電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我が家のお稲荷さま⑤

403175.jpg


薄っ!

我が家のお稲荷さまは電撃文庫にしてはキノの旅に続いて薄いシリーズだと思う。
というかだんだん薄くなってきている。
そんなかんじで。


お稲荷さまはギャグ小説なのだろうか?

今日電車内で読んでいて吹きそうになった事5回以上(20分間で)
序盤のどう考えてもウケ狙いのところが多すぎる。
下手なギャグ小説よりテンポがスローテンポなぶん余計に笑う。
なんだろう。メリハリが無いって言っちゃ悪いかな?
ずっとつながっている感じ。
途切れないままに日常的なすれ違いとか淡々としたなかで笑わせてくる。
ぶっちゃけ最後の戦闘シーンとかいらないくらい。
  (まあでもまともな話だからおもしろい、というのもあるのだけれど)

うまいと思った。


そして、後半。
イラスト密度急増!

これはもう最高ですよ。
放電映像さんとかマジで良い感じの絵描いてるって言うのに、
数ページごとにイラスト入れるとか反則技を使用。

はい。負けました。
絵に負けました。


前半は本文で。
後半はイラストで。

十分に楽しめましたので好評価。

では。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2005/11/04(金) 20:38:58|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<護くんに女神の祝福を6 | ホーム | 読んでいない本>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okiyama.blog19.fc2.com/tb.php/104-4abe9acd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

我が家のお稲荷さま。5/柴村仁

『我が家のお稲荷さま。5』 柴村仁 電撃文庫 【赤城高校のアイドル宮部紅葉からクリスマスのミニコンサートの招待をうけた昇。それを見てブルーになっていた美咲をテンコ・クーゲンと名乗る美男子から「惚れ薬」なるものを受け取って・・・。一方、謎の「灰色の狼人間
  1. 2005/11/07(月) 00:03:17 |
  2. ラノベ365日

ラノベ「我が家のお稲荷様。?」感想

「我が家のお稲荷様。?」☆×3 電撃文庫:著・柴村 仁ドキッ、妖怪だらけ(?)の新感覚ストーリー第5弾です。気がつけばもう5巻ですね。こんな切り出し方ばっかのような気がし
  1. 2005/11/24(木) 18:56:44 |
  2. すたじおG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。