってるのはしょうがないとして、先の展開が簡単に読めてしまうところが致命的。最後のところはさすがに思いつかなかったが、それでもなんか分かりやすい展開、悪く言えば簡単に予測できる展開なだけに、想像を裏切るということがなくなって、少々落ち込み気味。

いや。違うかな。

それぞれの好きな人と結ばれたいって気持ちはあるんだろうけど、それよりも大河と竜司の関係に描写が行き過ぎてて、ちょっとそれぞれの元々の気持ちって言うのが分かりにくい。
すでに1巻でずれてきているはずなのに、そのあとも微妙な関係が続いてるっていうのがなんかね。




だが みのりんは最高だ


駄目だありえねえ。こいつだけ何かが別格だ。
おかしい。とんでもなくツボにはまる。確実に想定外の動きをして最高のテンションを発揮してそれでさらに気配りも出来て、っていう完璧超人。
あー。竜司が惚れるのも分かるかもしれない。
つかあー、もーだめだ。
とらどらのはずなのに、気づいたらみのりんいっぽんだし。主人公二人とかそこまでおもしrくないことに気づいちゃったし。




これからはみのりんメインで読んで生きたいと思います。




中の下の上



ではまた。




補記
たぶんここ最近のラブコメぽいのだったられでぃ×ばと!が最強。次点で田村くん。

補記2
今。、とらドラが、虎とドラゴンの略なコトに気づいた。遅すぎ。
  1. 2006/09/13(水) 06:35:05|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<ここ最近の文化祭周辺の日記 | ホーム | 一輪の花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/623-fe207fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とらドラ3!

とらドラ3!著者 竹宮ゆゆこイラスト ヤスレーベル 電撃文庫 HPに掲載されたスピンオフは 掲載されないの? 人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。 クリックありがとうございま
  1. 2006/10/03(火) 19:26:43 |
  2. ライトノベルっていいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。