電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

涼宮ハルヒの暴走

4044292051.09._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_.jpg


短編集なので1つずつ




・エンドレスエイト

永久ループとかそういうのは面白いと思うけど、結局は数値だけのものになっちゃうから微妙。
長門が言った数字で固定されちゃうだけで、そのそれぞれの描写は一切ないのでかんがいが沸かないと言うか、まあそういうのはキョンとおなじ気持ちなのか。
宿題をやると思いついたのだがそれすらもループの中の出来事だったっていうオチはだめですか? だめですね。話が終わりません。




・射手座の日

だから京アニのクオリティが高すぎて、原作よりもアニメの印象のほうが強いんだってば。
読んでも読んでもなぞってるようにしか思えなくて面白くない。
しょうがないことはしょうがないんだろうけどさ。

アニメのクオリティの高さの弊害というものか。違うか



・雪山症候群

異常だった。異常に




面白かった。




いやほんとにはらはらさせられて、先が読めないというか、
そうだよ。読んだことないから面白いとか、先が読めないから面白いとかじゃなくて、キョンが必死だから面白いんじゃねえか?
主人公が慌てふためいてたりすると、感情移入がしやすくなって面白くなるのか?
そこら辺のメカニズムはわからんがとにかく面白かった。

というかこの小説の奇異なところは、ハルヒが活躍すると決まって面白くなくなると言う点なんじゃないか?
長門が動けなくなって、古泉とキョンががんばって、朝比奈さんはおろおろして、
そういう脇役的キャラクターの活躍が物語を面白くしてるんじゃないか?

隠し事っていう条件も面白さに追加していいか?
ハルヒに気付かれてはならない、と慎重に慎重に事を運ぼうとしている様子が、何故か共有感、というか連帯感というか、まあよくわからないのだが、一緒になにかしているという意識を持たせてくれるのか。


あー。もう分析はいいや。



とにかく面白かった。
すっげえおもしろかった。
いつもは頼っている長門が使えないせいで、結局古泉とキョンのコンビになるんだが、そのコンビの会話が、もういい感じ。
特に古泉の説明口調へのキョンのツッコミが的確。
そういうテンポのいい会話はよんでいて飽きないな。




まあ全体としたら、



上の中の中。




おまけだおまけ。
雪山症候群は真面目におもしろかったさ。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/24(月) 22:49:54|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<涼宮ハルヒの動揺 | ホーム | もうカテゴリ分類もめんどくさい。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/536-d7cb0e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。