電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

涼宮ハルヒの動揺

404429206X.09._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_.jpg




そして再び連続で短編集とはどういうことですかこれは。
まあ別にハルヒってだいたい長編でも短編集でも同じ気がするのだが・・・。
まあそのへんはいいか。


まあ例によってそれぞれ。


・ライブアライブ

だからアニメのクオリティが高すぎて(以下略


・朝比奈ミクルの冒険エピソード00

同上。



・ヒトメボレLOVER

話自体はたいして別にどうってことなかったけど、最後の「少しだけ」っていうセリフを読んだら、読んでよかったなあって思った。
長門はいいわ。
ほんとに。
まあ長門メインのお話で、長門が少しずつかわってるよーみたいな。そういうのを表現するための捨て駒役どんまい中河。


・猫はどこへ行った?

もうほんとにどうでもいい。
結局鶴屋さんを楽しんで、福笑いを楽しんで終わった。
トリックなんかどうでもいいんだけど。というか全然意味がわからんかった。
まあ流し読みだし。しかも反則ぎみだし。
どうでもいい。


・朝比奈みくるの憂鬱

で、今度は朝比奈さんに萌えろ、と。
単純すぎて笑っちゃうぐらいだが、まあいいや。
萌えてやったよ。
伏線っぽいこともあったが、まあ別に文庫で読んでるぶんにはまったく問題はないだろう。
まあキョンがマスコット的視線で朝比奈さんを見てないだけよしとするか。




結論



中の中の上。





前回から一変。ただの単調なキャラ小説に。
時空移動がメインっぽいんだから、もうちょっとひねろうよ・・・。


ではまた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/24(月) 23:02:40|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<涼宮ハルヒの陰謀 | ホーム | 涼宮ハルヒの暴走>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/538-bce1084e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。