電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネクラ少女は黒魔法で恋をする

ぶっくおふでおかいもの。

読んで最初の感想が「され竜の後に読みたい一冊」だった。

疑心暗鬼の塊の少女がみんなを信じるお話。
・・・自分が思ってるよりもみんなそんなに君を嫌ってないよ。大丈夫。
それを伝えようとする気持ちがひしひし伝わってくるいい小説。タイトルオチかと思ったら普通に面白かったので好印象。

どっちかっていうと自分に当てはまることが多すぎて、共感の分が評価にプラスされてるのかなぁ・・・
自分が今話してることが相手にとっておもしろく思ってくれてるか
自分を嫌ってないか
そんな感じの自意識過剰が積もり積もって不安に押しつぶされそうになる。
その気持ちをうまく振りはらってくれる一冊。

あとは自分が変われば世界が変わるって話でもあるのかな。
どっちにしても純粋にいいお話。久しぶりにこういうの読んだなぁ。

され竜とか、扉の外とか読んだ後に実生活に支障をきたさないようにこれを読むといいかもしれない。とかつれづれ思ったりしてた。


中の上の上



続きも買ってくるかな


  1. 2009/03/06(金) 20:25:18|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白山さんと黒い鞄 | ホーム | 2月まとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/1524-11e059c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。