電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

涼宮ハルヒの憤慨

4044292086.01._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_V52939912_.jpg


あー忘れてた忘れてた。

最初読み始めたときは全然普通に読んじゃってたんだが、ちょっと進んだら
「そういえば、これってザスニで読んだ気がする・・・」
って思い出したんだが、結局、キョンの話のオチは思い出せずじまい。

最後までいって、やっと気付いたという愚かのきわみっぽい雰囲気で、さらに読んだ内容をよく覚えていないと言う証明にもなったっぽくて微妙。



そんなこんなで最新刊。



え、で、これは長編なの短編なの? というかこういう微妙なのを中編っていうの?
と、いろいろ疑問は尽きないですが、まあそんな定義なんてどうでもいいので、正直内容なんてあれですあれ。書き下ろしかそうじゃないかが文庫のみの読者にわからないんならばどうでもいいってやつですよ。




・編集長一直線。

長門長門。長門のお話。
キョンの話が上手すぎるとかそういうのは無視して長門。
長門と黄緑さんのなんかアイコンタクト的な何かがちょっといろいろと思わせる。
長門の書いたホラーとかはもうこの際無視。多分誰かが分析しているだろうが、俺はハルヒにはそこまで感情移入していないのでどうでもいいというのが本音。別にいいじゃん。意味がわからないのが目的なんだと思うし。

つかそんなことより、長門が主人公というか前面に押し出されたヒロインだとしても、生徒会長のキャラは最高だと言わざるを得ない。
だってなんか、もう理想キャラじゃね? 俺的に。・・・俺的に。
もう無理してがんばってるって言うのがなんか魅せてくれるね。
敵役と見せかけて実はミカタ。って言うパターンは大好きですよ。特にうさんくさいキャラクターは最高ですね。
古泉とかそいういう点ではこれ以上の逸材はいないと思うが、古泉はもしかしなくても最初から仲間なので問題ないというか問題ないことが問題あるような気がする。やばい眠くておかしい。

内容的には、要するに娯楽というか、まあないようはないよう。
最後のほうの押しもんどうはなんかわくわくした。なんでだろうねー?わからん。次。




・ワンダリングシャドウ

もう超がつくほどどうでもいい話。
誰一人として立場が変わらず心の内側が変わらず、結局知識だけが増えたという有様。要するに状況説明。
いい加減長戸とか古泉周囲の勢力の説明を入れるために古泉にがんばって喋ってもらった感じ。無理矢理すぎる。
最初のほうに動かなく・・・じゃなかった、円のなかに入ろうとしなかった犬はどうなってんだろうとかそんな適当なことを。
なんか使い捨てキャラが出てきましたが名前なんて覚えていませんよ。
阪がついた気がするがどうでもいい。

そんなパラドックス的な問題はミンナ無視しているようだが。





短いですがこの辺で。


正直そこまで・・・ではないか?
ノリはいいんだけどね。


中の中の上



ままあおもしおろいっす。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/27(木) 01:20:51|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<BlogPet | ホーム | 涼宮ハルヒの陰謀>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/540-e5bae53e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

涼宮ハルヒの憤慨

涼宮ハルヒの憤慨著者 谷川流イラスト いとうのいぢレーベル 角川スニーカー文庫 過去の設定を上手く活かしているなぁ。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。 クリックありがとう
  1. 2006/08/06(日) 08:55:57 |
  2. ライトノベルっていいね

涼宮ハルヒの憤慨/谷川流

涼宮ハルヒの憤慨谷川 流 いとう のいぢ 角川書店 2006-04-28by G-Tools 編集長★一直線 【生徒会がSOS団の存在を認めないとか言い出しやがったお陰で、今度はハルヒ編集長が文集を出すなどと言いはじめ・・・】 またヤラセか! またも古泉の仕込みによる、ハルヒ暇つ
  1. 2006/08/16(水) 01:51:07 |
  2. ラノベ365日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。