電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏と花火と私の死体

000222660000.jpg


技巧とか、解説に書いてあったロジックとかトリックとかは微妙に理解できたような出来なかったような中途半端な感じだけど、とりあえずおもしろかったのは確か。
っていうかタイトルからして買いたくなるタイトルなんですが・・・。最高です。


まず一人称が最高。
これがこの話を大きく盛り上げてる。他の人と違うところは、いない人間がいる人間として存在する人間を描写するというありえない設定をなんの躊躇もなく前フリも無く唐突に行い始めるという点。
こういうおいてきぼり感は大好きだね。
健くんというひっぱっていくひとがいて、そこについていく女の子がいるわけで、そこで閉じた世界がひどく好き。

いつ見つかるかというスリルと、それに対する一時しのぎにしかならない対策と、いたちごっこはただそれだけであきそうなものだが、それぞれが独立して行われているので問題なく読めた。

あと姉ちゃん最高。
戸惑いがまったくないのがいいね。



上の上の中



これを機に乙一作品でも読んでみましょうかね。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/25(木) 23:03:47|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連射王 上&下

027450130000.jpg027450140000.jpg




変態で頭のおかしいけどキレるやつが出てくると思ったらうじうじしてどうしようもない平凡な少年と、今時あるまじき幼馴染属性の女の子がすれ違ったりシューティングゲームやるお話。
後半とかとことんゲームしかしてない。


ただ、素晴らしいのはたったそれだけのことなのに、本気になっている高村がうらやましいと思った。
特にやりたいこともなく、惰性で世界が回ってるような男にとってそういう存在は必要不可欠なわけで、もうどうしようもない日常に飽きてきたときに読んだのでなんかすこし元気をもらった。

ところどころ誇張過ぎるかな? っていう表現。ファーストプレイワンコインクリアとかしつこくいってたけど、それは確かに重要なことで節目であって、繰り返すだけの価値はあったしその印象はすごくついた。




っていうかそんな技巧的なことはどうでもいいので、これ読んで燃えれ。
燃えるって。
ゲーセンいってゲームしてるだけなんだよ?それだけのことをここまでかけるのか、って感じ。
描写がなんか普通にSFというかラノベ読んでるみたいな感じで、すっごい細かい。普通の戦闘シーンと読み間違えるくらいの、そのくらいちゃんとシューティングゲームの画面の描写を行ってる。
技術とかもちゃんと書いてあっておもしろかったし、もう全体的によかった。


ただそこまでツボではなかったかな?


上の中の下。


好きだが、もう少し。

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/01/25(木) 22:55:13|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神様とゲーム

027067130000.jpg


やっぱりこの人はこういうなんでもない話を書いたほうがいいとおもうんだけどなあ。

まあどっちにしろそこまで面白くは無かったけど。


羽黒がなんか裏切ったりしてないから微妙。
人間関係がうまく行き過ぎてて平凡で刺激が無い。

秋庭の言葉がクサすぎる


ひとつひとつ書いていきますか。


・ユメデハレタラ
メイド服が綺麗だった。改めて思ったが、このシリーズは絵師で支えられているような気もする。
それだけ綺麗だった。
なんか服に着せらされてるっていうんじゃなくて、ちゃんと着てさも当然のようにふるまってる一般人手言うのが軽くツボ。
そのくらい。
変化と停滞。
どっちがいいかなんてきめられないのにね

・ドンテンガエシ
尾田の意外な一面の披露らしいがそこまでおもしろくn(
密室ってだけでおっけーなんてそれはちょっと密室マニアとは違うんじゃないかなあって。
まあかのうは楽しそうだったからいいけど
デスヨ。
改めて思ったけど、口調で判断させるのは禁書でもおなじみでまあいいんだけど、繰り返し過ぎてくどすぎる気がしてならない。うざい。
口から下のかのうの絵が好き。

・アメノチウソツキ
この巻のなかで唯一しっかり読めた。
軽薄な男って言うキャラ付けが素晴らしい。裏があるっていうのはいいよね。面白い。
羽黒との会話もそんな感じで。
やっぱり知らない過去とかそういうのがキャラの深みだと思うんだがどうだろうか。
微笑してるかのうは綺麗だった。

・ニジイロチョコレート
過程も結末もオチもどうでもいい。
バレンタインなんて・・・。



中の下の中。


もうどうでもいいよ。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/01/25(木) 22:34:57|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BlogPet

いつも、沖山龍花は

かのう様はいつもどおりだと思わせておいて、ちょっと含みを持たせた笑顔を持たせてるあたり、その辺の公衆は好きなんだけどなあ。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「臓物丸」が書きました。
  1. 2007/01/25(木) 11:03:32|
  2. BlogPet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。