電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

吸血鬼のおしごと

02154531.jpg

なんか、久しぶりに読んだなぁ……
普通に前回読んでから3年立ってるのでそりゃ久しぶりだよ。まだ二回目だけど。

亮史のヘタレっぷりの中に潜む野生みたいな。
そういうポテンシャルを秘めたキャラって言うのがオレは大好きなんだが、まあそれにぴったりとは言わなくてもかなり近い属性というか、こうタイプなんだよねー。
中二っぽい趣味だが、まあそれが空きなんだからしょうがない。
レレナと舞のコンビもよかったが、なんかひめごと読んだあとだと、あぁ、舞は消えちゃ生んだなぁって思ってとてもなにか変な気持ちになった。
まあ1巻の段階では話できませんが。

半吸血鬼になる状況を頭の中では、「死にそうになってるレレナを死なせないように吸血鬼にした」って覚えてたらしくて、「ピンチになって血が足りなくなってレレナの吸ったら吸いすぎちゃった」っていうのとまるっきり……ってわけでもないけどかなり違ってて改めて俺の記憶力の悪さに感動。それとあと亮史のひどさにびっくり。

それでもまあ優しいからいいと思う。

あと親方がとても素晴らしい人だと思いました。


上の下の中


さて読み返し始めますかな
  1. 2007/12/02(日) 20:26:53|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<吸血鬼のおしごと2 | ホーム | つきこい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/1217-8a95abb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。