電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

音ゲーMAD晒しイベント

気に行ったのを羅列

【ニコニコ動画】【音MAD】siooooch゚Д゚
まさにごりしお

【ニコニコ動画】卑弥呼最終形態
なんという出落ちww

【ニコニコ動画】[HARD TAPIOCA] MENTAL CRASHDOWN / KBC & DJ DAISUKE
普通に映像もうまいしなんかレベルたけーw

【ニコニコ動画】MacMac 【 SigSig × ドナルド 】
止まれwwwwwwww
スポンサーサイト
  1. 2009/01/31(土) 00:06:42|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

←を見ればわかると思うが

感想は着実に溜まりつつも消化してない状態。

時間があったらMADよりも今はBMS。

電車内で寝ることが多くなって読書時間が減少。

明日はなぜかクリ博とかいうイベントに出向。

ギャザはじめました。

スマブラX楽しいです。



そろそろ真面目にサイト改装をしたいと思った。
  1. 2009/01/27(火) 01:39:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクセス解析とかなんとか

今日、ちょっとお話を聞いて、SEO対策とかそこらへんに興味が出てきたのでとりあえずアクセス解析調べてみた。


1 46  とある魔術の禁書目録
2 45  エロ
3 30  歌詞
4 16  rise
5 10  龍花
6 6   universe
6 6   inner
8 5   電撃
8 5   とある魔術の禁書目録エロ
8 5   origa


「とある魔術の禁書目録 エロ」で検索すると1位がこのブログらしい。
そんなんで検索すんなよwwwwwwwww

そっから下はずっと前から変わらず。
最近遊戯王が減ってきたな。まぁ記事書いてないし。


ラノサイリンクから飛んできた人はごめんね!!
しょっぱなからこんな変な記事で!!
  1. 2009/01/18(日) 01:10:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『2008年下半期ライトノベルサイト杯』

今までだいぶスルーしてきたので、今回オフも行ったことだししっかり投票したいと思う。
といってもほぼ電撃限定なので、そこはこのブログのタイトルからもちょっと察してくれるとありがたい。
あと古参厨なので、ベテラン作家ばかりだが、そこも許してほしい。

画像はめんどくさくなってきたのでタイトルだけです。
わかりにくくてすみません。


ではとりあえず新規部門から。


-----------------------------------------
-----------------------------------------
新規部門

境界線上のホライゾン1
【08下期ラノベ投票/新規/9784048672184】
過去ログ感想

いきなりベテラン中のベテランだが、流石にこれは入れざるを得ない。
世界観の病的なまでの詳細な設定。登場人物全員に割り振られているであろう役割。
さらに言葉で魅せる戦闘描写。
独特の世界観から繰り出される川上節はいまだ衰えるところを知らない。

・・・とでも言ったところか。
まぁ真髄は世界観を説明し終わった2巻から、そして待望の最終巻へ。
先の楽しみを楽しみつつ、今の楽しみを読んでるかんじ。
まぁこの分厚さは川上先生の特権ですね。



ばけらの!
【08下期ラノベ投票/新規/9784797350616】
過去ログ感想

杉井光の新シリーズ。
作家同士の日常を物語化させて、それを小説に書くというノンフィクションに見せかけたフィクション。
いやそんなことよりイヅナかわいいよイヅナ。
というか、ネタかと思ったらいつも通り杉井っぽさが出てきて、まともにまとまるから困る。
しかもすげぇいい話だし。
俺も抱き枕カバー買えばよかった。



泣空ヒツギの死者蘇生学

【08下期ラノベ投票/新規/9784048672757】

ヤンデレ。すごいヤンデレ。
なんというか素晴らしい。素晴らしいまでのテンプレヤンデレ。
ここまで突き詰めたのは最近見てなかったから、それはそれで新鮮だった。
友人に勧められたんだが、感覚としてはみーまーを最初に読んだ感覚に似ていた。
こう、「ヤンデレヤンデレって言っても結局微妙なんでしょ?」
っていう気持ちをいい意味で裏切ってくれる感じ。
もうこういう話大好き。




そんなわけで、感想にも勧める文章にもなってない駄文をさらに続けます。
ああ、新規は3つ。他にもあったけど、なんというかこれぐらいしか自信を持って進められなかった
アカイロロマンスとかもあったけどね。
あれはまだレジンキャストミルクに比べたら微妙だったし、死者蘇生学とかぶったから。
で、ここから先は感傷になるかもしれませんがご愛敬。

ここから先はただの感傷です。感想ではありません。ご注意を。


-----------------------------------------
-----------------------------------------
既存部門



吸血鬼のひめごと3

【08下期ラノベ投票/既存/9784048671330】

心を締め付けられる。
吸血鬼のおしごとから時間をあけてのこのシリーズ。
レレナの心の傷をえぐるように現れる敵。
ほんとに痛い。鈴木さんのは心が痛くなる。
敵は自分の知り合いで、ふたつにひとつの選択を迫られて、
苦しみながら、今までとは違って今度は一人で決断する。
記憶と、ココロと、食い違ってて、傷ついて傷つけられて、
それでも生きなきゃならない。生きたい。
絶対悪といわないまでも、大体の物語は悪役を置くけど、
鈴木さんのはみんないい人。いい人が殺しあう。この痛みと決意が読んでてズキズキ来る。
ひめごとは偽物と本物の心。ちゃんと最後にはしっかり終わらせてくれた。

終わってしまったけど、終わってしまったことでホントの意味で完結した作品でした。
ありがとう。





嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん6

【08下期ラノベ投票/既存/9784048672122】

完結?
今までとはうってかわって奇人変人は二人だけ。みーくんとまーちゃんだけ。
短編集+αみたいな感じだったけど、これはこれで面白かった。
入間人間の書く文章はどこまでもふざけてるけど、書きたいことは書いてると思う。
俺が一番好きなのは、湯女との会話も捨てがたいが、やはりみーくんがキレるところ。
あのまわってまわって嘘で済まそうとしてもうまくできなくて暴走して吹っ切れる。
あの感じがすごく好き。
壊れた人にはなれないけど、壊れた人を読むことは出来る。
変な人ばっか出てくるけど、みんなちゃんと自分の芯がある人か、全く無い人か。
どちらにせよ、フィクションという枠内で最大限に性格を使ってると思う。
この人のは大好き。
青春男で、「こんな話もかけるんだ」って感想を見たけど、もともと普通の人もかけてる。
というかさっきの、吹っ切れるところ。青春男でも発揮されてて嬉しい限り。
終わっても終わってなくてもどっちでもおかしくないって、得な文体だなwww
まぁ、嘘だけど。




断章のグリム9
【08下期ラノベ投票/既存/9784048674201】

吸血鬼が心が痛いラノベだとしたら、これは体が痛いラノベ。
描写に容赦がない。だから好き。
想像の中の痛みは現実を超えないから、最大限安全な想像になる。
許容限界の痛みで感じる快感は他とは比べ物にならない。
その良さとは別の次元で、こっちも異常者ばかりでうれしい。
まぁみーまーと違って、ズレてるといった方が正しいのだろうけど。
その微細に思えて大きなズレがすごく気持ち悪く心地いい。
最新刊はさらに構成の良さも際立っていた。
本当に心の底から感心した。素晴らしかった。
自分で決めたルールの中で自分で二重構造を作り、
そこにミスリードという手法は古典かもしれないが俺にとっては驚愕。
解釈の仕方が毎回凄いんだよなぁ・・・。
流石ベテランといったところか。
痛みと擬音の描写もうまいし、やはり甲田学人は大好き。





さよならピアノソナタ4

【08下期ラノベ投票/既存/9784048674294】
過去ログ感想
MAD

もう語りたいことは語りつくしたと思う。
自然と聞こえてくる音楽。
例え聞こえなくても伝えられる文章。
そして、そこに至るまでの盛り上がりと、演奏している時の高揚感
感じることのできないはずの感情を共有するという点においては、
ラノベの中で杉井光はトップクラスだと思う。
もうちょっと続いてほしかった。
でも、これで終わり。しっかりと包み込んで終わったこの物語を
本当にありがとうございました。




ダブルブリッド Drop Blood

【08下期ラノベ投票/既存/9784048673495】

待った年数分だけ、思い入れは貯まるもので。
10巻の時に投票できなかった思いをここで。
実際この巻の話はだいたいhpで読んでいたのでそこまで目新しいものではなかった。
が、それでもやはりよかった。
やっと終わったという安心感と、
終わってしまったという感情がごっちゃになってどうしようもなくなってしまっていた。
だって、一番最初に買ったラノベだから。
ダブルブリッドは他のラノベとはだいぶ違った。
種族の違いというものを、その差をどこまでも生かしてどこまでも使って、
そして幸せから遠ざけていっていた。
10巻という終わりで、全てが収まったとき、物足りなさを感じたのは俺だけじゃないだろう。
待って、そして待った全てを10巻が完全に終わらせてくれたとは思わない。
でも、二人の話はそこでおしまいだった。だから、これは蛇足。でも、必要な足だった。
これで本当に終わりだろう。悲しいけれど、それで最後だというのはしょうがない。
物語はきれいに終わってしまったんだから。
9巻で止まっていた時間を動かしてくれた中村先生に感謝を。
そしてありがとうございました。





既存5冊中4冊が最終巻でしたが、まぁいいか。
それだけ思い入れがあったってことでお願いします。

書いてて、改めて思ったが俺は「痛み」のある小説が好きなんだなぁと。
ラノベの目指す方向とは正反対の方向を向いてるから、主流のラノベが嫌いなんだろうね。
俺的ラノベ論書き直さないとなぁ。

まぁそんな感じで。

投票よろしくお願いします
  1. 2009/01/16(金) 06:02:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラノサイ選考中

しかし改めて考えると全然読んでないな俺。
後期はほとんど再読だったし。

うぐぅ・・・。鉄板どころは外しておくか。
というか31日までに文学少女ラストまで読んだ方がよさそうだ・・・。




いや新刊が先だろJK
  1. 2009/01/15(木) 15:48:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺的ラノベ論

最近ちょっとだけブログ見る人が増えたので適当に書きなぐる。

ラノベに構成を求めたり、ミステリ要素を求めたり、そこらへんからラノベ批判したり。
ちょっと違うなぁと思いながら傍観する。

俺のなかでラノベは娯楽。文学としては見れないな。ラノベを通して自分の新しい一面を発見したりそういうことは特に思ってない。たまにいいやつがあるけど、それはそれで別問題。

一番下に必要なものが違うんだよね。一般文学と。多分。

ラノベの一番下の土台にあるのが、「魅力的なキャラ」なわけだよ。
とりあえず、これに乗っかってればラノベとしての最低限は満たしてる。
構成が糞でも、とりあえず娯楽として読めるラノベにはなる。

逆に文学畑から考えると、一番下に「主題」とか「構成」とか来るんだろう。知らないけど。

で、その土台の上に乗っかるのは人それぞれなんだと思う。
「文章の面白さ」「構成の上手さ」「世界観の深さ」etc...
その中で一番上に乗っかってくる、どうでもいいもの筆頭が「文章力」なんだと思う。

そこで、ラノベに向かって「文章上手くないから糞」っていうのはなんかズレてる。って話。

大体ラノベなんて、基本的に素人に担当がついただけなわけじゃん。
特に最近のデビューした人間とかはちゃんと文学畑から来た人はいるにしても、ラノベからラノベに来た人もいるわけで。
しかも特に電撃の大賞って新しい才能の発掘とかが目的だった気がする。
そんなところで純文学からの評価持ち出されても困るというか、だからどうしたって感じ。

そんなわけで、俺の評価基準は



「魅力的なキャラ」
  V
「面白い文章」「厨二設定」
  V
「世界観」「登場人物の思考の複雑さ」「わざとらしさの無さ」
  V
「文章力」



あたりかなぁ。
もうちょっと洗練できそうだけど。
他の人の優先順位も知りたい感じ。
トンボさんあたりはぶっ飛び設定とか好きそうだけどどうなんだろ。

色々ぶれちゃったので言いたかったこと


【ラノベは娯楽】
【ラノベは「キャラ設定」>>>>>>(個人の嗜好)>>>>>>「文章力」】


まぁおもしろけりゃそれでいいんだけどね。
  1. 2009/01/12(月) 22:36:51|
  2. 散文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電波女と青春男

やはり地の文が最高にいいですね。

これぞラノベって感じ。いやまぁラノベの定義の話までもってくとめんどいんですが。
とりあえず自分の中でラノベっつーのは厨二要素とキャラ造形、文章の面白さで回るものだと思ってるんで、それを考えると入間人間は俺の中では最高なんですよ。
文学少女の後だからなおさらね。

そんなこんなでみーまー終わって次シリーズかと思いきや短編で終わりっぽい。
こっから前川とリューシフラグ立ってもいいけどただのラブコメ・・・にはならないか。それでも今回ほどのインパクトはないだろうから、まぁ1発ものはそれはそれで。

つか秒速5センチ面白いよね。いつ頃見たんだろ。最近っぽいけど。
誰か元ネタ表つくらないかな・・・平和さんあたりとか・・・

あと絵がやばい。かわいすぎる。しぬ。
海の中とか完璧。もうやばい。

みーまーと違って誰にでもお勧めでき・・・ないな・・・。文体がアレだし。
まぁラノベしか読んでない人にはオススメ。

というかキャラがいちいちかわいいなもう。

あ、ラストの飛ぶとこ。
あそこもうちょっと強調してもよかったかな。そのくらい。


楽しかったです。
  1. 2009/01/11(日) 17:36:49|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

文学少女と飢え渇く幽霊

全体的に面白くなってきた。
ごめん嘘。

最後はよかった。というか黒崎と蛍の関係がすごいよかったけど、日常パートというかそこに至るまでの描写がつまらない。
つまり、文学少女と麻貴先輩とコノハと琴吹がいらない。おおなんととうじょうじんぶつがみんないなくなってしまったではないか。

まあふざけなくても普通に主要キャラに愛着がわけないのが問題。
麻貴さんは単独ならちゃんとキャラ立ちそうな、というか一巻作れるだけの設定あるにも関わらずただのエロ先輩だし、
コノハとか何したいかわからん振り切れてない中二病だし
琴吹とかあざとすぎるツンデレで読んでてイタイ。
文学少女はまぁいいんだけど、バックボーンが無いから設定ありきのキャラになってる。

壊れた愛情とかそれメインで1冊ずつ出せばいいんじゃね?って感じ
正直今回の二人の話は大好きだった。


あと嵐が丘の関係性どうにかして。
ラノベなんだからいくらでも必然性はつけられるんだから、「あの話に似ているの」じゃなくてちゃんと理由つけようぜ。誰かが裏で糸引いてたとか。そうじゃなかったら解説しないで、裏設定として置いておく。であとがきでばらすとか。
ここまで偶然性に頼ったシンクロ押し出すのはどうかと思う。


というか、何でこれこんなに人気あるの?
俺が好きな類の話なのに。
  1. 2009/01/09(金) 10:29:32|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月読了本

12月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:3102ページ

アカイロ/ロマンス 2 ―少女の恋、少女の病 (2)  (電撃文庫 ふ 7-17)アカイロ/ロマンス 2 ―少女の恋、少女の病 (2) (電撃文庫 ふ 7-17)
チェーンソーがすべてのインパクトを持っていきやがった
読了日:12月28日 著者:藤原 祐
アカイロ/ロマンス―少女の鞘、少女の刃 (電撃文庫 ふ 7-16)アカイロ/ロマンス―少女の鞘、少女の刃 (電撃文庫 ふ 7-16)
キャラ忘れたので再読。ちゃんと登場人物に役目を負わせてるのはいい。あと灰原かわいいよ灰原。
読了日:12月22日 著者:藤原 祐
断章のグリム〈9〉なでしこ〈下〉 (電撃文庫)断章のグリム〈9〉なでしこ〈下〉 (電撃文庫)
最後が意外。でも最良だと思う。じいさんかっこよすぎ。でもあと100ページぐらいあってもよかった気がする
読了日:12月21日 著者:甲田 学人
断章のグリム〈8〉なでしこ(上) (電撃文庫)断章のグリム〈8〉なでしこ(上) (電撃文庫)
流石の痛さ。梢枝も琴里も普通のラノベならヒロインはれるレベルなのに……
読了日:12月17日 著者:甲田 学人
さよならピアノソナタ〈4〉 (電撃文庫)さよならピアノソナタ〈4〉 (電撃文庫)
震えて、泣いた
読了日:12月14日 著者:杉井 光
C3‐シーキューブ〈5〉 (電撃文庫)C3‐シーキューブ〈5〉 (電撃文庫)
自分で拷問とこの挿し絵もうちょっとイイ絵が良かったなぁ……。あと登場人物の名前が一致しないこと多数。挿し絵ないので読み返してからの方が無難か
読了日:12月12日 著者:水瀬 葉月
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
ツンデレばっか。雨の日のコミケとか死にたくなるわ。構成も普通に良い。
読了日:12月09日 著者:伏見 つかさ
天槍の下のバシレイス〈2〉まれびとの棺(下) (電撃文庫)天槍の下のバシレイス〈2〉まれびとの棺(下) (電撃文庫)
続くのかよwww描写が地味に良いので続刊を切に希望
読了日:12月05日 著者:伊都 工平
天槍の下のバシレイス〈1〉まれびとの棺(上) (電撃文庫)天槍の下のバシレイス〈1〉まれびとの棺(上) (電撃文庫)
全体的に丁寧。親父キャラが増えればなお良い。
読了日:12月02日 著者:伊都 工平
メイド刑事 2 (GA文庫)メイド刑事 2 (GA文庫)
ノリに着いていけなくなった。文は好きなだけに惜しい
読了日:12月01日 著者:早見 裕司

読書メーター





10冊とかすくねー
せめて新刊5と積み5、再読10ぐらいは行きたい
  1. 2009/01/07(水) 00:57:45|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文学少女と死にたがりの道化

全体的に微妙だった。
ラストの先輩の言葉で泣いた。
琴吹かわいいお琴吹

ラノベってキャラ命なのに、物語に組み込むことを前提にしてるから、キャラが生きてない。
シンクロを重要視したためか、キャラクター自身のオリジナリティが低い。
食べるってキャラ付けがあるのに、食べることに対する物語からのアプローチがない。

やるなら断章のグリムぐらいひねってくれると面白いと思う。


まぁ、そんなこんなを吹き飛ばすぐらい最後んとこがよかったんでよしとする。
あぁ、別に彼女自身のことだったんだーってのはそこまで気にならなかった。
先輩の本を愛する気持ちに打たれた。
作者の本心なんだろうなぁ・・・


中の中の上



少なくともこれだけだとあんなに大勢の人が勧めるはずがない。
ここからの発展に期待
  1. 2009/01/07(水) 00:50:11|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ニコニコ動画】サイハテ・カヴァー Piano Visualizer



ミクの微妙な表情も、このうただと、そうなんだーって気分になれる。
ピアノの表現は見事。その発想はなかなか思いつかないわ。

モーションも綺麗だし、こんなの作ってみたい。
  1. 2009/01/06(火) 08:23:36|
  2. MAD感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【MAD】サムライチャンプルー”Dark Side of the Light”



中盤ダレ気味なのと、早回しはやっぱり違和感。
ただ、それを補って余りあるほどの前半の流れと後半のたたみかけはすごかった。
最後のフラッシュ連打というか点滅はおもしろかったなぁ
  1. 2009/01/04(日) 23:54:15|
  2. MAD感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[MAD][AIR]Swallowtail Butterfly ~あいのうた~



歌詞はよく聞いてなかったけど、切り替えの綺麗さがよかった。
相変わらず動画MADの評価の仕方はわかんないけど、綺麗にまとまってたと思う。

台詞んとこはもうちょっとゆっくりボリューム下げてもよかったかも。
  1. 2009/01/04(日) 23:12:52|
  2. MAD感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。