電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

断章のグリム2

026868680000.jpg



相変わらず楽しい物語ですね。
いいですよこういうの好きですもん。無条件で。
怖いの別に好きでも嫌いでもないけど、痛いのは読んでてすきになってくかんじかな? 感じかな?っていうか。そういう人間ですすみません。



今回も最高で最高な箱詰め人間というお話。
ヘンゼルさんはがんばって道を残そうとしてるのにグレーテルさんにひきづられて森の奥に行ったは良いが食われそうになったがグレーテルによって助かった。

と思いきやグレーテルさんが魔女だったのでくっちゃったー。


みたいな(よくわからん。




童話を対象にがんばってるんだろうが、説明がいかんせん長すぎる。
この長さは以上。
せりふとしてしゃべらせるなら合いの手が必要だし。いっそのこと地の文で通さないとこの文少量は嫌気が指してくる。というか不自然。
大田さんとかそういうキャラならまだ許せるけど普通の、しかもただの物語の聞き役というか解説役を作って、その人にしゃべらせるのは不毛。普通にせつめいせい。
ほかの人物に伝えることが必要なんならもうちょっとしっかりかこうよ。


随所で聞かれる、ファンタジーいらねえんじゃね? ッていう意見は、むしろどうでもよくて、俺としては心地いい(俺主観)描写と、無駄なまでの謎解きがあるだけでいいんですがね。
まあツンデレは、いらないですよ。正直あれはツンデレい分類して良いのかびみょうというかなんというか。すこしなんかわざとっぽさというか、作為的なものが感じられる。そういうツンデレは好きではない。

主人公があんまりかかわってないというか、そこまで重要人物じゃなかったのが残念。ほとんど、雪乃が主人公だったし。あれ?主人公が雪乃なのか? まあどっちでもいいけど。

登場人物がパーツとして使われていることが少し不服。全体的に、このキャラクターのはこの役割で、このキャラクターはこの役割で・・・って決まってて、それ以上でもそれ以下でもないっていうのが。意外性がない。
田上は記憶操作、狩野は解説役、名無しは記憶抹消、雪乃と蒼衣が主人公。今回は遥火が被害者。あとは適当になんにんかその場限りの登場みたいな。

こんなんだから盛り上がりに欠ける。
流石にホラーというか、そういう場面。まあ俺が好きなような残酷な場面では盛り上がることは盛り上がるんだけど、それだけで長続きしないというか、人間関係というか物語り上の盛り上がるところというところでの盛り上がりがなかったような気がする。



そんなかんじで。




中の中の上。





描写でちょっと評価upしときました。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/13(木) 09:42:48|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<空ノ鐘の響く惑星で10(二度目) | ホーム | 学園キノ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/529-7ef7ff84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

断章のグリム2

 恐い恐い恐い恐い恐い恐い。一人でいる時に読むと尚更。 作者の甲田さんが、自身を「メルヘン作家」と呼んでいる以上、この小説も「メルヘン小説」となるのでしょう。 だけど多分に「ホラー」の要素を含んでいると思います。 メルヘンの中身の七割ぐらいをホラー...
  1. 2006/07/14(金) 19:16:55 |
  2. ライトノベルの箱詰め。

断章のグリム (2) ヘンゼルとグレーテル

断章のグリム (2) ヘンゼルとグレーテル著者 甲田学人イラスト 三日月かけるレーベル 電撃文庫 そんなに恐くはないよねぇ。 人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。 クリックありが
  1. 2006/08/08(火) 19:44:02 |
  2. ライトノベルっていいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。