電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

終わりのクロニクル1下

31145878.jpg

はい下巻。

交渉の真似事という形だったが全竜交渉の最初ですね。
やっぱりこの本の魅力はこういう交渉ごとにあるはずなんだよね。
というか交渉と戦闘。戦闘と交渉。あとエロスと会話。全部だね。

このときからハジがちゃんと出てるのが驚き。
再読しててすばらしいなあって思った。全部のおおまかなプロットはできてたんだろうね。
まあそんなところで。


ブレンヒルトが萌えます。ナイスツンデレ。
もうジークフリートとか言うおじさんにツンデレ力を発揮してもしょうがないと思うけど、じつはそれとは別に黒猫にもツンデレ力を発揮しているのでもうまんたい。
最高だよブレンヒルト。もう最高だよ。ツンデレとしてのかがみだね。


そして佐山の最強変態行動。
つかむとかどういう神経してんだアンタ! って突っ込みたくなるがさやまなのでおk。


そして大城爆弾。

あーもー。忘れすぎ。



短いですがこれで。

評価はすでに言ってありますが上の上の上ですんで。
ではまた。
  1. 2006/08/25(金) 08:21:59|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<BlogPet | ホーム | ブログバトン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/577-ece710b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

終わりのクロニクル1下/川上稔

『終わりのクロニクル 1 〈上〉』 川上 稔 電撃文庫 【10個の異世界との戦後交渉を任された佐山御言。この交渉権を本当に引き受けるべきか迷いながらも、異世界1st‐Gとの戦闘に巻き込まれていく・・・】 わずかに力を入れるとその丸が柔らかく歪む、 肉の合間に溜ま
  1. 2006/08/27(日) 16:08:50 |
  2. ラノベ365日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。