電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブギーポップイントレランス オルフェの方舟

026579280000.jpg



なんかあれだ。
やっぱこれは禁書の後に読むもんじゃないね。文章の雰囲気が違いすぎて最初着いていけなかった。

全体的に説明的に過ぎる。あんまりこういうのはわざとらしいっていつも言ってる感じでオレは好きではない。ついでに頭の中で思ってることを括弧でくくって文章の途中で挿入するのは結構わかりにくいというかオレは嫌い。テンポがなんかおかしくなったような気がする。

反面、といっていいかどうか分からんが、戦闘シーンと能力の発想は相変わらずおもしろい。それぞれの思惑がそれぞれ決まっていて、さらに能力は実際は表面上に出ているのは副産物に過ぎず・・・っていうのがさらに燃える。
炎と氷。実際は熱と冷気、というあからさまな対の能力を使ってきたのが少し残念だったが、結果的に戦闘が面白くなってよかった。

で、やっぱり最後はブギーでしめる。と。

ブギーのおもしろさはその物語の横への広がり方だと思うんだが、今回はあんまりつながっていないかな? 正直出てきたのはリセット、あと、晴子の上司とか言ってた蒼衣だっけ? どっかで聞いたことはあったと思うんだが忘れた。まあいい。

心の中に潜む第二人格とも言うべき深層心理としての怒り憎しみなどの負の感情からの能力発動ということで、まああれだ。熱の能力って、また俺の考えてた能力とダブってしまった。
つかダブっちゃうのっておれの独創力不足か? そうでもないか。上遠野さんのがダブルってのもめずらしいけどね。

ああまたどうでもいい話に。感想に戻そう。

今回、春海と靖子が何故かごっちゃになってしまった。なんとなく読んでたからなのか分からないが、名前の雰囲気がなんとなく似てたきがする。結構忘れてしまって困った。日本人侮りがたし。

オレは六嶺さん。結構好きなキャラだよ。ああいう姿勢はあこがれる。まあ現実にそんな人に出会える(そこまでのめりこめる)可能性はほとんどなさそうだけどね。

オルフェの方舟があんまりかかわらなくって駄目だった気がする。なんかそこまで具体的に関連性を見出せなかった。多分オレの読書能力が足りないのだろう。


最初は出だしおもしろくなかったけど、後半のテンションは嫌いじゃない。



上の中の下


:以下どうでもいい話。感想でもない。

関係ないけどあとがきが今回は意外と簡単に思えたのだが何故だろうか? 最近浅井さんの文章をずっと読んでるからだろうか? まあそこら辺を確かめるために旧巻のあとがきを読んでみたのだが、・・・

今まで自分が思ってた感想とかなり違った答えが自分の中で生まれてきたので、「以前のオレはだいぶ分かってなかったなあ」とか思った。

この程度の文章を難しいと感じ、惚れていた頃が懐かしい。と思ってる今のオレを懐かしむときはいつくるのだろうか? 大体人間の思考なんてその時々で変わるんだから、つかむしろ生長してない方がかなり問題なんじゃないかと考える今日この頃。また適当な語尾で言葉を濁しているが、断定するのがめんどくさいだけだから。駄目だなオレ。


あー。この話は別の機会にするか。

とりあえずではまた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/13(木) 00:46:55|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<寝てしまった | ホーム | 優夜さんからばとん。逆アイツバトンってオレから始まったんじゃないの? というか趣旨が逆になってないんですがががが>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/383-fea7f0bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。