FC2ブログ

電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

二階の妖怪王女

025486580000.jpg



認めよう。
オレが馬鹿だった。
よく考えてみれば分かる。
よく見てみればわかったことだ。
作者名をお前は見なかったのかこの馬鹿。
あらいりゅうじって見覚えあったろうがバカヤロウ。



というわけで、クソです。
はっきり言いましょう。

駄目です。

オレには耐えられません。
1~4巻まで買った馬鹿です。
やってられません。

苦痛な読書って最悪です。


まず主人公の独り言がイタすぎる。
ライのキャラが立ってない。キモイ。
オヤジキャラがかっこよくない。駄目。
王女に魅力を感じるところが無い。

しかも登場人物これだけ。


もうやってられない。
1巻だから、そのうち化けるんじゃないか?という期待をした俺が馬鹿だった。
もうベテランじゃん。
変わりようが無いじゃん。
なんで新人と勘違いしてるんだ?


もうやってられません。
あと3巻分。
速読を全力で駆使して読みます。高速で読みます。

あー。めんどくさい。



下の中の下。



絵がいいから下の中にしてやるよ。
スポンサーサイト



テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/11/23(木) 14:53:28|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狂乱家族日記 参さつめ

025877700000.jpg




優秀すぎる姉に劣等感を抱いて、それを抱えて生きてきた。
っていう設定がどっかでみたことあるなあ・・・・

って思ったら、蟲と眼球お嬢ツンデレでした。本当にありがとうございました。


この作品。
口調が無茶しすぎてる気がするんだが。
ですぅっていうのがウザイ。オレの主観かもしれんがな。あとさっぱりいらないとぼくはさっぱり思うんだなこれが。どうでもいいな。

凶華の過去編だったらしいが、そんなもんは結構どうでもよくて、凰火の昔話のほうがよっぽど面白かった。
どうせ最終的にはなんとかなるんだろうなーっていう詰まんない思考をしながら読んでたんで。どうでもよかたです。
一番面白かった、というか印象に残ってツボだったのは、凰火が切れて自殺しようとしたとこ。
あそこが最高だった。

なんかねー。
この作品はオレには向いてないみたいだ。
死神三番もイラストと内容がかみ合ってないし。
なんか月下ががんばりすぎてて他微妙だし。
銀夏の女装はよかったが、そこだけだし。


あーでも。
途中に挿入されてる家族日記の、お母さんが狂ったー。っていうとこは面白かったぜ。なんか並行して進んでるのが新鮮。


それだけ。

あー微妙。

いいんだけどなー。


上の下の中。



微妙なんだよなー。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/11/23(木) 14:48:21|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狂乱家族日記 弐さつめ

025676720000.jpg


今の今まで「さつめ」っていうのを誰かの名前だと思ってた馬鹿一人。


いきなり意味不明なテンションで始まったが、まあその辺は許容範囲内。というかこういうテンションでやってくれたほうがどっちかって言うと楽しい。
で、銀夏がかわいそうだなーとだけ。


終わった感じ、前巻よりはよかった。うん。
相変わらず事件に巻き込まれるのは優歌だが、そこらへんからサイボーグさんに話を持っていって、結局最後はくらげがもっていくと。

なんだろう。イラストのサルが小さすぎる気がするのだが。
もうちょっとでかくてごつくて、なんか凶暴なゴリラみたいなサルを予想してただけに、イラスト見てちょっと微妙。

相変わらず、イラストと本文のイメージ違いイが大きい作品。この絵師が独特だからか? まあなんにせよ合わない。



しかし凰火はかっこいいな。
こういう感じの主人公は最高だね。一番好きなタイプだ。
強いんだけど、それを魅せないで過ごしてる上に、怒ったときのキレ具合が半端じゃないのが好き。



んー。なんかいろいろありすぎて語りにくい。
全体的な感想は、1巻よりもよかったぐらいで、あとはなんだかなあ。
テンションで持ってる話のような気がするがどうだろうか。
行き当たりばったりのイベントばっかりな気が。
結局凶華はそこまで活躍しなかったし。

むしろ今回のMVPはピエールだとおもうんだが。
なんかキャラが結構立っててよかったと思うぞ。



上の下の上


評価つけにくい。
面白いんだが、つぼじゃない。

日日日のなかでは、
蟲と眼球 > アンダカ > 狂乱

かな。
  1. 2006/11/23(木) 14:39:18|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狂乱家族日記 壱さつめ

025575030000.jpg




まあいいと言えばいいやつなんだろうが微妙。

どのくらい微妙かと言うと、これ最高ジャン!!手前らとっとと買えバカヤロウ!!
っていうのと、
あー、買ったほうがいいかもしれないよー。
の間くらい。


話は面白い。文句なしで面白い。
キャラも立ってる。
何が違うのかと言うと、しゃべり言葉とあとはストーリー。

話してる言葉が頭の中でそのキャラにかみ合わない。
さっぱりの口癖も途中から気にならなくなったし、サイボーグさんが微妙だし。
そして凶華のしゃべり方がマンネリ化しないか心配だな。
そして月下はしゃべらないし。

えーっと、あとは、凶華中心だと思いきや明らかに優歌中心で微妙。
それはそれでいいんだけど、なんかねー。
最初ぐらいは主人公だと思われるやつのストーリーやっとけよみたいな。
いじめとかそこらへんの痛々しさはいいと思うんだが、お姉さんの心変わりが早すぎる気がするのは俺だけ?
そして銀夏のなんかとってつけたような接点があーなんか萎えた。


微妙。


中の上の上。



ツボからちょっとずれた感じ。
  1. 2006/11/23(木) 14:15:42|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蟲と眼球とチョコレートパフェ

026681340000.jpg




好きだわ。こういうの。
何がいいのかと効かれれば、狂った感じが最高だ。

というか違う。
いいと言うのは狂いの方向じゃなくて、妹のほう。
敵味方という枠が完全に外れてしまうほどに、主人公の相手が主人公の身内と言うほど最悪なパターンは無い。
そういう最悪なパターンを踏み、さらにその相手にも寛恕移入できるだけの描写を施し、そして、どうしようもない因縁と、以前の罪を清算しようとしようが、既に遅く闘いは始まる。
結局のところ、最終的にはなんかみんななかよしこよし、とまでは行かないが、結構手を組んだりしちゃってるので惜しいとは思うがそういう関係もまたいいかも。
自分の中で、どこまでもどうしようもない展開を望んでいる自分と、そういう嫌な描写は見たくないなーとか思ってる自分とがあったりするのでどっちでもいいや。
おもしろけりゃ。


というわけで面白かったです。

電波っ娘もいいかもしれませんが、妹お嬢様が最高です。
ですわ言葉でツンデレで、もうかんぜんにツボです。でもロリもいいです。
あーもー。

リンネはまあしょうがないとして、肉人形に記憶が戻るかって話だけど、結局は死んだ人間に林檎埋めてるわけで、完全に自我の喪失を確認したわけじゃないんだからその可能性も捨てきれないと言うかね。

今回はグリコが悪役っぽい登場の仕方でしたが、よくよく考えてみるとグリコって悪いほうだよねー。みたいな。
林檎持ってるほうからすれば、それは当然だとは思うが、恨みの対象となって、それで悲しんでるって言うとそこから感情移入が始まっちゃって、どうしようもない闘いになっていく感じ。
好きだね。こういうの。



上の上の上


完全にこのシリーズは最高です。
次も買います。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/11/23(木) 14:09:01|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蟲と眼球と殺菌消毒

026300500000.jpg



肉人形と言うと沙耶の唄に出てきたあのグロテスクな人形見たいのしか思い浮かばなくて困る。



といういい感じに駄目人間名感じでスタート。
しかし全体的に狂ってる雰囲気が最高だわ。

ひおときおがなんかたくらんでルカと思いきや、かなりいいヤツらで、なんか最高な雰囲気をかもし出していたのはかなりよかった。
純粋な好意というか、純粋な気持ちだけでグリコに接しているというのが分かった時点でそういうなにか後ろを探るみたいな気持ちが失せていった。いいやつらだわ。ほんと。


まあそれはおいておいて、一巻では全然出てこなかったこれからの伏線がどんどん出てくるわ出てくるわ。
7人のなんちゃらがすっげー適当っぽい名前なのは気にしないで置いて、それぞれの役割の能力を持っているって言うのがおもしろい。
まあ似たような話題は色々あるが、こういうのを大きめに解釈して、そういえばそんな感じじゃね?みたいな雰囲気を出してるあたり、緒方さん・・・じゃなかった上遠野さんみたいな雰囲気を感じる。

っつか全員が全員キャラ強すぎるんだよ。
リンネは別として、まあロリコンとグリコ。ひおときお。お嬢様ツンデレっぽい妹。手長鬼。殺菌消毒。憂鬱刑事。ゼキくん。
あーもー。
楽しいですよ。楽しいですよ。キャラ小説っぽいですが無駄に神話を尊重してるし、そこら辺が深みを持たせてるって言うかね。

まあ今ひとつグリコの口癖に慣れてない部分もあるんdネスがそこらへんはいいですかね。

絶望で終わるのも好感度up



の上の下。


日日日はベスト5に入れていいんじゃないか?

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/11/23(木) 11:57:18|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のフリー 11/22

Gwar

赤青をまわしてきた。

F90
S2
P1
ステイメン3
デンドロ2
ハイパーハンマー1


急ごし3
砂漠蝶2
抱擁
前夜
サラサ3
密約3
エスコート
来訪者

カロッゾ
シーブック
アムロ(ジャンク
アムロ(取り除きコマンド

カタパルト2
天真爛漫2
強化の歪み

青8
赤8


ジャンクのコマンド取り除いて遊ぼうと思ったが、
肝心のアムロが1枚。まあ結局はデンドロゲー。



G事故多発。
駄目だこりゃ。
殆ど2Gで止まって密約も出来ない。
赤青だからサラサも出来ない。
どうしようもないのでやってられない。
相手に5G溜まってG空統べ。


EB買って改良しよう。
  1. 2006/11/23(木) 11:45:11|
  2. カードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

このライトノベルがすごい2007

メモだけ。

コメントが載ってた中で気が付いたヤツ。


狼と香辛料
・オレ

文学少女
・極楽トンボさん(まいじゃー推進委員会!
・愛咲さん(ラノベ365日

越佐大橋
・オレ
・平和さん(平和の温故知新


あとはわからん。
平和さんが違うかもしれんが多分あってる。
見逃してる可能性は高いと思うがな。
まいじゃーさんはなんかゲスト出演っぽいのも書いてたし。


あー。
背景が赤ばっかで読みにくかった。
しかし、ホロが一位とは。
まあハルヒが一位じゃないだけましだ。
うん。
まあいいんじゃない? TOY JOY POPも60位だったし。
パンプキンも人外部門一位だし


そんなかんじでいつもどおりでしたまる。
とりあえず寝る。明日は休みだ。
テンションがあがるね。

ではまた。
  1. 2006/11/23(木) 00:56:06|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0