電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

空ノ鐘の響く惑星(ほし)で123456789

空ノ鐘の響く惑星で
402487.jpg402603.jpg402686.jpg402758.jpg402846.jpg402938.jpg403084.jpg403181.jpg403241.jpg

全部読みきりましたよ!


いや、ここまでの良作とは思ってなかった。
はっきりってかなりの上位に入る。

まずキャラクターに好感が持てる。敵でさえもそれぞれに魅力があり一概に敵とは言えない状況もあってそれぞれに感情移入しやすい。

そして構成がうまい。全体として緩急がつけられたストーリー展開は秀逸。

さらに伝記として終わっているのではなく、そこから先、現在の世界とのつながりとして現在を過去と置きそこから一度滅ばせ再び昔の世界を作り出しているところはすばらしい。

さらにさらにイラストレーターが岩崎美奈子さんなので絵に不思議とリアリティがでて、アニメっぽさがなくなって現実味を帯びてくる。

キャラクターが生き生きしているのでその現実感のなかでも十分に動いていて違和感はまったくない。



とまあほめてばっかなんですがほんとに凄いですね。
正直、いつものテンションで行こうかとも思いましたけども今日ばっかりは、こればっかりはこのテンションが似合っているというか、いいと思ったので。
1巻からの流れとして、

訪問者来訪>内乱>宮殿での争い>タートムとの攻防>

と続いているのだが、ダレずに全てにおいてフェリオのすばらしさを説きながらそれぞれのキャラを掘り下げ、9巻にてついに恋の雰囲気が、LOVEの雰囲気が漂ってきたという手の遅さ。
やはり主人公は奥手というか鈍感なほうがいいのかな?

オレ的登場人物順位は
1バロッサ・アーネスト
2クラウス・サンクレット
3ライナスティ
4フェリオ・アルセイフ
5ハーミット・エアル
6ブラドー・アルセイフ
    ・
    ・
    ・
という感じです。
オレとしては主人公が好きなキャラの上位に入ることはめったにないのですが、それでもフェリオはほんとにいいキャラだと思います。

「まだこの老骨がおりますぞ、刺客の方」
って、もう9巻読んだ瞬間にバロッサ1位は決定です。当然です。この強さは反則です。大好きですこういうキャラ。

まあ大して中身のない感想なのはドンマイです。
サボってまとめて書こうとした罰だと自覚しておきましょう。


では。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2005/12/27(火) 23:55:00|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<新カードの情報 | ホーム | 重大発表>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/191-49e5fb7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラノベ「空ノ鐘の響く惑星で8」感想

「空ノ鐘の響く惑星で8」☆×5 電撃文庫:著・渡瀬草一郎戦記モノだったり、SFちっくだったり一体どっちだっていうんだガンダム!(何)の第8弾です。実は先週の時点で読んでた
  1. 2005/12/29(木) 01:09:26 |
  2. すたじおG

空ノ鐘の響く惑星で9/渡瀬草一郎

『空ノ鐘の響く惑星で 9』 渡瀬 草一郎 電撃文庫 【タートムの侵略を防いだアルセイフでは王宮で舞踏会が催されることに。フェリオの正妻候補であるウルクとリセリナに周囲の視線は集るその影で、恐ろしき刺客の姿が・・・】 嵐の前の恋の嵐 意識を取り戻したウルク
  1. 2006/01/02(月) 01:10:34 |
  2. ラノベ365日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。