電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

れでぃ×ばと!

027063280000.jpg



新刊のなかで最初に読みました。
なんかデジャヴだとおもったら、ハヤテだと友達が教えてくださいました。
なるほど、帯をみればそれはまあ確かにそうだが。


実際は完全に別物ですがね。



じゃあ感想に。




意外と、というか普通に面白かった。
何が面白いのか少し考えてみたところ、どうかんがえてもステレオタイプというか、まあ型にはまったもうこれ異常ないほどのありふれたキャラたちでありながら、文章が見せてくれておもしろいということに尽きる。

この手の話によくありがちな安易な展開も、主人公の心情描写、というか内面吐露でかなり読みやすく、またおもしろくなってる。
っつか面白いよこれ。


絵が完全にエロゲだと思ったら、中身も完全にエロゲでしたが、なんか良質のエロゲやってるみたいでいい。
会話だけですすめるなどという無茶な真似はせず、ちゃんと地の文がしっかり書かれていて、読みやすい。話の内容を理解しやすい。
セリフではなく、ちゃんとその特徴を捉えているのでわかりやすい。ということで、面白い。

つかこのないようでこの面白さだったら勢いに任せて、キャラ紹介から全力でのドリルプッシュでいいんだが、なんか気分的にこっちのほうが乗り気だったからこの書き方でやってます。
いや、どうかんがえてもこの前に読んだやつに影響されすぎだろ。浅いラボの次だからなんかいい感じに感じるのかな? そこのところはわからん。

ただ、いつもは感じるされ竜のあとに読んだやつに対する虚無感というか、何か物足りないような、そういうくだらなさを感じなかった点においてはよかったはず。


あとはあれだな。
無駄な世界観の解説というか、そういう要素が少ないのがいいな。
少ないというか過度な装飾や説明をしていないというか。長くなりすぎずにまとめて小分けに出すのは基本だけど、それでもくどくなくていい。




ーーーーーーとまあじゃあそろそろキャラ的な感じで行きますか?



ドリル。
一言でいったらこれに尽きる。
というかドリルは最高だ。最高だ。何が最高ってロマンだからだ。そうだ浪漫だ。
さらにツンデレときてる。金髪碧眼お嬢様高飛車ツンデレなんて最高のツンデレさまなのだkらもうこれは完全に堕ちろといっているようなものだ。
しかもドリル。
もうこれ以上の贅沢はいらない。


幼馴染。
特に、というか最高に、あの朝起きたときの状態から自分を引っ張り起こして、外面作って出歩くところらへんがもう最高。何が最高ってオレ的キャラ作りにおいて一番力をかけたいと思っているキャラ設定がもうそれにどんぴしゃ。
一番つくりたいということは一番好きだということで、つまりはどりる<幼馴染。
ツンデレ具合も見事なものだし、デレと言うよりは親近感を漂わせる小悪魔てき存在なのだが、オレは正直にぐっじょぶといいたい。
仮面をかぶって、自分を出さずに、自分ひとりでかかえて頑張るなんて。
ああ、なんて萌える燃える設定なんだろうか。


どじっこ。
ここまで昇華されたどじっこは久しぶりだ。
今までのヤツらはドジなだけで、それだけでなにかこう属性を持っているとおもってやがる。
違う。
大事なところはそれだけじゃなくてドジがドジを生み、勘違いで世界が回るその影響力だ。
ただ単にカレーをこぼしただけのメイドなど、ただの要領の悪いかわいいやつでしかない。
だがこのどじっこはちがう。何が違うかってもうすべてが違う。ドジのフォローがドジを呼び、事態をすべて主人公にとって「幸せ~・・・じゃねえなんだこの最悪な状況は!!?」という舞台に引きずり込んでいくその天然さ。
だからこそのドジッこ。
ただのドジには興味は無い。


先生。
無言はそこまで萌えん。重要なのは天然キャラだが、オレはそこまでではない。
ロリ先生は小萌先生だけで十分です。


その他男子。
女装男子はもういいです。どう考えても将来その憂き目に会います。ご愁傷様。
ボケ役兼たまに真面目になるサポート役。無様な関西弁。テンションはわきまえろ。
ちびっこはいらん。
馬鹿。要するに馬鹿。多分そのうちいいことをするんだろう。期待。






総括。



上の上の中。




か な り  よかったです。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/09/10(日) 22:11:07|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
<<2時間で10枚か | ホーム | 拍手返信>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/618-4ba64a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

電撃文庫・9月の感想4

■上月 司×むにゅう『れでぃ×ばと!?』  ★★☆☆☆外見はばっちり不良、極悪ヅラの高校生・日野 秋晴が編入したのは、学力よりもお家柄がモノを言う、元超お嬢様高校・白麗稜学院。育ちがそんなに良い訳じゃない
  1. 2006/09/24(日) 21:42:16 |
  2. 詠み人知らず

れでぃ×ばと!

れでぃ×ばと!著者 上月司イラスト むにゅうレーベル 電撃文庫 表紙の絵ヤバクナイ? 人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。 クリックありがとうございます。 あなたにすべての良
  1. 2006/10/06(金) 19:25:56 |
  2. ライトノベルっていいね

れでぃ×ばと!/上月司

れでぃ×ばと!上月 司 メディアワークス 2006-09by G-Tools 【外見はばっちり不良の高校生・日野秋晴が編入したのは、学力よりもお家柄がモノを言う元超お嬢様高校、白麗稜学院。執事を目指す秋晴とお嬢様たちのちょっとえっちなラブコメディ】 これどこの高須竜児? あ
  1. 2006/10/12(木) 20:36:59 |
  2. ラノベ365日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。