電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お留守バンシー

026368590000.jpg


ほんわかぬくぬく。
まさにそんな感じの柔らかい感じのお話でした。

なんだか分からないけどいつの間にか読み進んでいていつの間にか終わっていたというそんな雰囲気。

バンシーって名前かと思ったら実は妖精ということで、アリアという一人称というのがまたのんびりテンションをさらに加速させているんですね。

少ない人数の登場人物はかなりこった設定で掘り込まれてて、ペンギンも、おばさまも、首なし騎士も、サキュバスも、ゾンビも、オジサンも、みんなキャラがいいですねぃ。

そりゃあ大賞もらってるんだから、って読んでみたら文章もつっかからないで癖がなくて読みやすい。基本設定もそこまで難しくなくて分かりやすい。キャラクターもホントの悪人がひとりもいなくてすがすがしい。
まいじゃーでもあったけど、読む人を選ばない無難な作品だと思う。

まあそれだけに心に強く残るって事はあまりなかったけど、読後の清涼感は結構あってまあまあよかったかな。

続編も書きやすそうだし、絵もいいし。

まあそんなに特徴がなかったという点で、

上の下の中。

うーん。微妙ですな。まあ面白いよ。普通に。

では。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/02/12(日) 19:15:42|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<哀しみキメラ | ホーム | トライワイト・トパァズ かくて災厄のたびは始まる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/278-fd55482d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お留守バンシー/小河正岳

お留守バンシー小河 正岳 メディアワークス 2006-02by G-Tools 【闇の眷属が科学の影に隠れてひっそりと暮らすその時代。片田舎のお城をきり盛りするバンシーのアリアは、ご主人に大切なお役目をあたえられました・・・】 メルヘ~ン(変?) 教会の聖伐者に怖れをなして逃
  1. 2006/02/21(火) 02:03:52 |
  2. ラノベ365日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。