FC2ブログ

電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

BlogPet

きのう臓物丸が、絶望ー!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「臓物丸」が書きました。
スポンサーサイト



  1. 2007/02/22(木) 11:08:45|
  2. BlogPet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お・り・が・み 3

025270640000.jpg



そんなこんなで3巻。
口絵見て、あーやったー魔王覚醒とかやっほいとか思いながら読んでた感じ。

なんかひょむひょむ読んでて、前半ちょっと失速気味かなあって感じだったんだよね。まあそろそろマンネリというか、驚き飽きたというか、伊織がなんか普通になっちゃったからあーあーみたいな感じだったんだけど、魔王のための修行の辺りから素晴らしく素晴らしかった。
やばいやばい、鈴蘭かっこいいわ。鈴蘭に惚れたわ。いやあ、そこまでやってくれるとは正直思ってなかったんだけどさあ。ホント。かっこいい。
あのちょっとぶち切れるっていう感じがなんともいえず読んでて爽快感を味あわせてくれる。

そのあとの裏切りとか、まあそんなのもあったけど、みーこの半端じゃない強さとか、鈴蘭のがんばったかんじとか、そういうなんかね、「最強」キャラっていうの大好きなオレにとっては展開最高だったわ。
ご主人様もとい伊織も、1巻のテンションに戻ったことだし、これはもう続き読みたくてしょうがないね!!




上の中の上。



いやあ、先になるほど面白くなるってホントだったわ。
  1. 2007/02/22(木) 09:30:37|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Fate/Zero

img_main.jpg



というわけでFate/Zero
読み終わってから奈須さんじゃないことに始めて気付いたほど、何の違和感も無かった。
やばいやばい。このレベルは半端じゃない。

征服王イスカンダルと、そのマスターのウェイバーがお気に入り。確かにさ、時臣とか、言峰とか、切嗣とかもかっこいいけど、ウェイバーの小物っぷりは素晴らしい。あの小物っぷりは多分きっと最後まで残るんだろうなあ。

そしてそういうことで、今回もちゃんと全部キャラ考えてるのがすごすぎる。ギルガメとセイバーとは決まってたけど、それ以外ちゃんと考えてるっていうのが素晴らしい。キャラ付け的にはあと、カリヤさんが神ってる。登場したとたんに最初から救われないことが分かってるキャラとかどんなだよww。まじこういうのはそそられるね。桜を救うためとかいいながら、どう考えても桜は救われてないことは確定してるんだから、そこどうやっても絶望しかないっていう素晴らしさ。マジ最高だ。

そしてランサーは青服に赤い槍っていうのはもう決まってるのかね? まあかっこいいからいいけど。かっこいいからいいけど。
かっこいいからいいけど。


ホント。救いがたいほどに最高だ。
絶望の4巻とか早く読みたいよ。



上の上の上



文句つけるところが無いじゃん。
  1. 2007/02/22(木) 09:23:51|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お・り・が・み 2

024882500000.jpg


というわけで、伊織の過去偏とでも言うべきか。

いやあしかし伊織かっこいいなあ。
完全にかっこいいキャラつくるために作ったとしか思えないような完璧さだ。


地下にもぐった一同。これから先の前フリとばかりに魔人が連続で登場。もうみんなキャラつよくて素晴らしい。みーこがまあ怖い存在だってのは最初のでわかってたけど、ホントにすごい存在として奉られてたというか、魔人の中でこう、敬われてる立場だとか、まあすごいなあって。


っていうか、この小説のいいところは、そういうところにあると思うんですよ。
裏の裏をかいた、っていうか、最初に思っていたよりもそいつは実は強かった的なそういうサプライズが素晴らしく多量に含まれている。そのなかでさらに、解かりやすく強いやつとか、わかりにくく強いやつとか、とにかく、思いついた最強キャラを列挙して、その性格とか考えながら列挙してって、そのままみんな出しちゃったー的な、そんな感じ。
どう考えてもみんなおかしいぐらい強いんだもん。

というわけで、強いものスキーなオレにとってはひゃっほいな状況。イマンところ伊織もいいけど勇者もいいかなあなんて。
さりげなく強いんだよねあいつ。

ああ、真琴はあかんね。
アイツなんか微妙に好かん。



まあそんなかんじで、


上の中の下。



伊織かっこいいよ伊織
  1. 2007/02/22(木) 03:51:28|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0