電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダブルブリッド9

023896150000.jpg


現在発売されている中では最新刊。
といっても出たのは2003年12月だったが。
学校に8巻を忘れてしまってこっちを先に読了したとか言うのはこの感想を読んでる人には全く関係ないことだと思うので適当に流しておきましょう。





虎司です。
いやむしろ安藤です。


安藤の一途さに惚れました。
そして安藤の天然さにも惚れました。

キャラクター的には大好きなパターンです。

ほんとに。


知ったけど、それでもそれより好きな気持ちの方が強い。
オレには分かりかねる思想ですが、でもそれでも、読んでいておもしろい、読んでいて感動する、読んでいて心に響く。
そういう感情描写だと思う。




この巻の見所というかもう一つは、大田と未知の会話。
未知は喋ってないのでほとんど会話とはいえないだろうが、大田のおしゃべりさが一段と際立って見えて来たものでもあるし、・・・というか何もさえぎられなければ、基本のセリフが半ページ(約10行)ってのも凄いと思うんだけどね。
だって、まるまる1ページ大田が一人で喋ってるのとかあるんだよ? いやはや。最高だね。

好きなキャラが一番オレがやって欲しいと思う行動を、プラスの方向で裏切りながらやってくれるというのはほんとに読書をしていて一番至福のときだと思う。



ということで、8、7、9巻がオレの大好きなダブルブリッドです。まあ6もいっぱい死んで面白いからいいんだけどね。
やっぱり壊れていく関係と壊れていく優樹を見てると、面白くなってくる・・・っていうのは不謹慎か。よんでいて、読んでよかったな。と思える瞬間が多々ある本はいいと思います。
みんな買いましょうね。

ではまた。



上の上の上

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/05/16(火) 21:42:01|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<We survive | ホーム | バニー長門>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/444-07c772f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。