電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WWー記憶師たちの黄昏

31609170.jpg


まああれだ。
ウン、マトマッテテイイトオモウ(棒読み)

なんかさ、いいんだよ。
微妙だね。

おもしろいにはおもしろい。

萌え要素はひとつもない

ももえさまはあれだよ。ツンデレっぽいのは気のせいだよ。

テンションが終始微妙。

なんでだろ。なんでだろ。あんまり肯定できない。
ホントに、つまらなくはないけど、おもしろいっていえばおもしろいんだけど。

なんかねぇ。

兵器ヲタマザコンってキャラは最高だけど、やっぱりチビカレーが全てを崩してると思う。

あのしゃべり方はない。いらつく。それだけ。ああ。それか。だから好きになれなかったのか。

今回のメインがあいつだったからやっぱり微妙だった。

しかもいきなりビーチバレーだし。
お母さん微妙に無敵キャラじゃないし。
死にそうだし。

なんなんだよ。もういいよ。


評価>古本屋ぐらいなら買う価値アリ



そんなかんじの適当で。

ではまた

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2005/11/17(木) 20:19:58|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<注意。まずは最初の文をよく読んでから本文をお読みください。 | ホーム | なんか新しい試み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/127-2669a886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラノベ「WW」感想

「WW 記憶師たちの黄昏」☆×3 電撃文庫:著・吉田親司“人の記憶を操る “記憶師” 美砂萌恵の活躍を描く!”【海運開ける街・横須賀には奇妙な会社がある。 有限会社<記憶
  1. 2006/02/01(水) 23:40:07 |
  2. すたじおG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。