電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さよならピアノソナタ3

これほどまでに、作者を憎く感じたことはない。


   なんで演奏の部分書いてくれないんだッ!!



もう何回泣いたかわからない。感動というよりも感激した。
なんでこんな何も知らない、ほんとにクラシックなんか微塵もかじったこともないし、ロックに一歩たりとも足を踏み入れたことがないのに、なんでここまで心が揺さぶられるのだろうか。
最初から最後まで、楽しんだ。感動した。
出てくる登場人物一人一人が魅力的で、かつ青春に満ち溢れている。こんな高校生活がおくれてたらどんなに素晴らしかっただろうか。
内容はヘタレ主人公が幼馴染と、ひょっこり出会ったヒロインと、三角関係みたいなベタすぎるほどの話なのに、いや、むしろ典型的なものだからこそ感じるものもあるのかもしれない。

それもある。
でもやっぱり、二人が通じ合った時の音楽と、その時の興奮はこれじゃないと味わえない。
だんだん戻っていく演出も憎すぎる。ふたりで壁越しに演奏したのを思い出して、ふたりで出会ったところを思い出して・・・。
ああもう!!
本当に素晴らしかった。
文句無しだわ。

上の上の上。


小説のタイプとか、どうでもよくなるほどの出来。杉井光のランク最高レベルに達したな。
  1. 2008/08/11(月) 01:27:14|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ディストーション 屍鬼の女王 | ホーム | 断章のグリム8>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/1395-809f9cd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。