FC2ブログ

電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

ジャストボイルド・オ’クロック

027063210000.jpg


 だいたい、いい加減悪魔のミカタ何とかしろよといってやりたいが、書いてる本人が楽しそうなので問題はないとしておこう。



致命的なタイトルセンスはここらで頭の隅に追いやっておこう。
話としてはまあまあ。なんにせよB級というのはいいものだ。うん。
かっこいいというかかっこいいんだがどこかぬけてると思わせておきながら、最後はちゃんときっちりしめる。
ないよう的に、燃えとか萌えとかそういうのじゃなくて、単純にかっこよさに惚れるみたいな。
全体的に主人公に惚れる、とそういう小説だと思う。

前半の流れはよかったがいかんせん戦闘シーンのレベルの低さはしょうがないかなあ。読みにくい。というかわかりにくい。テンポを重要視させてるみたいな書き方だろうけど、戦闘シーンだけはうえおさんは合ってないと思う。うーん。まあほかの会話とかそういうのは好きなんだけどね。

やっぱり悪魔のミカタを思い出してしまう。うーん、やっぱりかわらないなあ、と。なんとなくだけど雰囲気が漂って来るんだよねえ。こう、うえお的な雰囲気が読んでてわかるっていうか。書き方はなかなか換わらないとおもうんだが。

オレとしてはレイディだっけ? あのチャイナの姉ちゃんがかっこいいなあって思った。仲間をちゃんと逃がしておいて、それでも意地を持ち続けてるって言うのはつらいだろうなあと。

問題は後半に出てきた主人公のトレンチコートが絶望的にかっこ悪いということなんだがどうだろうか。

遊園地で本気でぶつかっていったカノンのやつに惚れた。




というかあれだ。やっぱりかっこいいね。
コートってなんだかかっこいいや。スーツか? スーツだな。表紙の絵とか最高。
まあそこらへんはどうでもいいとしても。
全体的に漂う空気は好き。主人公の最後のところで明かされる真実もオレ好み。


大きく見ればいいところがたくさんあっていいと思う。





中の上の中。



中の理由は、・・・まあ戦闘とか、後展開とか。うー。

ではmた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/09/14(木) 23:57:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの人のこともっと知りたいばとん

@「あの人のこともっと知りたい!」そんな5人にバトンを回す。
※回す5人を先に書いておく  

・テイトさん
・ありあん
・にしみなみたん
・のぞむ
・そるさん

スルー可

@お名前は?

@おいくつですか?

@ご職業は?

@ご趣味は?

@好きな異性のタイプは?

@特技は?

@資格、何か持っていますか?

@悩みは何かありますか?

@お好きな食べ物と嫌いな食べ物は?

@好きな人はいますか?

@貴方の愛する人へ2言

@バトンを回す5人を指定すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします。


追記で。

追記-Postscript-
  1. 2006/09/13(水) 22:05:40|
  2. バトン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ここ最近の文化祭周辺の日記

最近のHit数のアップはどう考えてもラノベ365日さんとこの禁書MADの影響です。ほんとうにありがとうございました。

というか真面目にありがとうございました。




いや。取り上げてくださるところがあるのはいいですね。なんかうれしくなって有頂天になってしまいますよHAHAHA。

そんなかんじで。
昨日の深夜、というか感覚的にはおとといあたり、カウンターが33333をまわったはずなのですが、まあ多分出てこないだろうけど、とりあえず拾った人は報告してくれるとうれしい。
あーでも多分初めてきた人とかだと思うけどね。


最近、前髪ぱっつんつり目気味スク水美幼女で検索してくる人が多すぎです。
いやっほい。よこどり。


うぇb拍手押してくれるのはうれしいぜ!
コメントあればもっとうれしいぜ!(欲張り。
コメントは確実に返信したいとおもいます

>一周年おめでとうございます。(遅 そういえば無くなってしまったんでしょうかネトラジ…

まさか聞いていた人がいたとは。
すみませんネトラジは、あのなかでも何度もいってたように、環境のせいで収録がままならず、結局続かないことが判明したのでほぼ完全に停止してます。まあ再開希望があればがんばればいけるかもしれないですが・・・。



と、じゃあ最近の日記をまとめて追記で。
俺の生活に興味ない人にとっては堂でもいいことばかりなので。
文化祭と、大会です。じゃあまた。 追記-Postscript-
  1. 2006/09/13(水) 07:10:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とらドラ3

027063200000.jpg


最高だ最高だとプッシュしてたらすでに3巻までいったとらドラ。

なんだろ・・・。テンションがあがらなかった。




本編。

今回もまた例によって例のごとくツンデレ全開でがんばってる。大河。
あー。んー。
マンネリ化しすぎた感が否めない。
型にはまっちゃってるのはしょうがないとして、先の展開が簡単に読めてしまうところが致命的。最後のところはさすがに思いつかなかったが、それでもなんか分かりやすい展開、悪く言えば簡単に予測できる展開なだけに、想像を裏切るということがなくなって、少々落ち込み気味。

いや。違うかな。

それぞれの好きな人と結ばれたいって気持ちはあるんだろうけど、それよりも大河と竜司の関係に描写が行き過ぎてて、ちょっとそれぞれの元々の気持ちって言うのが分かりにくい。
すでに1巻でずれてきているはずなのに、そのあとも微妙な関係が続いてるっていうのがなんかね。




だが みのりんは最高だ


駄目だありえねえ。こいつだけ何かが別格だ。
おかしい。とんでもなくツボにはまる。確実に想定外の動きをして最高のテンションを発揮してそれでさらに気配りも出来て、っていう完璧超人。
あー。竜司が惚れるのも分かるかもしれない。
つかあー、もーだめだ。
とらどらのはずなのに、気づいたらみのりんいっぽんだし。主人公二人とかそこまでおもしrくないことに気づいちゃったし。




これからはみのりんメインで読んで生きたいと思います。




中の下の上



ではまた。




補記
たぶんここ最近のラブコメぽいのだったられでぃ×ばと!が最強。次点で田村くん。

補記2
今。、とらドラが、虎とドラゴンの略なコトに気づいた。遅すぎ。
  1. 2006/09/13(水) 06:35:05|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

一輪の花

最近つくってないなあ

と思って1時間で製作。たいしたことはない。というか駄作。
あ、見直ししたら画像ダブってた。まあいいや。


んじゃどうぞ。


一輪の花

テーマ:機動戦士ガンダムSEEDDESTINY - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/09/12(火) 00:15:47|
  2. MAD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ということで絵を書いたと同時にHit数が増えたのは偶然ですかね?

まあそうだろうとおもうけど。

うぇb拍手が増えてるとうれしいが、よく考えてみればヘタレ絵の公開という羞恥プレイなことに気づいたが、まあいいやと放置。
絵だけ見てコメントがひとつも無いのはまあしょうがないとあきらめる。
まあいいんだけどな。

何故にHitが増えてるのか全く不明なのだが、何故だろうか?
200越えなんていつ振りだろうか。
なんか禁書MADかとも思ったが、わからん。
うはは。もうなんでもいいや。



そういや昨日文化祭だったね。
学校明かして良いのかと思ったけどまあ多分大丈夫だろうという楽観により、ばらすけど、某うぉーたーぼーいずの高校です。今日朝7:40頃テレビ出てたよ。

まあそんなわけで客が着すぎたがまあそんな適当さはどうでもいいので、あー。まー。れヴゅというかそういうのもめんどいので気が向いたら。
どうせ誰も読まないか。



んじゃ。


リクとかあればがんばって描くぜい。
ないだろうけど。
  1. 2006/09/11(月) 22:54:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオカミさんと七人の仲間たち

026973250000.jpg


沖田 雅の新刊ということで多少は期待していたのだがおおはずれ。
もう駄目です。

だいたい最初から思ってたが、先輩とぼくはネタとしてはそれなりだが、よくよく考えてみれば文章力というか見せる文章とかそういうものからは離れていた気がする。っていう後付けの弁解というかまあなんでもないです。


全体として俺のあんまり好きではない、というか嫌いな「わざとらしさ」が漂っててウザかった。テンションをあげて読めばそれなりかもしれんが普通に読んだときにテンションがあがるかというと全然あがらない。ついでに感動して良いのか笑うところなのかそういう意図が分からないことが多すぎる。

オオカミさんに萌えるかと思いきやツンデレに見せかけたただの格闘馬鹿だし、林檎は毒しかはかないから誰にもなびかないし、猟師の人とか、もうどうでもいい。
キャラ説明も解説もなえるんでここで終わって良いですか?



下の中の下



れでぃばとの前だったが、この差は歴然すぎる。
先輩の残りはどうしよう・・・。いらないかも・・・。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/09/11(月) 22:41:30|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2時間で10枚か

暇じゃないけど暇だったから絵描いた。

10枚描いた。

全部ウェブ拍手にのせた。

ランダムだよ。


疲れたのでおやすみ。
明日はおおかみさんとしちにんのなかまたちのれびゅ。

ではまた。
  1. 2006/09/11(月) 01:09:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

れでぃ×ばと!

027063280000.jpg



新刊のなかで最初に読みました。
なんかデジャヴだとおもったら、ハヤテだと友達が教えてくださいました。
なるほど、帯をみればそれはまあ確かにそうだが。


実際は完全に別物ですがね。



じゃあ感想に。




意外と、というか普通に面白かった。
何が面白いのか少し考えてみたところ、どうかんがえてもステレオタイプというか、まあ型にはまったもうこれ異常ないほどのありふれたキャラたちでありながら、文章が見せてくれておもしろいということに尽きる。

この手の話によくありがちな安易な展開も、主人公の心情描写、というか内面吐露でかなり読みやすく、またおもしろくなってる。
っつか面白いよこれ。


絵が完全にエロゲだと思ったら、中身も完全にエロゲでしたが、なんか良質のエロゲやってるみたいでいい。
会話だけですすめるなどという無茶な真似はせず、ちゃんと地の文がしっかり書かれていて、読みやすい。話の内容を理解しやすい。
セリフではなく、ちゃんとその特徴を捉えているのでわかりやすい。ということで、面白い。

つかこのないようでこの面白さだったら勢いに任せて、キャラ紹介から全力でのドリルプッシュでいいんだが、なんか気分的にこっちのほうが乗り気だったからこの書き方でやってます。
いや、どうかんがえてもこの前に読んだやつに影響されすぎだろ。浅いラボの次だからなんかいい感じに感じるのかな? そこのところはわからん。

ただ、いつもは感じるされ竜のあとに読んだやつに対する虚無感というか、何か物足りないような、そういうくだらなさを感じなかった点においてはよかったはず。


あとはあれだな。
無駄な世界観の解説というか、そういう要素が少ないのがいいな。
少ないというか過度な装飾や説明をしていないというか。長くなりすぎずにまとめて小分けに出すのは基本だけど、それでもくどくなくていい。




ーーーーーーとまあじゃあそろそろキャラ的な感じで行きますか?



ドリル。
一言でいったらこれに尽きる。
というかドリルは最高だ。最高だ。何が最高ってロマンだからだ。そうだ浪漫だ。
さらにツンデレときてる。金髪碧眼お嬢様高飛車ツンデレなんて最高のツンデレさまなのだkらもうこれは完全に堕ちろといっているようなものだ。
しかもドリル。
もうこれ以上の贅沢はいらない。


幼馴染。
特に、というか最高に、あの朝起きたときの状態から自分を引っ張り起こして、外面作って出歩くところらへんがもう最高。何が最高ってオレ的キャラ作りにおいて一番力をかけたいと思っているキャラ設定がもうそれにどんぴしゃ。
一番つくりたいということは一番好きだということで、つまりはどりる<幼馴染。
ツンデレ具合も見事なものだし、デレと言うよりは親近感を漂わせる小悪魔てき存在なのだが、オレは正直にぐっじょぶといいたい。
仮面をかぶって、自分を出さずに、自分ひとりでかかえて頑張るなんて。
ああ、なんて萌える燃える設定なんだろうか。


どじっこ。
ここまで昇華されたどじっこは久しぶりだ。
今までのヤツらはドジなだけで、それだけでなにかこう属性を持っているとおもってやがる。
違う。
大事なところはそれだけじゃなくてドジがドジを生み、勘違いで世界が回るその影響力だ。
ただ単にカレーをこぼしただけのメイドなど、ただの要領の悪いかわいいやつでしかない。
だがこのどじっこはちがう。何が違うかってもうすべてが違う。ドジのフォローがドジを呼び、事態をすべて主人公にとって「幸せ~・・・じゃねえなんだこの最悪な状況は!!?」という舞台に引きずり込んでいくその天然さ。
だからこそのドジッこ。
ただのドジには興味は無い。


先生。
無言はそこまで萌えん。重要なのは天然キャラだが、オレはそこまでではない。
ロリ先生は小萌先生だけで十分です。


その他男子。
女装男子はもういいです。どう考えても将来その憂き目に会います。ご愁傷様。
ボケ役兼たまに真面目になるサポート役。無様な関西弁。テンションはわきまえろ。
ちびっこはいらん。
馬鹿。要するに馬鹿。多分そのうちいいことをするんだろう。期待。






総括。



上の上の中。




か な り  よかったです。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/09/10(日) 22:11:07|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

拍手返信

>理屈はいい。メガネをかけるんだ。 ←全くの同感ですよ。
メガネはいいですよ。それだけで萌えます。
あーでも駄目だな。いいんちょうもいいけどそばかすは駄目だ。ドじっこ? いや、天然でちょっとぬけてるけど、いつもは真面目な委員長タイプの図書委員? あーなんかメガネが~めがねが~・・・。




>ラノベの読んだ本教えてくださってありがとうございます
いえいえどういたしましてというまでもありませんし、自分の中で整理にもなったのでよかったと思ってますよ。質問ありがとうございます。



なんかしてほしいこととかあったらいってくれて結構よ。基本的に暇だから。・・・応用的にはやりたいことあるけど。


まあそんなかんじで。
拍手押されるとうれしいね。

というかコミュニュケーションとれるとうれしいってことか?
まあとにかくありがとうございます。
  1. 2006/09/10(日) 21:35:57|
  2. 拍手返信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOY JOY POP

027079340000.jpg







駄目。

もう駄目。終わるしかない。



10日も遅れて手に入れたことがうらめしいというか自分に馬鹿野郎といってやりたいというか。だいたいなんで浅井っぽいを途中から読んでなかったのかって言うことなんだが。



まあいいや本編


期待なんてそんなものいくらでも上回りやがった。
剣も魔法も出てないからってだからなんだ? ッて話。
読んでいて、だんだん素で落ち込んでくるのはしょうがないね。全体的にそういう話だからまあしょうがないよ。
図星というか、まあいつも浅井さんのブログ見てるからだいたいわかってたけど、毒を吐くって言うんじゃなくて、結局いってることは総括論で、心にグサッとくるのはかわらないですね。
図星をつかれているというかそういうのじゃなくて、思ってもいなかった。ってこと。

そりゃそうだね。
男が女を選ぶのが当たり前だと思っていたところで女だって男を選ぶのは当然ですね。女の気持ちが分からないとかいってるのは、その努力をしてないだけの馬鹿ですかオレは。
自分の会話から他人の創作と自分の過去話を取り除いて、その上で相手を楽しませられる会話を考え付くことが出来ない時点で、浅井さんにとっては駄目な男決定だな。
自分がそうだからどうしようもないというか。ネタネタいってるところで、結局全部は他人のものなんだkら、借り物なんだよなー。他人の自慢がそんなに面白いか? あ?

退屈な人生はその人が退屈だからっていうのも響いた。
まあその人自身に帰ってくるって言う点では楽しんで生きてる人は楽しいんだろうなと当たり前なことを。学生のまだ社会のオブラートの中にいる身としてはたいしたことが大口たたいて言えそうに無いけど、だからってなんだって、思う部分はあるわけで。
ここのところが社会人から視てどうなるのかとか気になる。いや。ここのところだけじゃないか。全部だな。
特に女の話とか。バーチャルは関係ないとして、リアルの女子の会話はほとんど無いからどうしようもないね。それでいいんじゃね? って妥協している時点でもうすべてのルートから外れてるね。

読んでて思ったのは、みんなそんなに頭よくないんじゃね? みたいな。マイコみたいな女子は多分いるし、それが結構いそうなことはちょっと考えれば分かるが、だからってそれこそこっちだって選ぶはずなんだから、そういう人たちがズレていくんか。馬鹿な女と頭のいい男っていうペアはあんまイメージしにくいね。なんかそういう女は顔とかじゃない気がするし。逆はあるだろうけど。多大に。
でもまあ結局オレがほざいてるのは妄想なわけで、女子とほとんど付き合ってないオレがそんなことをいえるのかーって話だ。

あーもー自分で逃げ場作ってしゃべってるとか自己嫌悪入ってくるわ。
だからって早急にカノジョを作りたいとは思えないし、思わない。それは心理とかじゃなくて、ただ単に時間を食われるのがいやなだけ。遊戯王なんてどうでもいいもので遊びたいし、PC触る時間も作りたい。わざわざ苦労するべきでもないな。ファッションとか適当だし。

・・・だいぶ感想から離れてきてるが続ける。

こういう、フィクションのようで現実を突きつけてるようなものは、オレみたいな世間知らずにとって、確認の使用がなく、だから他の人に、主に女子に読んでもらいたいと思うが、それこそ傲慢か。感想って何を答えさせるんだ? まあいいか。

そんなことをいったところで、どうせ主題は別のところにあるんだろうし、ブログで見たけど、メタにメタを重ねられたらしがない一電撃文庫読者にはわかりませんって。




と、重い話はここらで。
じゃあ別のところで。



とりあえず、壊れた人形の話が最高だった。
あとはババァが負けて、最後の場面か。病室で渡すシーンが好き。

というかキャラ的には好きなやつが多いわ。
まおと、やまざき以外は全員好きだ。特に瑛子。後半は最高。
そしてフク。テンションが最高。というかこういう人になりたいね。努力しだいでなれると思うんだろうけど、その努力をする努力をするのがめんどくさい。ッ手言ってる時点でもう駄目。
タクシーのくだり(徹夜明けにふらついてたおれるとこ)は、いい雰囲気を出しすぎてた。あと最後。演劇のときとか。



というか混ざりすぎて駄目。混沌。説明しにくい上に、ツボが散らばりすぎ。
でも好き。
大好き。
こういう話が大好き。

だからこその浅いラボであって、だからこそこれからも買い続けると思う。



こういう本が、欲しいですね。





上の上の上

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/09/10(日) 01:34:03|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

BlogPet

臓物丸は、門前までデッキとかターンしないです。

デッキ三つでがんばってる。

がんだむをーのあいまになんか息抜き程度かな。


1・除外デッキの場合
一番やろうとしている
エアー召還攻撃>門前>手札にもどって効果再発動。

っていうながれが出来たためしがない。
門前でこじ開けて、ワイルドマンで殴りかつことは無いかな。
だいたい罠にかかる。
もうだめぽ。

つかってて楽しいって言うとこれがいちばんつかっててたのしい。
相手はつまらなすぎそうだがな。
結構強そうだし。
どっちかって言うのはあるけど、ダイーザで殴りかつのが最適。
オーシャンなんてすぐに死ぬ。
効果一回使えればいいほう。

だいたいこれビートじゃないライフからデビフラで2体呼び出して遊ぶとか究極竜3体とか。

こっちのほうが楽しいけどね。

まあ説明もめんどいんでここらへんで。

おやすみなさい。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「臓物丸」が書きました。
  1. 2006/09/09(土) 14:56:26|
  2. BlogPet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電撃文庫辞書改訂版。

http://dragonicflower.web.fc2.com/a/d/zisyo.txt



>上のを右クリック
>名前をつけてリンク先を保存を押す。
>適当な場所を指定。保存。
>その後、右下の(IMEツールバーの)道具箱みたいな形したアイコンを右クリック
>辞書ツール(または単語登録を開いてからそこの辞書ツール)を押す
>上のバーの「ツール」をクリック
>「テキストファイルから登録」を選択
>さっき落としたzisyo.txtを指定する。

>終了。




使ってる人は感想とか聞きたい。
使ってない人はまあ最初がめんどくさいけど登録してみると良いよ。
電撃文庫総合目録2006にのってるやつは全部一発で出るから。
あと略称もそれなりに入れといた。
魔女カリとかしにバラとか空鐘とか終わクロとか。
ついでに、間違ってる名前も登録した。
間違ったのを打ってもちゃんとしたのに変換できるようにしといたから。いらないか? まあいいや。


これを使えば、新刊じゃないやつだったら読了感想のときに少し楽になるかもしれないという気休め。



今度時間が合ったらキャラとか専門用語とか登録していくかなー。



そんなわけで。
どんどんDLしちゃってくだせえ。
  1. 2006/09/09(土) 00:53:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今までに読んだ電撃文庫

>今までで読んだラノベを教えてください



拍手で来ました。
さてどうしようか。
・・・ほんとにどうしようか。

今日はまあ、暇なので、羅列していきますか。
じゃあ手元に電撃文庫総合目録2006があるので。これを参考に。


あるのが電撃文庫だけなので、それ以外のラノベは軽く無視ということですみません。


追記で。 追記-Postscript-
  1. 2006/09/08(金) 08:33:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

しにがみのバラッド9

026973140000.jpg



薄い。
それだけ。

じゃあ本編。



ニノ。
なんかみんなはそこまででもないとか、パクリだとか言ってるけど、俺はやっぱり好きだった。
現実と空想の区別か付かなくなって最終的に空想世界に言ったっきりになるって言うのはまあよくあるっちゃアよくある話で、強いて言えば、死がかかわってないところがちょっと場違いかなあという感じがあった。
数学者の話が気に入った。何かに使いたくなってくるね。
何かを成し遂げようとして、それが出来なくて一生試行錯誤を繰り返して、それで死んだ人は、どんな気持ちなんだろうか。
まあそこが一番の見せ場といえばそうだろうが。

正直、しにがみのバラッド。の作品としては微妙。隙だけdね。




午後の猫
まったりとして。
絵が。最高でした。どんぴしゃでした。
最高に最高なメガネでした。
それだけで十分です。



金魚の泪。
電撃hpかなにかで見たことがある気がするが多分よんだことあるんだろう。
それでもおもしろかったな。
しにバラらしさが一番出てた。
なんかもうどうしようもないのになにかこう、心の奥でわだかまってる何かを何とかしてほしいって言う気持ちを持って言ってくれるような、そんな気持ちにさせてくれる。
そういうのがやっぱり好きだ。


その他もろもろ。
まあ、数ページだし。
スルー。





総合。

中の上の中。



今回はちょっと薄い。
ただでさえボリュームが無いのが薄くなったら内容はどんなにみじかくなるんだーみたいな。
もうちょっとあつまってからでいいのでちゃんとして出してください。

今回はちょっと趣向をずらして書いてるっぽいので、その点については非難の対象にする気は無い。
ただ、まあもうちょっとネタにひねりがほしかったかなあと欲張った感想を。




じゃあそんなかんじでではまた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/09/07(木) 03:09:59|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

デュラララ!!x3

026973170000.jpg




というわけで、

世間様から一ヶ月ぐらい遅れて読了感想に入りたいと思います。
まあ俺が一番好きな作家だというのにこんなに積んでたわけを言い訳的に話すとするならば、
まあしょうがないではないか。
延べ7000ページ超過の某終わりシリーズを再読してたらそりゃ時間無くなりまっせ。

まあそんなわけで、後回しにしていた最高傑作を詠み終わり、カタルシスが過ぎ去った一日後の今日、感想でも書こうかなあと思い立ったので、書いやまてちがうちがう思い立ったんじゃない!! 書くのがオレのブログなんだよ!! 忘れるな!! 夏休みボケかこのボケ!!


はい。感想。






んー、微妙。
いや面白いには面白いんですよ。
他の小説とは一線を画した先にある何か別次元の面白さというか、なんか他のとは違う特異な面白さを兼ね備えてて、読んだあと他のやつがなんかこう霞んじゃうぐらいのレベルは相変わらずなんだけど、

ただ単にツボにジャストフィットしなかっただけか。

今回のは主人公が正臣だったわけだが、なんかそこまで狂ってないというか、普通の一高校生なわけで、そういうキャラ付けは嫌いではないのだが、そこまでではないということ。

いつもどおり新キャラ続出+そいつらがすばらしく個性的。

というのがあったから、主観としての正臣に対する感情移入がそこまででもなかったかな。
あと3人が一緒に話しながら、お互いを何も知らずにただただ普通の毎日を過ごすという日常の描写が無かった分その緊張感がそがれたという身勝手な妄想。




正直に言うと、もうなんかこれ手がつけられないくらい完全無欠に面白いうえに、ごっちゃごっちゃしてたヤツらが一箇所に集まっていくっていう楽しさ。そういうものは大量に合った。というかそれなくしてデュラララは成り立たない。わけなのだが、あー。なんていうか。





ようするに過剰な期待は逆に物語をおもしろくなくするということでおk?



おkじゃないか。
まあいいか。主観だし。

というか成田さんなんか良いところあげようと思ったら「作品全部」っていっちゃいそうで、怖いぐらいオレが好きなところがあるから、いいとこをわざわざ描かないとただの揚げ足取りになっちゃってちょっとやなんだなあこれが。


それでもひとつだけいっておくと、最後が不満。


もうちょっと三人のかかわりというか、ほら。終わった後の微妙な空気をどう料理するのかなあ・・・って思ってたところがあって、そこが描かれなかったのが残念。







まあそんなとこ。



上の上の中





じゃあまた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/09/06(水) 00:06:50|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

ハジがいた。

みんな知ってるか!?

今週のジャンプにハジがいたぞ!!






証拠写真

060905_0113~01.jpg




なんか、すばらしいね。


しかも左目って言うのがね。もう完全無欠。


終わりのクロニクルもメジャーになったなあ。
  1. 2006/09/05(火) 01:17:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Fate感想(凛ルート)

凛ルートが終わった。


いやあ。ありえん。
泣いた。まじで。
あれだ。アーチャーがかっこよすぎる。もうありえないくらいかっこよすぎる。
もうこれ以上ないくらいにかっこよすぎる。

正直セイバールートなんかどうでもよくなっちゃうくらい、ストーリーの展開が最高だった。
先が読めない展開というのはこんなにも面白いものなんだと改めて思った。

もう最高です。

最後のEDのとこなんかやばいです。
もう凛、、ああ、、もう、、、



凛は別に萌えませんが、アーチャーが燃えすぎたので最高でした。






じゃあ咲杳・・・じゃなかった桜に特攻してきます。
ではmた。
  1. 2006/09/04(月) 21:21:53|
  2. エロゲ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の遊戯

デッキ三つでがんばってる。
がんだむをーのあいまになんか息抜き程度かな。

1・除外デッキの場合。
大体勝ちパターンは決定。
普通に次元融合か異次元の帰還あたりでサレンダーしてくれる。
または、1万超えた半端じゃないライフからデビフラで2体呼び出して遊ぶとか。
ツインツインツインGO!! 6連バーストストリーム!!とか究極竜3体とか楽しすぎる。むこうはつまらなすぎそうだが。
とにもかくにも魂吸収をひかないとどうしようもない。回復できない除外デッキなどアド損の塊いがいの何者でもないからな。
サンダードラゴンをバズーの除外要因としか考えていないあほだからな俺は。ちなみにロックには確実に負けます。メビ1サイク1大嵐1ブレイカー1で破壊系は終了です。アタッカーはバズー三体除外の2500です。どうみても足りませんありがとうございました。
それ以外は、おかしな攻撃力になったダイーザとかあるけど、ダイーザで殴りかつことは無いかな。だいたい罠にかかる。もうだめぽ。
つかってて楽しいって言うのはあるけど主要カード堕ちると何も出来ないデッキ。まあテーマの宿命。かみ合わないと撲殺天使ドクロちゃんで滅死。



2・門前天罰エアーデッキの場合
一番やろうとしている
エアー召還攻撃>門前>手札にもどって効果再発動。
っていうながれが出来たためしがない。門前でこじ開けて、ワイルドマンで殴りかつのが最適。オーシャンなんてすぐに死ぬ。効果一回使えればいいほう。
だいたいこれビートじゃないのかよ。ビートなのに天罰とか何かが間違ってる気がしてならないが、天罰はおもしろい。
まあそんなかんじだ。
このデッキが一番勝率が悪い。当然。全く練ってないから。当たり前だね。正直やってられないくらい弱いよ。まあそこら辺の本当の雑魚には勝てるが。それだけだ。少し強いだけでぼろ負けだ。
まあそんなわけでがんばって門前エアーにするか、天罰エアーにするか悩んでますがとりあえずがんばりますよ。



3・裏守備デッキの場合
ツクヨミがいなくなって困るかと思ったら全然困らないでやんの。バトルフェイズ終了時に血の代償で500払ってセット。生け贄でセット。自分ターン反転砂塵で全員殺して殴ってモンセットで終了。戻ってきたから擬似ミラフォとかもう極悪すぎ。
あ、そういえば血の代償まだ2枚入ってたかも。駄目ジャン。抜いてこなくては。
地味にディフェンドガイが強い。あとイナゴとスカラベも入れようかな。結構強そうだし。どっちかって言うとやっぱイナゴだと思うが・・・うーん。
正直に言うとこれがいちばんつかっててたのしい。相手はつまらなそうだがな。お触れとメビ対策して大会にこれで出ようかなー。





そんな遊戯王。
GUNDAM WARは・・・いいか。
こっちのほうが楽しいけどね。
まあ説明もめんどいんでここらへんで。
おやすみなさい。
  1. 2006/09/03(日) 22:34:19|
  2. カードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とある魔術の禁書目録応援MAD

:06/09/03 00:35 追記更新

夏休みの後半ずっと作ってたのがやっと完成。
一番めんどかったのはセリフの修正かな。いちいち消すのがめんどいったらありゃしなかった。
まあとにかく出来たんで見てくれや。

今回は試験的にyoutubeに上げてみたりしたから、どんどんこの記事のURLコピって張ってくれると俺が狂喜乱舞。

--------------------------------------------------

--------------------------------------------------
こめんとぷりーず!


DLは上のボタンの [MAD] からどうぞ。



ちなみに参考にしたのはこれ(18禁)

比べてみた(比較動画)から適当に見ると面白いかもよ。




ちなみに知ってると思いますが、

とある魔術の禁書目録はラノベです。
エロゲではありません。





じゃあそんなところで。ではまた。


追記で苦労話や舞台裏。 追記-Postscript-
  1. 2006/09/02(土) 14:41:01|
  2. MAD
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

BlogPet

きょう臓物丸は死角は交渉するはずだったの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「臓物丸」が書きました。
  1. 2006/09/02(土) 10:41:54|
  2. BlogPet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宿題は終わったんですが

MAD製作中につき更新停滞中です。
今しばらくお待ちください。


明日はたぶん更新すると思う。
あ、もう今日か。


ではとりあえずまた。
  1. 2006/09/02(土) 00:32:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ