電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

火目の巫女1

:杉井 光

相変わらず容赦が無い。
それはそれで俺は大好きだからいいんだけどね。

それにしても、この人は読者が知らないような分野を本当に上手く書き上げる
弓を引いている時の緊張感とか、それに対しての感情とか、精神の高ぶりとか、そういう小説として表現するべきところが表現されているっていうのは凄いと思う。

豊日が、殺せるものなら殺して欲しい。
って言った所でちょっと泣いた。
  1. 2008/07/06(日) 10:09:50|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<火目の巫女2、3 | ホーム | もういいや>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/1380-5d687bb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。