電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最後の夏に見上げた空は2

025362090000.jpg


吉原がいい味出しすぎてる。
ここまでくるキャラだとは正直最初に出てきた段階で思わなかった。つか読んでると軽くツンデレっぽいのだが、男でもそれは当てはまるのだろうか? あてはめたくも無いが。萌え要素皆無だし。・・・・あ、けど女子には好評か? なんか優夜さんを速攻で思い浮かべる当たりが多分駄目だと思うんだけどね。


そんなどうでもいいことは置いておいて、実は3巻も読み終わった後にこれかいてるので混乱しちゃっても気にしないで下さい。


では。


イラストは置いておこう。というかだんだん雰囲気にマッチしてきていいと思い始めたのだがいかんせんカラーが(ry

短編連載なので一つずつ


で、吉原なのだが、
やっぱいいですね。というか吉原も遺伝子強化兵なんだよな。そこの所の苦悩とかとりまきの薄汚さだとか、細かい所ではべたなんだけど、それでも泣かせてくれるって言うのは大きいと思う。
梓の言葉も重かったけど、やっぱ小谷だね。
「人として生きたい」
誰にでも投げかけられる言葉であり、誰にでも投げかけられる可能性がある言葉だと思う。
「人として」、人が生きているという感情をどう捉えるか。
我慢して我慢して、それでも耐え抜いて生きることを生きているというのか。それを人間というのか。
正直これだけのテーマを受け止められるほどの器量は持っていませんが、感じ取ることは誰にでも出来ると思う。我慢を美徳とするような日本人の文化から考えると、小谷のような人間がほとんどだと思う。
それでも、生きてると胸を張って生きるために小谷は言ったのだろう。
「人として生きたい」と。

エピローグ的なものが意外に長くて好感。



二つ目。

太一の過去篇。このまま3巻までの伏線となる。
いや、それはさ。いいけどさ。
やっぱり救いが無いのは読んでて辛いわ。そこで見逃すって言う選択肢は絶対にとっちゃ駄目だって。絶対に教えたりしちゃだめだって。分かってるのに、それでも動いてしまう。一縷の希望に賭けてしまう。
そして賭けに負ける。
ほんとにかわいそうで、そして、大人のずるがしこさ。それを感じた。
希望を持っちゃけないと思いつつそれでもその希望にすがってしまうのは人間としての本能なのかもしれない。



三つ目。

姉登場。
この小説に出てくる大人で、まともな人間は桂木だけらしい。
姉も姉で。明らかにやばそうな男と組んでしまうあたり、よほどあせっていたんだと思う。当然。時間は限られるのだから。
そして出てきた、完全なる悪人。理不尽な悪としての存在的には完全に成功してると思う。インパクトは強いし、どこからどう見ても悪いやつという記号を与えられたにんげんとして役割はちゃんと果たせてたと思う。

最後の名門の一言は響きました。
「――許す」p323
これだけでどこまで心が揺さぶられたか。


全部まとめた感想は、


哀しいな。と。


死ぬために生きるという無駄な命。それを人間として生きるという言葉でなんとかできたらいいけですがね。



上の中の上。



期待以上にすばらしいです。絵師はカラーやら無くてもいいと思います。

ではまた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/22(土) 00:40:40|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<最後の夏に見上げた空は3 | ホーム | またどうでもいいことでも。>>

コメント

最後かもしれない春に見上げた空は

夕べのダメージがまだ残ってる>挨拶

>期待以上にすばらしいです。

なんだよ~、好みじゃないんじゃないの~?(にやにや

しかし、なんですかマジメな話。

最近の感想は読みやすくなってると思う。

いい意味で作品を客観視できているのかな?

それと逆にウチはどんどん読みにくくなっている…気がする。

一歩間違えるとあぶない人だな、こりゃ…

あ、もう十分あぶないか、アハハハハ。

はは、ははは、はは…

はぁ…

こういうのを墓穴と言うのだよ、君。

自分で書いて、自分でヘンでちゃ意味ないよね、と。土曜の朝からこんなキブンで大丈夫か、俺?
  1. 2006/04/22(土) 09:55:32 |
  2. URL |
  3. そる #-
  4. [ 編集]

いいんじゃいですか?

なんか最近感想の目的が変わってきちゃってるんでね。

見せる、か
残す。

という差は大きいと思うんですけどね。

これ以上話を発展させられそうにもないのでではまた。
  1. 2006/04/22(土) 15:55:38 |
  2. URL |
  3. 龍花 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/404-f2ba347c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。