電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さあみんな!! 電撃文庫を読もうではないか!!

http://www.mediaworks.co.jp/users_s/d_hp/


なんか昨日は一日の来訪者数がはじめて100人を超えたので(うは低っ)記念に明らかに電撃関係から来た人じゃない人にも電撃文庫を勧めてみようというよくわからない企画をしてみよう。

はいスタート!!


さて、まあとりあえず上のURLはクリックしたかな?
あ、してない。
まあいいや。

とりあえず世間一般で萌え系といわれるものが駄目な人はまあもうどうでもいいや。とりあえず許容範囲内にある人だけ。

あ、そうそう。読書が嫌いとかそういうのは無しね。今まで読んだ本がどんなものかはわからないけど、とりあえず撲殺天使ドクロちゃんを読んでからもう一度読書は嫌いか聞いてみようじゃないか。

まあとりあえず話だけ聞いておけ(尊大)




電撃文庫はライトノベルというものであって、普通の小説とはちょっと違うと考えていいと思う。というか一緒にするな


ちゅうか灼眼のシャナとかライトノベルだったのをアニメにしたとかいうやつだからその辺理解してるよね?


(電撃文庫のCMはなんか深夜帯にやってるからたまに見れるよ。)



で、その内容なんだが、まあなんでもありというか、正直、ファンタジーでくくれるようなものでもないんだよね。

共通して言えることはイラストがついているということとそのイラストのクオリティがかなり高いということ。
一昔前(2000年以前)のイラストのなかには微妙なのもあるけれど、すくなくとも2003年以降のはほとんどいいやつばかり。だいたい小説なんて作家と表紙と題名ぐらいしか判断基準がなかったのにそこにイラストが加わってきたもんだから、そのイラストだけで買うか買わないか決める人みお出てきてるくらい。
そんだけ重要だからそれだけクオリティは高くなって当然。


内容が面白いか面白くないかは、オレのブログのカテゴリー(左のちょっと下のところにある)から「読了」を選んでくれればわかるかな?
まあ個人の好みとかそういうものもあるか。


で、購入方法なのだが、
大体古本屋(主にブックオフ)で350円が基準。たまに100円でも売ってるけどあんまりいいのはないかな?(イラスト的に)
新刊がその月のうちに入ってたりするのがブックオフの凄いところだね。
まあ金がない人は図書館でもいいかもね。最近はラノベも増えてきたっていうし、中高生向きの小説だから中学校や高校の図書室にも置いてあることもあるかな?(しらね←無責任

とりあえず一冊ぐらい読んでみてもばちはあたらないし、時間がないとかいう人も通勤時間とか消費して読んでみるといいかも。

今まで本なんか読んだことないよー何から読んだらいいのかまったくわからないよーとかいう人はまずドクロちゃんからかな?

普通の小説は読んだことあるけど・・・、とか言う人には空ノ鐘の響く惑星でがおすすめ(伝記ファンタジー)

まあ無難に入りたい人はキノの旅で。

本当のおすすめは成田良悟さんの書いたバッカーノ!とか川上稔さんの終わりのクロニクルとかだけどかなり設定が濃かったり独特だったりするから、ラノベにのめりこんでる人にはおすすめだけど初めての人とかは微妙かな。


まあいづれにせよ取り合えず一冊読め。






読め。!



そんなかんじの命令口調でではまた。


コメント、トラバ、大歓迎ですよ。
というかそういうの躊躇する理由が不明。
そんなめちゃくちゃなことしなきゃ叩くこともないし、批判的なだけなら逆に歓迎するし。
意見とか聞きたいんですよ実際。
時間あったらちょこちょこっと。
ウェブ拍手でもいいんで。


まあ、どうでもいいんですけど。<身も蓋もない。


ではまた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2005/12/30(金) 11:42:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<びびった。 | ホーム | エウレカ19~27>>

コメント

内容と全然関係ありませんけど

今年最後の挨拶にきました>挨拶

なんだかあっと言う間だったような、そうでないような一年でしたねぇ…

何はともあれ、お世話になりました。

では、よいお年を!(^_^)ノ""
  1. 2005/12/30(金) 15:56:26 |
  2. URL |
  3. そる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/197-e7d79193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。