電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ごめんずっと話してた

なんか授業終わった4時ごろから話し始めて、
ヒロオカさんとササッキーとハンダさんと延々話続けて、

途中で話題変わりつつ、
ノーベル平和賞の話したり
昨今の日本の政治について話したり
今日の授業のバスケの話したり、
クラスのみんなの席を確認したり
コンクリート槍だったり
漫画の話したり
小説の話したり


そんなことをしてるうちに九時になりました。

純粋に5時間ぶっ続けで会話してました。
教室で。



楽しかった。
こういう日もいいかな。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/31(水) 03:18:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルドゥック・スクランブル

023260050000.jpg 023375710000.jpg 023484190000.jpg



凄い。
迫力が違う。
空気が違う。
雰囲気が違う。
文章から漂う気迫が違う。
登場人物の深みが違う。
何から何まで凄い。

英語のセンスはところどころ気になるところはあったが、そんなものは欠点の一つにも成りはしない。
もう感嘆するしかなかった。

みんながみんな痛みを負って、その中で生きてきた。
全員の過去が明らかになるに連れて、どのキャラクターにも感情移入できる状態になるぐらいまで、掘り下げている。敵であるはずのシェルでさえ、結局はバロットと同じことなのだから。
そういうなにもかもが希望の無い世界で、そんななかでも生きたいと願うバロットと、一度失ったものを無理やりにでも取り返そうとするボイルド。
生き方が違うのは当然だが、その中で近しいものが生まれたのは、ウフコックを中心とした関係性だろう。

1、2、3とあるなかで、3巻が一番面白いのは当然かもしれないが、繋がってる話なので、本当に面白いのはカジノから。
カジノで始まる本当のプロの戦い。そして、ウフコックとの信頼。バロットの進化。
ディーラーとの駆け引きと、ベルウイングの女らしさと、アシュレイの本気の勝負。
すべてが一つになっているようで、迫力と、そして気合が違った。

やばい。

最後の戦闘なんか素晴らしすぎる。
自分の状態も省みずに戦うボイルド。それでも最後まで殺さずに倒そうとするバロット。
すべてが絡んで、すべてが面白い。



文句なし。


上の上の上



絶対に読むべき。
  1. 2007/01/29(月) 23:59:35|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のフリー 1/29

Gwar

最近作った赤茶ぱてゅ。

vs白サイコミュ
相手先行、順調に周り3ターン目ギラ。4ターン目にギラにプルツー乗せて、ぱてゅを出す。
返しでハイマット。
寝てるところを5ターン目にマリオンウェルチでコインで殺す。
返しでストフリ。クイックトビアでしのぐ。
そこで相手投了。

vs青白ネオ隊
コストを1に抑えて、チームを利用してクイックで出しまくるデッキ。
ガイアを出しまくって、マーズシメオンで探しまくってたが、全然いない。即効性が無く、攻撃も中途半端だったので、整い始めたこっちに勝てるはずも無く、サイコミュが合計8超えたところで投了。



んーそれなりに使える。
まあまあ。
ぱてゅは強いな。
  1. 2007/01/29(月) 22:50:49|
  2. カードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雷音




雷音
追記-Postscript-
  1. 2007/01/28(日) 13:30:10|
  2. MAD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

久しぶりに遊戯

最近ちょこちょこ遊戯やってたんだがかいてなかっただけ。

ちょっと前までは、元祖除外を崩してえせヒーローと帝と、あと六武衆使ってたんだが、六武衆がほんとに使いにくいのとデッキ組みにくいので断念。
崩して、ついでに8ヶ月ぐらい全く内容変えないで使い続けてきたエセヒーローにもさよなら。
きるとさんのヒート入れたデッキをコピー。
回してみたが、まわるまわる。なんかコピーってむなしい気がしてきたけど、もうちょっと改良して使って以降と思う。

んで、新たなデッキ模索。
チェーンバーンなるものがあるんだから、チェーンビートがあってもいいだろう。
ということで積み上げる幸福と奇蹟の蘇生だけ3、3で摘んで、後は適当。
チェーン組むために色々模索中。
ライトにんぐぱにっしゃーとばにてぃーるーらーを復活させれば強いかなあ、なんて。
メタモルが地味に強いです。

あとはカウンターか。
んー。チェーンビート極めてみたいな。



そんなとこで。
  1. 2007/01/28(日) 01:35:26|
  2. カードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後尾の選手のお母さんと電話が繋がっております

ケータイおーぎりおもしろいよ。


久方ぶりに種のMAD作ってたら更新忘れる。
ヒット数を見てみたらいつの間にやら200程度だったのが半分に。
まあ、このくらいがちょうどいいんじゃないでしょうか。
がんばってないし。

今月中にバッカーノMAD完成予定だったけど結局まだ50秒/120秒しか出来てないのでだめだめ。
明日がんばるか?


そんだけですな。
読了感想は、マルドゥックスクランブルをあとちょっとで全部読み終わりそうなのでまとめて書くことにする。
明日はついでに出来た種MADも公開して終わりかな。



あー


小説書きたい。

おやすみ。



18:43 乙一のGOTHは読んだほうがいいよ
>GOTHは既読、確か感想書いた気がするけど。。。
  1. 2007/01/28(日) 01:06:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏と花火と私の死体

000222660000.jpg


技巧とか、解説に書いてあったロジックとかトリックとかは微妙に理解できたような出来なかったような中途半端な感じだけど、とりあえずおもしろかったのは確か。
っていうかタイトルからして買いたくなるタイトルなんですが・・・。最高です。


まず一人称が最高。
これがこの話を大きく盛り上げてる。他の人と違うところは、いない人間がいる人間として存在する人間を描写するというありえない設定をなんの躊躇もなく前フリも無く唐突に行い始めるという点。
こういうおいてきぼり感は大好きだね。
健くんというひっぱっていくひとがいて、そこについていく女の子がいるわけで、そこで閉じた世界がひどく好き。

いつ見つかるかというスリルと、それに対する一時しのぎにしかならない対策と、いたちごっこはただそれだけであきそうなものだが、それぞれが独立して行われているので問題なく読めた。

あと姉ちゃん最高。
戸惑いがまったくないのがいいね。



上の上の中



これを機に乙一作品でも読んでみましょうかね。
  1. 2007/01/25(木) 23:03:47|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連射王 上&下

027450130000.jpg027450140000.jpg




変態で頭のおかしいけどキレるやつが出てくると思ったらうじうじしてどうしようもない平凡な少年と、今時あるまじき幼馴染属性の女の子がすれ違ったりシューティングゲームやるお話。
後半とかとことんゲームしかしてない。


ただ、素晴らしいのはたったそれだけのことなのに、本気になっている高村がうらやましいと思った。
特にやりたいこともなく、惰性で世界が回ってるような男にとってそういう存在は必要不可欠なわけで、もうどうしようもない日常に飽きてきたときに読んだのでなんかすこし元気をもらった。

ところどころ誇張過ぎるかな? っていう表現。ファーストプレイワンコインクリアとかしつこくいってたけど、それは確かに重要なことで節目であって、繰り返すだけの価値はあったしその印象はすごくついた。




っていうかそんな技巧的なことはどうでもいいので、これ読んで燃えれ。
燃えるって。
ゲーセンいってゲームしてるだけなんだよ?それだけのことをここまでかけるのか、って感じ。
描写がなんか普通にSFというかラノベ読んでるみたいな感じで、すっごい細かい。普通の戦闘シーンと読み間違えるくらいの、そのくらいちゃんとシューティングゲームの画面の描写を行ってる。
技術とかもちゃんと書いてあっておもしろかったし、もう全体的によかった。


ただそこまでツボではなかったかな?


上の中の下。


好きだが、もう少し。

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/01/25(木) 22:55:13|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神様とゲーム

027067130000.jpg


やっぱりこの人はこういうなんでもない話を書いたほうがいいとおもうんだけどなあ。

まあどっちにしろそこまで面白くは無かったけど。


羽黒がなんか裏切ったりしてないから微妙。
人間関係がうまく行き過ぎてて平凡で刺激が無い。

秋庭の言葉がクサすぎる


ひとつひとつ書いていきますか。


・ユメデハレタラ
メイド服が綺麗だった。改めて思ったが、このシリーズは絵師で支えられているような気もする。
それだけ綺麗だった。
なんか服に着せらされてるっていうんじゃなくて、ちゃんと着てさも当然のようにふるまってる一般人手言うのが軽くツボ。
そのくらい。
変化と停滞。
どっちがいいかなんてきめられないのにね

・ドンテンガエシ
尾田の意外な一面の披露らしいがそこまでおもしろくn(
密室ってだけでおっけーなんてそれはちょっと密室マニアとは違うんじゃないかなあって。
まあかのうは楽しそうだったからいいけど
デスヨ。
改めて思ったけど、口調で判断させるのは禁書でもおなじみでまあいいんだけど、繰り返し過ぎてくどすぎる気がしてならない。うざい。
口から下のかのうの絵が好き。

・アメノチウソツキ
この巻のなかで唯一しっかり読めた。
軽薄な男って言うキャラ付けが素晴らしい。裏があるっていうのはいいよね。面白い。
羽黒との会話もそんな感じで。
やっぱり知らない過去とかそういうのがキャラの深みだと思うんだがどうだろうか。
微笑してるかのうは綺麗だった。

・ニジイロチョコレート
過程も結末もオチもどうでもいい。
バレンタインなんて・・・。



中の下の中。


もうどうでもいいよ。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/01/25(木) 22:34:57|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BlogPet

いつも、沖山龍花は

かのう様はいつもどおりだと思わせておいて、ちょっと含みを持たせた笑顔を持たせてるあたり、その辺の公衆は好きなんだけどなあ。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「臓物丸」が書きました。
  1. 2007/01/25(木) 11:03:32|
  2. BlogPet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公衆電話ってどうやってかけるの?

今日も今日とてグリムで遊んで帰宅しようとした、なんかいきなりその店の前にあった公衆電話が鳴り出して、びっくり。
となりにいたのはとしさんだけでとりあえず出てみる。
「もしもし、こちら~~~~(忘れた)ですけれどもご主人様でしょうか?」
いやちょっと待て、なんで公衆電話なのに君はご主人様がいると思ってるんだ? メイドがそんなにうろちょろしてるとでも思っているのか?
とどうでもいいことを思いつつ、
「あ、はいそうです」
と答える17才。高校生の俺。
相槌をうちつつ会話。
俺「はい・・・・はい・・・・はい・・・・」
電話の人「こんど~~に出来ましたショールームのご案内なんですけれでも、ご主人様のお宅は引越しとか――」

の辺りで飽きたので、何の前触れもなく突如電話を切る。
なんか今まで家の電話でしたくて出来なかったことが出来て気持ちよかった。



んで、そのあとその公衆電話はどうやってかけるのかって話になって、としさんの電話に公衆電話からかけて、その履歴を使ってかけてみたんだけど、何故かお掛けになった電話番号は・・・状態で繋がらない。



・・・あの人はどうやって公衆電話にかけたのだろうか?
謎だ。
  1. 2007/01/24(水) 22:30:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ジンよくね?

今日も今日とて部活をサボり、
帰宅中にブックオフによったら多重人格サイコがおいてあったので、前から興味があった、っていうかぶちまるさんとこでネタで取り上げてたのでさわりだけ読む。
めっちゃ面白かったので、ついでに時間があったのでそのまま11巻まで読了。
なんだかよくわからないうちに話が進んで、理解しきらないうちに読者をおいてく書き方が最高。グロ描写も十分。登場人物たちが全員密接に関わってて、それもおもしろいし、内面がどうなってるのか、それこそ多重人格っていうのは興味が沸く。
そういうわけで最高でした。

読み終わって、何故か6時になってたのでそのまま帰宅。

グリムによったらなんか四人で遊戯中。
ヒーローvs戦士vsネクロフラvs究極竜騎士
神がかってるって。


タイミング悪く、その後すぐデッキつくって戦士使ってた人とGwar。
出来たデッキはディビニダド。

結構成功率はいい。
ただ緑とやったときに、特殊シールドが無かったのがかなりきつかった。
カウンターを増やすか?
アンタッチャブルキャラでもいいけどそれだとからすが乗せられない。
うーん。そこの対策かな。

必要カードは
(バウ)、ディビニダド、カラス、粛清の時
妨害無ければ大気圏突入と範囲4速攻強襲で格闘9だからほぼ確実に通るし、もう一回はじめちゃえばバッチリ。

ワンキルだからつまらない。
そこが問題だ。

まあそんな感じかな。



帰宅して、普通に過ごして、PCオン。
カボスですっげえ気になったジンの曲を落として聞いてみたけど、やっぱりこの変なメロディーラインは好きだわ。
もう、なんかツボ。

雷音とかも好きだなぁ。

いいとおもうんだけどなあ。


うーん。







いいとおもうんだけどなあ。
  1. 2007/01/22(月) 23:59:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頭が、重い

人がいいといったからいいのか。

自分がそうだからそうなのか。

結局は自分で決めることなのに、自分の責任はどこへやら

責任と覚悟の所在不明は、そのまま人間不信への序章

序章1章第2章と続けば、そこからさきは奈落

だからどうしたと声高に叫ぶのも一興

叫んでおいて依存するほど愚かに見えるものもない

やりたいことができるからすばらしいのか

選択肢はあるようでないようで実はある

選べるかどうかの責任と覚悟を人任せにした段階で

終わってる人間は区別と差別の境界線

依存と独立が背反ならば、俺は何を信じればいい?

その問いは自分に返却され、それだけで先に進めない

依存してることを嫌っていようと、それは解けず

だからこそ自由が狭まるのはしょうがないこと

それに反対しようとも確定事項はゆるがない

揺るがない真理はそれだけで不快にさせる

生きていくのが辛くなるとぼやいてみれば、

それすらもただの口癖に過ぎずに消える

偽善と偽悪とかっこよさに引かれた言葉は消え

残るのは惨めで悲惨な残骸と化した自分

そんな極端な話をどうしろと終わらせても、

待っているのは怠惰で堕落なクソったれな日常

やりたいこととやらなければならないことと

交互ではなくまとまってくるから気分が悪い

頭が麻痺して流れる思考は無駄思考

意味がないとわかっていてもする行為は無駄

馬鹿だ馬鹿だと叫んで愚かな自分を笑い哂い嘲笑い

やるせなさに自重で押しつぶされるのも間近

脳髄に重石をのせられた感覚はいつまでたっても消えない

義務と責任と勝手に決めた日常と

頭がおかしいマルチタスクは死ねと言ってくる

お前が死ねといいたいが言ってる自分が死んでしまえ

好きなことだけやりたいんだから

そのために堕落への道が開いてるんだろう

それでもそこを選ぶのは苦しくて

もやもやしたわだかまりが脳裏をかすめ苛む

どうにもできない負の連鎖は負債を重ね

溜まった無駄な時間は無駄に消費されて戻らない

やりたいことは済ませたのか済ませてないだろう

義務ばかり迫ったやってられない日常は

それでもまわって俺を責め続ける

その苦しみは自分が生み出したというのに

一体それはなんという言い草なんだろうか

解決策が見当たらないのは日常茶飯事

それが真理と思ったところで中二の俺が否定する

貴様はなんだ? 何がしたい?

問われたところで全てと答える

本心は見えず自分にも見えず他人にも見せず

だから誰にもわからないのは当然の帰結

帰ってくるのは惰性で出て行くのも惰性で

画面にむかって文字を打つ行為がすべての代償

代償であるが故の暇つぶしでもあるといって

自分で作り出した罠にかかった馬鹿な魚

あんたがいい加減気付いてやれよ

終わったのはそれだけで、終わってないのは他全て





やってられない。
  1. 2007/01/22(月) 00:23:38|
  2. 散文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神様ゲーム4

026790930000.jpg


おもしろい。

羽黒の人間性とか、それを信じれない尾田とか、最後まで心を貫く彩波とか。
キャラは全体的にいい味を出し切ってる。

各個人の役割をしっかり果たし、じゃんけんのゲームも無意味なただのゲームじゃなくて、ちゃんとそれで相手のこころをはかるという目的意識を持ってやってるあたり、動機があってよろしい。

相変わらず、説得部分のくさいセリフは健在だけど、それはそれで感動のためならしょうがないか。
黒猫の姉さんがかっこいい。

短いですがこの辺で。


上の下の中



やっぱりゲームは余計。
  1. 2007/01/22(月) 00:04:44|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

模試中に考えたデッキ案2つ

赤緑1ターンキルディビニダド。

バウ>緑2G赤4G。>ディビニダド>カラス>リロール>攻撃>汚染コイン5個。>粛清の時>攻撃>勝ち。

のデッキ。


バウ3
ディビニダド3
ニューヤーク3
サイド3 3

サラサ3
密約3
光る宇宙2
空統べ2
看破3
露払い1

十字勲章2

ギレンザビ(EE)1
カラス2
カロッゾ

赤11
緑7




赤茶ぱてゅ

ぱてゅ3
黒キュべ3
ヤクトドーガ(EE)1

カロッゾ
プル
プルツー
ハマーン(サイコミュ(2)をもつ)
ロザミィ(コイン)

サラサ3
密約3
没収3
戦士再び2

カウンター7枚。

ディアナ3

赤G 10
茶G 8





・・・・・・・・・・・・・・・所詮妄想。
  1. 2007/01/21(日) 02:19:59|
  2. カードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神様ゲーム3

026461280000.jpg


あれ。

おもしろい。


面白いのは、多分ゲームがバックグラウンドに映ったからなんだと思います。
っていうかゲームするまで、そこまでは面白かったんだよなあ。
やっぱり、ゲームという、この物語に必要不可欠なものがそのまま欠点の原因になってる時点で終わってる可能性は否めない。
何がいけないのか、っていうか何が気に食わないかっていうと、結局はわざとらしさが問題なんだろうなって話で、それがなくなって自然にゲームに持ち込めるようになってくれば読めるレベルまで往くと思うんだけどなあ。

これ以上書いても無駄なので。
もっと役に立つ話でも。内容でも書いてきましょうか。


1、2巻で起こった出来事を踏まえて物語を動かしてきた。短編集から全体への流れ的な。
かのうを守るという単一の目的のためにがんばるというあたりが違ってきてるね。今までは花を摘むことが大前提で、そのためにゲームが無理やりに設定されていた感じだったのが、今回はかのう様中心で、彼女を守るためにきた黒猫の追っ手を捕まえるというなにやら大事の模様。
かのう様はいつもどおりだと思わせておいて、ちょっと含みを持たせた笑顔を持たせてるあたり、その辺の表現は好きなんだけどなあ。

出てくる黒猫は一体全体なにがしたいのか。
目的意識がはっきりしない上に、すぐに捕まるという無能ぶり。何かを探してるのはいいけど、しごともっとちゃんとしようよ。
やってるゲームもおそまつだし、何がしたいのか。

全部終わって、いざ花を摘む段階にいたってもクサいセリフで心に響かないあたり微妙。


ただ、羽黒が最後、捕まるところはなんかしっとりきた。
そういう要所要所の表現はうまいんだよなあ。好きなんだよなあ。
イラストが低い水準を一気に引き上げてくれるっていうのあるだろうけど、最後の手を縛られてる羽黒はすごく、よかった。なんかこう書くと変な風に取られるかもしれないので弁解しておくと、自分から進んで捕まるという行為と、それに対する周囲のわかりきった反応に、それでも儚げに笑うっていうシチュが最高。

そんなかんじで。




中の中の下。、



なんとか、復活。というかやっと上がってきた。
次に期待。(といいつつ4もう読み終わったけど。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/01/21(日) 01:52:08|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もしももしがきょうあったとしたらそのもしのもしというかていはいったいもしといえるのだろうか

長ったらしいタイトルはどうでもいいです。
要するに今日、模試があったと、そういいたいだけなので全くそれ以外は余計でおいて不必要なのでほうっておいてください。

それはそれとして、だから模試があったんだよ。

朝、いつもと同じように8時半に登校したと思ったらさあすたーとだよ。っていって速攻でテスト始まって、そのまま6時半。つまりは18時30分まで拘束され続けたこっちのみにもなってくださいよ。
そりゃ10時間も同じ姿勢してたら疲れますって。

3年生というか卒業生というか、まだ卒業してないけど卒業生といえるのかどうか不明なぐらいの微妙な立ち位置の先輩方と同じタイミングで模試を受けることにより、受験に対する意識をしっかり漬けていこうという学校側の配慮なんだろうけど、だからなんだって話も一説。どうでもいいってのに一票。

まあそれはそれとして、なんかとりあえずやったわけですよ。
最初は国語とか言って何故か80分という長時間。何なんだろうね?
普通に楽でした。
本を読んでると国語の読解力が上がるって言うのはただの迷信だったと思うんだけど、そういうの関係無しで考えてみるとやっぱり読書は国語力に関係してきてる気がしてならないのだがどうだろうか。からくも、とか、なんかそれなりに意味がすらすらでてくるというか、まあほとんどの単語は聞いたことあるからわかりやすいというか。だいたい、俺のこの書き方からしてまず回りくどくてやってられないタイプなので、実際小論文とか・・・じゃないな。現代文の論説文ですね。論説文とかかなり楽なのは確か。みんな難しい難しいいってるけど正直楽だったんですが。
まあそれは中学校の頃に出口の国語やったからかなとだけ思ったりもするけど、それ以外にもやっぱり読書は関係してるんじゃないかと再確認した今日このごろ。
あと小説のやつも心情理解が結構楽なので楽でした。
でも古典と漢文で撃沈したのでやってられません。なんなんですか? なんで昔の言葉なんか知らなきゃならないんですか? 理系なんだからいらねえってんだよバーロー。


そんなこんなで適当にやってたら80分なんてあっという間に過ぎて、次なる課題英語。


英語。
適当。

適当。だよ。適当。
だってほとんど解からないんだからどうしようもないでしょうが。選択問題だからわかるってもんじゃないでしょ。
長文なんて長すぎてもういっかい読むきなくしたくらいだから。時間は20分くらいあまってたのにね。


んで昼ごはんはコンビニでカツオニギリとかいう意味不明なものを購入。なんかご飯がリアルに茶色でやばそうな色をしてたんだけど、そこまで味は濃くなくてなんとか食えた。っていうかうまかった。


どうでもいい昼休みもあっという間にすぎ、
志望大学覧に東大東工大早稲田とか意味不明なのを書き連ね、もうどうでもいいので御茶ノ水女子大学とか、平成大学(こども学科)とか、日本女子体育大学とか、デジタルハリウッド大学とか書き連ねて提出。
去年、女子大学に書いてちゃんと判定が着たので大丈夫だろう。科目が足りないかもしれんが。



午後は数学と社会里香理科。
数学はまだまだ楽勝だと思ってたら、中盤で失速。あーあーあー。っ手言ってる間に終わってた。終わってた。精神的にも終わってた。

んで現代社会とかやってみる。
なんかインターネットの利用者数とか、そんなようなこととか楽勝楽勝とかそんな感じ。憲法とかは不明だったけど、まあ。うn。

理科。
まあ。いいんじゃないですか。?

ささっきーにまでゅっくスクランブルをかしてもらう。
まあ。
うん。
神様ゲームの後だわな。



そんなこんなで6時半。
つねさまと、ひろりんと一緒に帰宅してイエサブの前のとこで飯を食う。うまかった。



ン出帰宅して終了。
時間無かったんでグリムはいけなかった。
そんな感じの土曜日。



久しぶりに真面目にテストやったわ。


面白くない話ですんませんね。
日記ですから。
ではまた。
  1. 2007/01/20(土) 22:11:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のフリー 1/19

あらさんと5戦ぐらい。


カングロvs白単。

・回らない。G壊したけどそのくせ1ターンとまって終了。

・なんで拠点がこないの?
なんとかサラサでサボタージュ引っ張ってきたら、切り開く力。返しでフリーダムにネオ。もう無理です。

・嫉妬がピンポイントで入ったのはうれしかったけど、それだけ。
赤Gが足りない気がする。



未完成黒茶vs白

・なんで茶2G溜まるのにそんな苦労してるんだろうか?
あーあーいってるまにハイマットで乙。

・探してもユニットが見当たらない。
せっかく張った野心も、向こうのスウェンと二人で俺の手札を狙ってきます。
そのままずるずる言って終了。


黒茶をもうちょっと練ろう。
赤緑は、カングロからディビニダドワンキルに変更しよう。粛清2枚はいったし。
ディビニも3人そろったし。
  1. 2007/01/19(金) 22:55:38|
  2. カードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のフリー 1/18

Gwar
・赤緑カングロランデス。
コンセプトは、制圧作戦とサボタージュでコントロール。
カウンターで止めてグロムリンで勝ち。


vs黒
何回かやったが、だいたい報道された戦争入れられると負ける。
あれツヨスぎる。
看破無視して嫉妬つんでるから、合計国力1のあれはなかなか止められなくて厄介。
手札なくなるとそりゃ負けるわ。
それ以外はなんとか。黒だから事故るし、事故るってことは帰還サラサ>制圧作戦で一気に攻める。
何気に刺していたギレンザビがめっちゃいい役目を果たしてくれて最高。毎ターン4打点は大きい。あと手札からだとコマンド合計国力+1とか。このデッキにピッたり。
あとは適当に。
出したら出したで、空すべないとジオで奪われて終わるんだけどね。


vs赤白カンフリ
相手が色事故をよくおこしていたのでそっちを制圧で叩いて、サボタージュ張ればハイおしまい。
ただ、勝つか負けるかがはっきりしてた。


vs茶単破滅オリジン
どう考えてもサイズ的に勝ってます。
5ターン目までに制圧で消し去って、破滅を遅らせてカウンター、およびサボタージュでもう問題なし。
まあ撃たれたらおしまいだ。




やっぱりカングロは強い。
ただランデス混ぜるといやなデッキになってなんか微妙。
もうちょっと楽しいデッキがいいな。
今のところ過去最高によかったのは青黒だったんだが、まあ同じのを作る機はないから。今度は茶黒。
恫喝無しの適当構築。
ディアナで落としてビルケで釣ってこようぜ。リングで死んでもビルケ死なないぜ! っていう不可思議妄想。
多分つまらなそう。
6号機完成形態とオデッサのギミックをどこかで使いたい。


ではまた。
  1. 2007/01/19(金) 00:24:53|
  2. カードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BlogPet

今日は広い殺人事件や真面目とか書いてます




と、臓物丸が書きました
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「臓物丸」が書きました。
  1. 2007/01/18(木) 11:09:10|
  2. BlogPet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神様ゲーム1、2

025677020000.jpg026041290000.jpg



ものの見事に地雷。


なんなんだろうね?
ひとつひとつ感想書く気がうせる。多分二つともおんなじ様な感じだったし。

主人公の言葉がわざとらしくしらじらしい。
なんでもゲームにもっていくのは、まだそこだけなら許せるが、そのもっていきかたが強引過ぎて読んでて不快。

友だちから5巻1000円でかったけど、それだけの価値があったかどうか不明。


ただ、いいとことはあって、シリアスモード入ったときに心理描写には目をみはるようなものがある。
橋本紡さんみたいなタイプかな。
多分普通の物語を、普通のなんにもかかわらない、ひねったりしない、ただのボーイミーツガールを書けば相当いいものが出来そうな気がする。
その意味も込めての奨励賞だと思う。

今の段階だと完全に地雷の駄作。

まあいいとこもあるので



中の下の上



まあがんばれ
  1. 2007/01/17(水) 20:38:12|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二日間も更新停滞するとか久しぶりな気がする

そんなわけでどうでもいい話です。

メモ的な。これから書こうとしてる記事とか。



・とりあえず連射王<上>読破。結構おもしろかった? 微妙かもしれん。上下まとめて感想書く。
・暗いお題小説次のを書き始めたので後二日ぐらいであがるかな?
・バッカーノMADは全く進まず。
・Gwarは今日はやると思うので多分書く。
・うたわれをはじめたが10分でやめた。長くなりそうだし、再び積みゲー
・っていうかプロフィール画像変えたの分かったかな?



問題は今週のラストに模試があるということなのですが、この模試のために勉強しようという気になってるんでちょっと更新サボり気味。
いやすみません勉強してません。
勉強しなきゃならないなーという強迫観念からパソコンつけにくくなって、しまいにはパソコンつけないんだけどそれでも勉強もめんどくさくなってごろごろしてるうちに時間だけが過ぎて、「家で勉強するよりしっかり寝て学校で勉強したほうがよくね?」っていうなんかよくわからないような結論に至るわけで、つまりそれで何も書いて無いとか。

あー。
がんばりたい。



まあ今日は部活サボるから、がしがしかけると思う。


あー。もー時間だ。
7:33とか朝に書いてるからどうしようもない。

とりあえず。

疲れる学校生活にいってきます。
  1. 2007/01/17(水) 07:29:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DEAD SET

DEAD SET





・追記でちょっとした解説 追記-Postscript-
  1. 2007/01/14(日) 16:06:03|
  2. MAD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奇蹟の表現3

026368690000.jpg


いや面白いです。

イルマもかっこいいけどやっぱりシマが一番かっこいいです。次はミクニです。ツキオカも微妙に好きです。
萌えるきゃらはいないと思います。


物語というかストーリーというか、そういうのはそれなり。
まあ結局はドラゴンのためにすべてが回っていたという事件だったけど。

途中までツキオカの立場がわからなかったのは俺が読んでなかっただけだと思うが。長官というか課長か。イルマの上司がきて、ツキオカに普通に話してたところで混乱した。まあ直後に理解したからいいけど。
ツキオカは基本的にイルマの独断専行なわけで、課長はその件に関わってないからその顔をしらないんだよね。あと防衛庁から確認したっていうのも、防衛庁がまずもってグルってことを忘れてましたようっかり。
それにしてもツキオカもかっこよかったよなあ。
情報の力っていうのか。個人の力じゃどうにも出来ない大きな力を動かす情報の力っていうね。そういうどうにもならない絶望感が最高。強いな。もうちょっと雑魚キャラだと思ってたんだがずいぶんとしぶとく生きるもんだ。

カッコイイといえば、タイラもだな。最後のところとかほれたね。

この人はまったく。
かっちょいいオヤジたちを書くのがものすごくうまいな。
逆に萌えるよ。


3巻で切ろうかとも思ったけどオヤジ小説と思って買い続けますか。
面白かったです。




上の中の上




なんか昨日感想かきかけてたのわすれてたんで、どうせだから追記においとく。 追記-Postscript-

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/01/14(日) 15:45:49|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗い30のお題 17,毒

http://cosmos.jakou.com/030/030-01.html

お題17こめ

直接的な毒の表現は面白くないと思ったのでちょい捻り。
うまくいったかはわからないがな。

読んで面白かったら過去ログカテゴリーから創作小説で前のお題とか読んでくれるとうれしいな。


追記-Postscript-
  1. 2007/01/14(日) 11:21:40|
  2. 創作小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眠い眠い眠い眠い眠い眠い眠い眠い眠い眠い

ホントニ胴でもいい話だけど、
11時ごろに眠りの波って来ない?
なんかすっげえねたいんだけど寝るとなんか駄目な気分で、寝ないんだけどすっげえ眠くなるみたいな。
12時過ぎるともう一回山があるんだよね。



いまそれ。
あー。
ごめん。おやすみ。
  1. 2007/01/14(日) 00:34:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今日のフリー 1/13

・青白つくって固定デッキがなくなった。
・よし。カングロでもつくろう。
・あれ? カウンターが看破2と空統べ1だ・・・。
・よし。じゃあ粛清のときとか使ってみよう。
・ディビニダド光臨>カラス>リロール>殴る>粛清の時>もう一回殴る。>汚染コイン10個。
・あれ? ディビニダドが1ま(
・もういいよグロムリンで。
・あ、制圧がある。
・制圧+サボタージュでロック。コスト高いの出ないからカラスでグロムリンを起こせる。
・拠点一杯あるし積めばいいんじゃね?
・あれ? このデッキ、グロとカラスと拠点とドロソとサーチしかないよ? あと制圧3。


・まわしてみる
要するに、カウンター積まないとグロが地味に死ぬ。


・どうするべきか←―――――ー―――――ーいまここ
  1. 2007/01/13(土) 00:33:34|
  2. カードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奇蹟の表現2

025781270000.jpg


大変長らく放置していましたが、なんで放置していたかというとただ単にぶっこふの袋に入ってたからすぐに気付かなかったというマヌケさですんませんごめんなさい。

全体的には文章が稚拙というか、なんかたどたどしい印象を受けはするが、話の流れはそれなりだし、おおげさな誇張がないところ、まあ悪く言えば淡白というか淡々としてるところが逆に好き。
一人語りがなんかホントに独り言を言ってるような感じなので、そういうところも結構好きだったり。

今回新しく出てきたイルマとツキオカだけど、正直最初は二人とも敵だと思ってたから、そのあとにイルマの素性がわかったときは、驚いた。・・・いや、驚いたっていうかうれしかったね。
必要悪って言うか、実際やってることは悪役っぽいんだけど、根っからの正義っていうきゃらは結構ツボっぽいものがあるんですよ。ちゃんとしっかりツボにはまっちゃって・・・。

まあイルマもいいですが、ミクニも負けてないです。
今回はちょっと酔っ払って使い物になってないところとかありましたが、それでも情報を扱うものとしての意地とか、そういうのを感じられたりした。
ミクニのおせっかいというか、おせっかいなんだけどおせっかいじゃなくて親切な、みたいな。
ボスボスいってるのは敬意を払ってるからだろうし、言うことを聞いてるのは人がよすぎるんだよ。っていうふうに拡大解釈。そうしてくるとホラ。どんどんいい人に・・・。いやもともいい人っぽいですけど。
そこら辺にあるものを見て火薬できるよなーとかかんが得てる時点で危険人物ですが、そういうところも面白いと思ってますよ。ほんと。

ナツはなんか今回あんまり会話して無い感があったのだが、というかナツのキャラがあんまり立ってない気がするのは気のせいなのだろうか。ほんとうに微妙。
ナツの絵は大好きなのだが、キャラ的にはどうだろう? ツンデレでもないしね。
主人公は間違いなくシマなんだけど、愛情の対象としての登場人物とそういう観点もできるか。できないね。


っていうかシマが普通に強くてかっこいい。
強くてかっこいいとか小学生の理屈かよwwとか思ったりするかもしれないが、それでもおもしろいものはおもしろいのだからしょうがないんだよ。っていう妄想。
出力限界をしょっちゅう超えたりしてるけど、助けるときの力は無限大! っていう友情努力勝利ものにとっては不自然と見事な論理はありますが、今回後半のシマでは、やくたたずなのでいらなーってかんじ。



全体的にはそれなり
おもしろいけど、新刊? ってきかれると悩むぐらい。



上の下の上
  1. 2007/01/13(土) 00:18:11|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BlogPet

今日は広い殺人事件や真面目とか書いてます



と、臓物丸が考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「臓物丸」が書きました。
  1. 2007/01/11(木) 11:01:10|
  2. BlogPet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のフリー 1/10

新デッキ考案。

・砂漠に蝶は飛ぶのかが使いてえ。
・じゃあとりあず相手のカードを使うデッキにしよう。
・赤の強化のゆがみで確実に蝶を飛ばそう。
・じゃあ脅迫と転向と憎悪の矛先入れて相手のカード利用でいいな。
・ユニットはサザビーとZ3と・・・あ、アムロディアスが1枚。いれておくか。
・できたー。

・―やってみる―
青に完勝。急ごし、ステイメンを奪いとる。
黒に完敗。Gしかもらえず、指定も足りない。直接破壊でダメージ与えられない。狂乱の女戦士強すぎる。

・これミラーだと強いけどそれ以外は弱いな。
・奪うカードが少ないのか。



・じゃあスウェンじゃね?


・青白スウェン砂漠蝶。
・ユニットはフリーダム系積んでキラ2枚。で、スウェン2枚。
・あとは高軌道を入れれば、
・フルバ1枚しかないし・・・ネオウィンダムは指定2だし・・・
・検索>Ez8 HMCでいいじゃん。
・2枚あったので2枚投入。
・フルバ1枚ネオウィンダムも2枚。

やった完成!←――――――――――――――――――――――――いまここ
  1. 2007/01/11(木) 00:43:42|
  2. カードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。