電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

火目の巫女 1

再読

大好きな鬱でした。
一回読んだけどそんときはよく読めてなかった。駄目だコレは。
もうなんていうかもう駄目だ。
3人出てきて絶望しかないってどういうわけだよまじで。なんという展開。
この展開はマジで大好きすぎる。

夢だった火目は、死ななければその力を発揮することは出来ず、だから自分がなろうとしたところで、それは許されずに自分の大切な人が死んでいく。
親友だと思ってた佳乃はバケモノのなりかけで、助けたいのに救いたいのに、助けたところで佳乃に未来は無い。
一番の責任は豊日だとしても押し付けられるほど傲慢でもないし、彼の苦悩も計り知れない。
結局最後に待つのはハッピーエンドなんかありえず残るのは真実を知った重みと、のこった自分の身一つ。

最高ですね。


上の上の下
  1. 2007/08/13(月) 16:49:15|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<火目の巫女 2 | ホーム | 今キャンプ中なんだけどさ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/1112-7127ba2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。