電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

吸血鬼のおしごと3

02229877.jpg

ほんとに凄い。

これはほんとに凄い。

最初から最後まで、ひとつの感情について書いてた。なんだこれは。
舞の嫉妬。
自分には無いものを持ってる友人という、残酷な運命。
仲良くしようと思っても心のそこに眠ってるその感情が暴れ出したらどうしようもなく、結局は残念な結果にしかならない。何度も挑戦してもそのたびに失敗して、駄目になりかけたところを救われて、駄目になっていく。

舞の母親の考えが途中で変わるかと思ったけど、そんなことはなくて、ちゃんと最後まで舞のことを嫌ったまんまで終わったのはいいと思った。そこまで嫌いだからこそそうなんだっていうね。
正直あそこで監禁か殺人の思いが浮かんだところで、感情が反転するかと思ったんだがそれすらも裏切ってくれてありがとう。
そこは其れで正解だよ。最後の最後まで物語の本筋に物理的に関わってこないまま終わるなんて考えてもみな買ったよ。最高だよ。

あそこで、レレナを選んだ亮史もひどいとは思うけど、そこは何かが違ったんだと思う。その時点でどうしようもなくて、ただ結局はきっかけがあるかないかで、そこでかいけつしたところで 解決はしてなかったんだと思う。

そして、死に際に放った、「はやくしてくれ」 の言葉が、一番印象に残った。
カズマお前はがんばったよ……。ホントに。


上の上の下


これはほんとに凄い。
  1. 2007/12/02(日) 20:40:50|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<適当に書いた文をエキサイト翻訳。 | ホーム | 吸血鬼のおしごと2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/1219-b94c5169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。