電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パラケルススの娘

4840112630.01.LZZZZZZZ.jpg


地雷の感じ満々だったけど意外と面白かった。
とりあえずクリスティーナは合格。キャラ作りはばっちり。
あと人造人間だったのもまあまあ。意外性はあった。
こんな4行目で言うことじゃないけど中の上の下ぐらい。
なんだろうな。やっぱり絵と本文の印象は複雑に絡まっているのか?
まあなんでもいいや。

遼太郎来ました。
事件巻き込まれました。
遼太郎ややこしくしました。
黒服につかまれて運ばれまれた。
捕虜としてつかわれれた。
さあ復活。


遼太郎はおせっかいすぎる。
そのわりに頭が固い、どうなんだろ。わからない。
主人公でもいいけど、あ、そうだあれだ。気付いた。


このひとつ前がされりゅうだったんだ。だからこんなに微妙な表感mんだな。どうでもいいか。


いいな。
こんなもんでもいいか?
いいな。
じゃあ。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/01/18(水) 00:32:09|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<きみにしか聞こえない | ホーム | 萌え論>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/237-9381beb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。