電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何か電波が舞い降りた


・キメラFFして墓地モンスター20枚>シャドウグール最凶!!

・相手融合モンだけのときにヘルテンペストからカオスポッドで勝ちじゃねwww



・・・ああ。何考えてるんだろ。





追記。

そういやみくるカオスに「タイムカプセル」と「異次元隔離マシーン」忘れてた・・・。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/31(月) 00:24:07|
  2. カードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神デッキ「み く る カ オ ス」

モンスター21

ゲートガーディアン3
カオスソーサラー3

ユーフォロイド3
ジャイアントウイルス3
沼地の魔神王3
聖なる魔術師2
見習い魔術師2
ときの魔術師
月詠見



魔法18

ライボル
施し
強奪
大嵐
サイクロン
光の護封剣
パワーボンド
抹殺の使徒2
融合3
再融合
エネコン2
未来融合3


罠4

亜空間物質転送装置2
ミラフォ
シリンダー



43でかんべんしてくれ



ここに至るまでの経緯。
追記-Postscript-
  1. 2006/07/29(土) 21:44:02|
  2. カードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絶望系 閉じられた世界

31511609.jpg




なんだこの面白さ。
鬱加減。




もうほんとびっくりするぐらい鬱で欝で鬱で、もう暗くなるしか能がないようなそんなお話で、救いなんてどこを探してもいっぺんも見当たらなくて、登場人物が、成田さんとは違う意味で全員が狂ってて、それでも狂っているのは世界だと主張していると言うなんとも楽しいオレ好みなお話。


















=======以下各キャラについて解説+考証。多分2000文字は行った。=======






消えた。






=========以上=======








上の上の中。



このやる気の無さはなんなんですか。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/28(金) 22:42:05|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ごめん時間が無い

ごめん本気で時間が無くて記事かいてませんでした。
記事かいてないのに一日150人も着てくださってることに驚いたりうれしかったり申し訳なかったりでいっぱいなき持ちなんですが・・・。

海に行ったりしたのに翌日に大会とかその翌日は家の片付けに一日使って、翌日は練習があってグリムよって帰ったら今日の下調べして、今日は今日とて秋葉原にいって明日は明日でこつえーのテレカ買いにまた秋葉行って明後日は近くの本屋さんでお手伝い頼まれて時給750で10時間ぐらい働きそうで、月曜日火曜日は普通に部活だが、2日から5日まで合宿があるんだが・・・・。






がああああああああああああああああああああ




時間がねえ。
地味に無い。
というかグリムで遊んでる時間さえなければもっといろいろ出来るんだろうが、そんな楽しい時間を自ら放棄するなどなんと心の痛むことか。



マルチタスクはきついです。

夏休みに何をやればいいか考えていて、そういえば誰かがひとつづつ箇条書きにすればいいよって言って滝がするのでやってみよう






夏休みにやりたいこと。(順不同)数字は数えやすくするため

1 ・勉強(予習復習)
2 ・小説を書く
3 ・絵を描く
4 ・ラノベを読む
5 ・ブログを更新する(日記など)
6 ・感想を書く
7 ・プログラミングを学習
8 ・MADをつくる
9 ・部活をやる
10・遊戯王のデッキの改良
11・ブリーチのデッキの改良
12・ガンダムWARのデッキの改良
13・グリムで遊ぶ
14・サイト(どらふら)の更新
15・電撃辞書登録の再始動
16・コミケに行く
17・バイトしたい
18・健康的に生活(十分な睡眠時間)
19・そういえば宿題も・・











っつか
無理。





そういうわけでひとつひとつ消化して行きたいです。

というわけで書く記事もリストアップしてみようか



1・伊豆の海への旅行レポ
2・大会レポ
3・掃除について
4・秋葉原レポ
5・絶望系の読了感想




うがあああああああああああああああああ







貴様ら!!


待っているがいい!!!
  1. 2006/07/28(金) 21:33:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BlogPet

上手くいかなくていいって、光る宇宙ぶっ放したり気化爆弾落としたりしたけどね?
とか思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「臓物丸」が書きました。
  1. 2006/07/27(木) 14:54:10|
  2. BlogPet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涼宮ハルヒの憤慨

4044292086.01._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_V52939912_.jpg


あー忘れてた忘れてた。

最初読み始めたときは全然普通に読んじゃってたんだが、ちょっと進んだら
「そういえば、これってザスニで読んだ気がする・・・」
って思い出したんだが、結局、キョンの話のオチは思い出せずじまい。

最後までいって、やっと気付いたという愚かのきわみっぽい雰囲気で、さらに読んだ内容をよく覚えていないと言う証明にもなったっぽくて微妙。



そんなこんなで最新刊。



え、で、これは長編なの短編なの? というかこういう微妙なのを中編っていうの?
と、いろいろ疑問は尽きないですが、まあそんな定義なんてどうでもいいので、正直内容なんてあれですあれ。書き下ろしかそうじゃないかが文庫のみの読者にわからないんならばどうでもいいってやつですよ。




・編集長一直線。

長門長門。長門のお話。
キョンの話が上手すぎるとかそういうのは無視して長門。
長門と黄緑さんのなんかアイコンタクト的な何かがちょっといろいろと思わせる。
長門の書いたホラーとかはもうこの際無視。多分誰かが分析しているだろうが、俺はハルヒにはそこまで感情移入していないのでどうでもいいというのが本音。別にいいじゃん。意味がわからないのが目的なんだと思うし。

つかそんなことより、長門が主人公というか前面に押し出されたヒロインだとしても、生徒会長のキャラは最高だと言わざるを得ない。
だってなんか、もう理想キャラじゃね? 俺的に。・・・俺的に。
もう無理してがんばってるって言うのがなんか魅せてくれるね。
敵役と見せかけて実はミカタ。って言うパターンは大好きですよ。特にうさんくさいキャラクターは最高ですね。
古泉とかそいういう点ではこれ以上の逸材はいないと思うが、古泉はもしかしなくても最初から仲間なので問題ないというか問題ないことが問題あるような気がする。やばい眠くておかしい。

内容的には、要するに娯楽というか、まあないようはないよう。
最後のほうの押しもんどうはなんかわくわくした。なんでだろうねー?わからん。次。




・ワンダリングシャドウ

もう超がつくほどどうでもいい話。
誰一人として立場が変わらず心の内側が変わらず、結局知識だけが増えたという有様。要するに状況説明。
いい加減長戸とか古泉周囲の勢力の説明を入れるために古泉にがんばって喋ってもらった感じ。無理矢理すぎる。
最初のほうに動かなく・・・じゃなかった、円のなかに入ろうとしなかった犬はどうなってんだろうとかそんな適当なことを。
なんか使い捨てキャラが出てきましたが名前なんて覚えていませんよ。
阪がついた気がするがどうでもいい。

そんなパラドックス的な問題はミンナ無視しているようだが。





短いですがこの辺で。


正直そこまで・・・ではないか?
ノリはいいんだけどね。


中の中の上



ままあおもしおろいっす。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/27(木) 01:20:51|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

涼宮ハルヒの陰謀

4044292078.01._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_.jpg



鶴屋さん萌える。
というか鶴屋さんしか萌えない。

この巻はそういう話だろ?


だいたい、ハルヒの描写は少なすぎるし、
朝比奈さんは何も知らないし、
古泉は最後、出てきたけど執事とメイドにいいとこ取りされるし、
長門は嫉妬してるっぽいし、

結局活躍したのはちゅるやさんだけじゃないか。

長いわりに、山場って言うか、そういう盛り上がりがなかったし。
あーもー。

結局おれにハルヒは似合わないのか?


キョンの語りはすきなのだが、結局話というか物語が好きじゃない。
そうなんだよなあ。
この話にしたって、意味のない行動に見えるキョンと朝比奈さんの行動が、そのままその時代の二人に影響を及ぼすような話にしておかないと、本当に意味のない行動だし、その意味のない行動をしているときの描写ほど意味のないものはない。

最後のオチですら、唐突過ぎて感慨も何も沸かなかったし、チョコレートをもらったキョンがあまりうれしそうにしてないからハルヒのツンデっぷりが微妙だったし。
長門ももうちょっとだけ成長してれば・・・みたいな。

最終的におなじ運命を辿らなきゃならないっていう規定事項とかそういうパラドックス的仕組みとかおもしろいんだけどね。
いかんせんストーリーが・・・





ちゅるやさんに萌えたので


上の下の中。



だめだ。合わない。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/24(月) 23:58:01|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涼宮ハルヒの動揺

404429206X.09._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_.jpg




そして再び連続で短編集とはどういうことですかこれは。
まあ別にハルヒってだいたい長編でも短編集でも同じ気がするのだが・・・。
まあそのへんはいいか。


まあ例によってそれぞれ。


・ライブアライブ

だからアニメのクオリティが高すぎて(以下略


・朝比奈ミクルの冒険エピソード00

同上。



・ヒトメボレLOVER

話自体はたいして別にどうってことなかったけど、最後の「少しだけ」っていうセリフを読んだら、読んでよかったなあって思った。
長門はいいわ。
ほんとに。
まあ長門メインのお話で、長門が少しずつかわってるよーみたいな。そういうのを表現するための捨て駒役どんまい中河。


・猫はどこへ行った?

もうほんとにどうでもいい。
結局鶴屋さんを楽しんで、福笑いを楽しんで終わった。
トリックなんかどうでもいいんだけど。というか全然意味がわからんかった。
まあ流し読みだし。しかも反則ぎみだし。
どうでもいい。


・朝比奈みくるの憂鬱

で、今度は朝比奈さんに萌えろ、と。
単純すぎて笑っちゃうぐらいだが、まあいいや。
萌えてやったよ。
伏線っぽいこともあったが、まあ別に文庫で読んでるぶんにはまったく問題はないだろう。
まあキョンがマスコット的視線で朝比奈さんを見てないだけよしとするか。




結論



中の中の上。





前回から一変。ただの単調なキャラ小説に。
時空移動がメインっぽいんだから、もうちょっとひねろうよ・・・。


ではまた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/24(月) 23:02:40|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涼宮ハルヒの暴走

4044292051.09._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_.jpg


短編集なので1つずつ




・エンドレスエイト

永久ループとかそういうのは面白いと思うけど、結局は数値だけのものになっちゃうから微妙。
長門が言った数字で固定されちゃうだけで、そのそれぞれの描写は一切ないのでかんがいが沸かないと言うか、まあそういうのはキョンとおなじ気持ちなのか。
宿題をやると思いついたのだがそれすらもループの中の出来事だったっていうオチはだめですか? だめですね。話が終わりません。




・射手座の日

だから京アニのクオリティが高すぎて、原作よりもアニメの印象のほうが強いんだってば。
読んでも読んでもなぞってるようにしか思えなくて面白くない。
しょうがないことはしょうがないんだろうけどさ。

アニメのクオリティの高さの弊害というものか。違うか



・雪山症候群

異常だった。異常に




面白かった。




いやほんとにはらはらさせられて、先が読めないというか、
そうだよ。読んだことないから面白いとか、先が読めないから面白いとかじゃなくて、キョンが必死だから面白いんじゃねえか?
主人公が慌てふためいてたりすると、感情移入がしやすくなって面白くなるのか?
そこら辺のメカニズムはわからんがとにかく面白かった。

というかこの小説の奇異なところは、ハルヒが活躍すると決まって面白くなくなると言う点なんじゃないか?
長門が動けなくなって、古泉とキョンががんばって、朝比奈さんはおろおろして、
そういう脇役的キャラクターの活躍が物語を面白くしてるんじゃないか?

隠し事っていう条件も面白さに追加していいか?
ハルヒに気付かれてはならない、と慎重に慎重に事を運ぼうとしている様子が、何故か共有感、というか連帯感というか、まあよくわからないのだが、一緒になにかしているという意識を持たせてくれるのか。


あー。もう分析はいいや。



とにかく面白かった。
すっげえおもしろかった。
いつもは頼っている長門が使えないせいで、結局古泉とキョンのコンビになるんだが、そのコンビの会話が、もういい感じ。
特に古泉の説明口調へのキョンのツッコミが的確。
そういうテンポのいい会話はよんでいて飽きないな。




まあ全体としたら、



上の中の中。




おまけだおまけ。
雪山症候群は真面目におもしろかったさ。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/24(月) 22:49:54|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうカテゴリ分類もめんどくさい。

・明日から海に行く。
伊豆らしい。
らしいとか言っておきながらもう3回目ぐらいなので大して感慨もないが、それでもここ数年は部活やら部活やら部活やらで出れなかったので数年ぶりになるので楽しみ。
サザエとかいっぱい食べてこよう。
というかオレがサザエ採れるといいなあ。

・最近グリムにより過ぎてる気がする。
グリムっちゅうのは近くにあるおもちゃ屋さん。
そこに入り浸ってガンダムWARをやりまくっている。
デッキは「緑白詳細不明」
白のドロー系がないのでドップとガトルで踏ん張って、光る宇宙ぶっ放したり気化爆弾落としたりしながら、手札減らさないようにしてエピオンでぶん殴るデッキ。
たまに出てくるフリーダムは、ハイマット1、ロールして手札の枚数分ダメージ与えるのが1、キラが2で回してる。結構そろうのでまあまあいいだろう。
一枚刺してるシーマゲルググが強かったり。
今日は赤サイコミュ相手に、ゲルググにアスランのっけて特攻してたら勝った。
ただそのデッキに飼ったのはその時一回だけだったけどね。

・更新速度が遅いのは遊んでるから。
ということで帰宅時間がべつに部活してるだけなのに9時とかいう時間になるのでなかなか更新作業がはかどらないし、ついでに小説も書き進めないし。
なんなんだよ。勉強ぐらいちょっとはしろよみたいな。そろそろやばくなってきたころじゃね?
まあそんなことはどうでもいいか。

・部活が最近かったるい。
いい加減部活やめようか。
なんかはぶられてるわけじゃないけどコミュニケーションが上手くいかなくて2年生と打てない。というかペアが決まっちゃってるんで俺が一人取り残されて一年生としか出来ないうえに、カット主戦なのでドライブ打ってくれないとやってらんないんでもうやる気なくして。
先輩が打ってくれてたりしたけど、その先輩もそろそろ引退で、こなくなってしまうのでもう本気でやる気が・・・。
正直やめてもいいと思ってる。
でもいままで。。。。うーmm。。。。
どうしようか。

・そういうわけで読書もはかどらず
3日で2冊ペース。遅い。
だめだろ。もっと高速で光速で消化しないと。いい加減積読は多すぎるぞ。
というかつんどくで変換して積読って出たのがビックり。まあどうでもいいか。

・遊戯王。
墓守マクロコスモスというなんともよくわからないシナジー的なデッキを作ったのだが微妙。
ネタなのかマジなのか・・・。
どうせマジで作るんなら強いのがいいし、ネタにしては弱すぎる。
中途半端だs、崩すか。

・ブリーチ。
ガンジュデッキを作ってみた。
がんじゅ+疑似餌+グランドフィッシャー。
疑似餌が強い。魂魄捨てなくていいってのが紙レベル。いいわ。これ。
ガンジュの覚醒の待機600が強すぎる上に、0コス+300のバトルカードが2種類あるから真面目に強い。
と思いきや、相手の死神の数×100うpのガンジュをメインにしてるとそっちが普通にBP600とかいって覚醒しないほうが強かったり。
グランドフィッシャーときたら、疑似餌3体いたら素で800とかありえn。
弟に勝った

・べほいみー
ぱにぽにの公式アンソロみたいなのがメイトで打ってた。
衝動買い。表紙が鈴木次郎で確定。
まあまあだった。
実はコミケカタログ購入予定だったのだが予想外に高く・・・・変更。
で、衝動。

・そるさんからとどけもの
かなりうれしいものが届いた。
どうもありがとう。そるさん。

・自作。
さっさと使うパーツ決めないと。
まだグラボとマザーの種類が把握出来てない。
正直CPUしか見てない。
あすろん64でいいと思ったので、12000ぐらいで買おうかな。
予算は大体10万で。
出来れば安いほうがいいかな。液晶ディスプレイは欲しいが。




まあ適当に書きなぐっただけ。
この週末。

ろくな更新できないかも。


・・・いやしかし携帯から更新と言う手も無きにしも非ず。
大丈夫か。・・・。





まあこのへんで

ではまた。
  1. 2006/07/22(土) 01:07:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涼宮ハルヒの消失

4044292043.01._SS500_SCLZZZZZZZ_V56558949_.jpg


各所で言われているとおり、この巻がハルヒの中で一番面白い巻だというのはまったく持って正解だと思う。

何でとか聞かれても答えることは出来そうにないが、とにかく面白かった。







エンターキーを押すまで。な






なんなんだかわからんが、その後から急激に面白くなくなった
そこまでは、その場面までは完璧と言うほどすさまじくすごかった。

次に何がおきるのかと言うその不安と期待がすごかった。

要するに、先が読めない展開と言うのは作品にとって重要な要素のひとつではないかと思うんだ。
ハルヒの行動は大体読めるから、その先の展開もだいたい思い描いたとおりとあまりかわらない道をたどるのだが、今回ばかりは違った。

わからない。

先が読めない。
誰が何を知っていて、誰が何をするか。
予想することは出来ても、先を読むことは出来なかった。

つか、あれだな。キョンのあわてっぷりがすさまじい。
まあそういう気持ちの描写をあえてせずに、その行動と、そのせりふから表現できていると言うのは結構評価できると思う。

後半、解決する状態になってからは大しておもしろい事件と言うかなんていうか、そういうイベント的なものはなかったので盛り上がりにかけたうえに、結局解決するのは長門。っていうお決まりのパターンがどうしようもなくどうしようもなかった。

そこまで面白くなかった。



序盤のテンション。いやテンションとは言わないな。雰囲気とでもいったほうがいいか。
とにかく、その雰囲気がこの後の巻も続けばいいなーと思ったりする所存であります。



相殺で、




上の下の上





うわ微妙・・・・。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/22(土) 00:10:15|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BlogPet

今日臓物丸は、歌詞と求道などでんだら
ネットで広いエロや沙耶とかを装着すればよかった?
今日、広い電撃文庫オタク度
108エロ
117四霊使い
127ツンデレ
135にょろーん
245しにがみ
と、沖山龍花が言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「臓物丸」が書きました。
  1. 2006/07/20(木) 16:02:41|
  2. BlogPet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涼宮ハルヒの退屈

4044292035.01._SS500_SCLZZZZZZZ_.jpg


アニメ見ちゃうとダメだね。

やっぱり何度も言うようにイメージ先行で、結局原作の良さが出てない。
唯一面白いのはやっぱりキョンの一人語り。
あの独特の言い回しは面白すぎていい。
さりげなく高校生の知識に合ったわかりにくい比喩を使ってるあたりがんばってると思う。

笹の葉だけ初読。

要するに物語的面白さはすでに失われているので、
どうしようもない。



もういいや。


中の中の中。




どう評価していいのかわからん。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/20(木) 03:42:12|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクセス解析

1 31 電撃文庫
2 20 電撃文庫オタク度チェック
3 18 ファサリナ
4 14 歌詞
5 13 MAD
6 11 遊戯王
7 10 断章のグリム
8 10 感想
9 8 電撃文庫オタク度
10 8 エロ
11 7 四霊使い
12 7 ツンデレ
13 7 でんだら
14 6 悪魔のミカタ
15 6 ライトノベル
16 6 バイトでウィザード
17 6 ハルヒ
18 6 ぽん
19 5 沙耶の唄
20 5 求道の人
21 5 チェック
22 5 スモークチーズはあるかい
23 5 にょろーん
24 5 しにがみのバラッド
25 5 くさなぎこより
26 5 KOTOKO
27 4 憑依装着
28 4 霊使い
29 4 漫画置き場
30 4 電撃ヴんこ


・解説は追記で。

追記-Postscript-
  1. 2006/07/19(水) 01:24:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

似てるのって。似てるよね。

どっかでも見た気がするけど、

レジンキャストミルク

ぼくと魔女式アポカリプス

断章のグリム

って

似てない?



誰だっけ?
平和さんかな?

あ、これだこれ。「学園異能


まあリンク飛べばわかるんだけど、そんなことするのめんどくさいって人のために、この考察と言うか感想と言うか適当文章はオレの主観で語るので、がんばってついてきてください。
ついてきたくなかったらいいですけど、気になることがあったら遠慮せずにいうとオレの認識が改めれられてなんか成長した気分になるので、コメントくれるとうれしいですね。
では本題。


似てるんだよホント。
というかオレのようにイメージ先行で読んでる人がこの3つを連続して読んだらダブってダブって困ると思う。と思うぐらいに似ている。



類似点1

・学園異能というジャンルに分類される。



さっきのリンクをたどればわかることだが、引用させてもらうと、

日常と非日常の対比を物語のテーマに据えたもの。
そのギャップを明確にするため

「日常」 =学園での平穏な生活
「非日常」=異能の力による闘争
「二つの対比」=ギャップによる葛藤
以上のような、構成をとることが多い

一言で言ってしまうなら
「学園で生活しながら不思議な力で戦ったり悩んだりする物語」
である。



この分類に入ることがわかりきっている物語。
だいたい後述のリストに入ってるし。
まあそんなところで、類似点1。



類似点2

・キャラの役割


全ての物語において、役割が似すぎている。特に主人公の二人。

:男。異能。現実世界を保とうとしている。
白野蒼衣、宵本零、城島晶

:女。異能。主人公を異能側に引き込もうとする。
時槻雪乃、砧川冥子、城島硝子(舞鶴蜜)


レジンキャストミルクは男の主人公が既に異能に深くか関わっているので分類は微妙だが、それ以外は殆ど同じだと言えるだろう。
白野蒼衣と宵本零が、最初は一般人だったことも類似点と数えてもいいと思う。




類似点3

・痛い。


結構ここが重要だと思うんだが、3つの物語は全て、異能のチカラの発揮に痛みを伴うことが多い。
というか特になぜだかわからんが、女のほうがそれっぽいからいいのだろうか知らんが、女が自傷行為をやりすぎていてもう読んでいてすばらしく楽しくなってくる。

魔女カリは代償魔術とかいって自分の腕切ったりするし、
断章は痛みを炎に変えるからって自分でリストカットしたのをさらに絞ったり、
レジンキャストに至っては傷を受けた分だけ攻撃できるからって腕を切り落としたり、

まあなんにせよ痛いわけだ。



類似点4

・ツンデレ


痛い自傷行為をする人に限ってツンデレなのは仕様なのだろうか?
「ふんっ。私が何しようが勝手じゃない。そんなことより自分の心配したら?」
っていうテンプレか?
まあキャラ的に作りやすいっていうのもあるのかな?わからん。
わからんが、ツンデレと言うのは確か。
ちなみに牛乳のなかでは、もちろん舞鶴蜜のことだよ。
牛乳っていうのはもちろんレジンキャストミルクのことだよ。そんな略し方してるのは俺だけだろうがな。
あれ?魔女カリはツンデレが痛いやつじゃなかったような・・・。忘れてるわ。



まああと表紙が女一人と言うのもあるかな。
そこらへんは電撃仕様だからしょうがないとしても、




類似点が多すぎる。


似たタイプが出てくるのは別にそこまで悪いことではないと思うのだが、一番問題なのが「話が混じる」ということ。
だからオレはイメージ先行で読んでいると以前から何度も言っているように、というかさっきかいた気がするんだが、要するに、大体のイメージで把握していると細かい描写のときに困るっていうか、そういうごちゃ混ぜになりそうな感じで困るって言うか。
まあなんにせよオレ主観だし。そこらへんは他の人の意見とか聞かないとわからないことだろうしね。
とりあえず全部読んだ人がコメントしてくれるとうれしいよ。
ひとつ読んでない人でもいいけどね。





そういうことで。

ではまた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/17(月) 23:07:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きゃんぷー

日記。というかメモ。日~月曜。
仲良しキャンプ。

誰にもわからない。ホントにメモ。 追記-Postscript-
  1. 2006/07/17(月) 22:35:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卓球大会。いん春日部。遅刻。

にっきー。
例によって追記。 追記-Postscript-
  1. 2006/07/17(月) 22:23:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

涼宮ハルヒの溜息

4044292027.01._SS500_SCLZZZZZZZ_.jpg



と言うことで、二回目の読了です。
一回目の読了日はどう考えても一年以上前だと思うので、そんなことは覚えてないと意地を張って見てもいいんですが、まあ普通に覚えてないのでどうでもいいです。
言葉の使い方がなっていないと言うのは既にヘタレ小説書きとして脱税レベルに達していると思いますが、しらねえや。


ああ。
だめだ。


ハルヒってそんなに面白くないきがしてきた。
キャラで見せているっていうかね。
古泉がいいキャラしてる、っていうか洸平の本ネタっぽいにおいがぷんぷんしてるんですがどうですか? オレの深層心理。

深層心理に問いかけても答えが返ってきたらそれは深層じゃないということなので完全無欠に無駄なことに気付いたので終了。

あとストーリーについては完全に知っているので流すよ。
印象も何も無いからな。



で。


だ。



正直キョンの語りの面白さだけで何とか持ってる気がするのは俺だけだろうか?
そこまでストーリーも練りこまれているような雰囲気もしないし、
全体的にお茶を濁している感じも否めない。
お茶を濁していると言うわかりにくい表現をわかりやすく言ってみれば、
「細かいストーリーの流れと言うかそういう描写なんかをっとばして、話を先に進めようとしている行為のこと。」
つまりは、そういうこと。
わからない? もうこれ以上説明することはありません。どんまい。
とにかくそういうのに満ち溢れていて、悪く言えば、最近の作家という雰囲気で、しゃべりだけで入賞しちゃって文章力が追いついてないみたいな感じ。
俺が言えた義理じゃないがな。だが俺は言う。ふははは。


あとこれ読んでて思ったことは、そういえば絶望系もこんなかんじだったような・・・。と、そんなようなこと。
イメージとしての谷川 流とちょっと違ったかなあとそのくらいのどうでもいいことを思っていた。


ストーリーに関しては、知らない人もいるだろうが俺はそれについての印象を述べるだけだし、知ってるからそれに対しての干渉も感傷も感想もないのですまんスルー。




結局はキャラ小説ということで、典型的なライトノベルと言うそういう雰囲気の作品。



やっぱ学校の方が面白い気がするんだがなあ。



中の上の下。




ということでハル読み終わったら学校呼んできます。

ではmた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/17(月) 21:23:04|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涼宮ハルヒの憂鬱

4044292019.01._SS500_SCLZZZZZZZ_.jpg




やべえ京アニのクオリティが高すぎる。



と再確認した。ホントに。


まずもって最初のシーンのキョンのせりふの再現度が凄まじすぎてびびった。
というか全編にわたってキョンの語りがことごとくリアルに再現されていたし、声も最高にあっていたので全然違和感がなかった。というかあれ? これはほんの感想だよな? ・・・・・・まあいっか。なんでも。


アニメから原作にいくと言うなんかアニメオタクみたいな雰囲気ですけれども、オレは一応はこの作品群は溜息まではよんだことがッたんですけどね。
まあそこまででもないかな。学校を出ようのほうがおもしろいじゃん。なんでこれがにんきなんだあああ。とか思ってたのもいい思い出ですかね。

アニメ化したことによって、見かた、というかなんだ? 先入観と言うものが変化しちゃって、最初のところなんかアニメのシーンしか思いつかないくらい、アニメの声優がそのとおりにしゃべってるスピードで読んじゃうくらい先入観ばっちりだったので、アニメを原作でなぞるという行為になってしまい、少々残念な感も否めない。

アニメは原作を既に読んでいる人のためにいろいろと試行錯誤を繰り返していたようなのでもうちょっと早く読んじゃってればよかったかなあ。なんて。

憂鬱の感想になってませんが、そんなのを気にしていたら多分全身に緑の斑が出来る奇病にかかってしんじゃいますよ。いやむしろ死ね。すまんなんだかテンションと言動がおかしい。いや死ぬな。わかれ。理解しろ。分解しろ。再構築しろ。
ああああもうじょうおうおう女王。




いいかげんに、いい加減に、(二つの発音違うので注意)壊れてきたと思うのでここらへんで終わりたいと思う。






京アニ最高!!






意味不明。
評価は無し。
原作というかアニメで読んでいたので正しい評価と言うか、ああもうだめ。
アニメ強すぎる。

おやすみ。じゃあまた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/17(月) 21:10:29|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空ノ鐘の響く惑星で11

31725164.jpg

7/16 8:00、感想追加。


ごめん訂正するわ。



戦わなくても十分です。

いやい十分面白いです。ほんとに。
この面白さは普通すぎて普通に面白い。


多分、オレが気に入ってるところは、ちゃんと全員の主観の描写が入ってることだと思う。

*主観描写:その人物一人称で、感情を吐露したり周囲を描写したりすること。オレの勝手な造語。

たとえば、不思議ちゃんキャラで通したいやつがいたとする。
で、そのイメージを崩したくがないためにその主観の描写をなくす。
そうなると、読者としてはイメージが広がるが、俺としては逆にキャラクターが固まらなくてうろうろふらふらして落ち着きがないと言うか、そういう風に思えてしまう。

そういうオレの気持ちに見事にこたえてくれるのがこの作品。
しかもその明かすタイミング。つまりはそのキャラを出してから、そのキャラの主観の描写に移るまでの時間が、絶妙。
前回で、その真意を知りたかったリーブルマン博士。

さらに悪人と言う肩書きで出てきたはずのジェラルド。今回とても気になったのがこの二人の描写と言うか、主観と言うか。そういうもの。
ジェラルドは純粋に、悪の正義感とでも言うべきか。納得できる話を持ち出しておいて、実質的に悪人の立場で出てきている相手に、存在感と言うか、正当性を持たせるための描写だったが、その考えには驚いた。そうか。未来か。そういう考えもあるんだなあという。
まあ結局は最後は、「悪は悪」ということで倒されるんだろうが、まあこれでこのキャラにも愛着と言うかそういう気持ちの配分と言うか。そういうものが出来たんだと思う。

で、キャラ的に、思想的に一番俺が好きなリーブルマン博士。
仲間を裏切り、それでも自分の理想を目指そうとしているそのココロ。ゆがんでいるかもしれないが、まっすぐに、ひとつだけ。自分の探究心という欲望のために突き進んでいく彼。
そういう心意気が大好きです。
っていうかこうゆがんで曲がって屈折した心っていうのはそそられるものがあるんだよね。自分がそうなっていないと言う安心感か、はたまたその存在への憧れか。
どちらかと言うと、と言うか決まっているだろうが、憧れって言うのが大きいんだと思う。
自分と違うものの見方考え方をする存在は憧れの対照として十分機能しえるものだと思う。だからこそ、そのなかで常軌を逸している存在は憧れの憧れと言う
オレ的に大好きなきゃらです。

あとはメビウスかな。
メビウスも謎キャラだったんだが、だんだん本性を現してきた、、、んじゃないんだよね。だからこれが主観描写のいいところなんだよね。
感情移入しやすいというか、そのキャラに厚みが出やすいと言うか。下手な過去話をはじめるより全然面白いしわかりやすいし、好きになれる。
読むまでは、謎って言うより不気味って言うイメージが先行してたからなあ。
オレのイメージとしてのメビウスは、全部を全部偽っていて、本心がまったくわからないが、彼の中では殆ど全て理解できているって言うそういう雰囲気だったからなあ。

そんなかんじ。

ストーリーは佳境に入ったらしいけど、ラトロアで全部終わらせてしまうと思うとちょっと残念。
ベルナルフォンとか、えーっと、なんだっけブラドーとか・・ああもう忘れちゃったけど、最初のほうの戦乱に出てきたそうそうそうそう!! バロッサは!!??

バロッサ・アーネストは!?
彼の活躍をもっともっと読みたかったのに・・・くそおおお。
しょうがないのはわかるけど、まあしょうがないのかな


ってか、どう考えても三角関係が決着するはずないよな?

結局二人とも捨てられなくて、二人とも納得するか、
リセリナが現世に・・・帰らないな。うんそれはない。
結局二人とも幸せにーっていう結末になる可能性がぷんぷんするのですがどうでしょうか?
ほかの渡瀬さんの作品は読んでないので傾向とかわからないんですが、まあ読んでたとしてもわからないのは普通であるし、違う結末にする可能性も捨てきれないというかそっちのほうが可能性高い可能性高いんじゃないか?

とか変なこと思ってたりします。



まあなんにせよ。



上の中の上



ってことで。



ではmた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/16(日) 08:00:49|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

Fate/stay night


セイバールートクリアしました。



とりあえずそれだけ。
すんません寝かせてください。明日試合なんです。

おやすみなさい。
  1. 2006/07/15(土) 01:22:57|
  2. エロゲ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BlogPet

ほんとうは、沖山龍花は
いつもはBBさいばーだむだったんだけど、勇気を出してUGAぷらすでがんばってみましたのでいつもないものとか定番が無かったり(ベホイミとかFU・WA・RIとか)するけどカラオケなのでしょうがないね。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「臓物丸」が書きました。
  1. 2006/07/13(木) 11:24:30|
  2. BlogPet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空ノ鐘の響く惑星で10(二度目)

026461490000.jpg



ということで再読でス。
新刊がでたので読もうと思ったんですが、いかんせん忘れきっていたと思うので、流石に読んでおこうという気持ちになって再読したしだいでであります。

前回読了時のの感想

さて、上のリンク先を読まないで描いているので、感想がかなり変わるのか感性の違いか気分の違いかそれともテンションの違いか。
まあそんな些細な違いはきにすることはありませんね。俺ですし。



さて、とうとう恋愛伝記にどんどんと突き進んでいるようになっちゃいました。
俺的には戦闘シーンのほうが燃えるし好きなんだけど、まあしょうがないか。
リセリナが悟っちゃった付近がやっぱりさみしくなったんだけど、そこはほら、お姉さまの言葉も一理あると思うし、
「自分が負けてると思う相手に慰められる」
っていうのは結構こたえると思う。だって負けてるんだしねえ。

そんなわけで、恋愛モノと見せかけて最後にちゃんと戦闘を持ってきてくれたのでそれなりに満足してますよ。
だって最後とか、リカルドかっこよすぎ。いやまじで。
ああいう狂いに狂ったキャラは死ぬしかない道を歩むしかないんだろうけど、それでもなんかかっこいいからおk。許可する。

メビウスがわからん。メビウスのキャラ付けはわかるんだが、やっぱりなんか好きになれないキャラだなあと思う。多分、過去編とかやれば好きになれるのかもしれないけど、やっぱり仮面だったらパンプキンのほうが((

シュナイクだっけ?
最初、っていうか登場したとき、あの女スパイが大使かと思ってなんか混乱したというか記憶とかるく齟齬が出てびびった。まあそんなことはあるわけがないんだが、まあそこらへんは俺の勘違いということ名だけだから気にしなくて良いと思うよ。

前回読んだときは多分気付かなかったと思うが、最初に出てきたリーブルマン博士がいい雰囲気の人と見せかけて実は悪者だったっていうのはなんていうか、以外というか当たり前というか、うーん。微妙。
こいつがいる限り、フェリオたちの動向がわかっててもおかしくないという伏線だろうか? わからんが期待。

ツンデレはもうおなかいっぱいです。
もういいので、さっさと話を進めて良いですよ。
というかエンジュがもうちょっとがんばるべきだとおもうんだが。
ツンデレ比が、2:8のツンデレなんてツンデレとは認めないと何度言えば((ry





総評。

戦えお前ら



上の中の上

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/13(木) 10:33:13|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

断章のグリム2

026868680000.jpg



相変わらず楽しい物語ですね。
いいですよこういうの好きですもん。無条件で。
怖いの別に好きでも嫌いでもないけど、痛いのは読んでてすきになってくかんじかな? 感じかな?っていうか。そういう人間ですすみません。



今回も最高で最高な箱詰め人間というお話。
ヘンゼルさんはがんばって道を残そうとしてるのにグレーテルさんにひきづられて森の奥に行ったは良いが食われそうになったがグレーテルによって助かった。

と思いきやグレーテルさんが魔女だったのでくっちゃったー。


みたいな(よくわからん。




童話を対象にがんばってるんだろうが、説明がいかんせん長すぎる。
この長さは以上。
せりふとしてしゃべらせるなら合いの手が必要だし。いっそのこと地の文で通さないとこの文少量は嫌気が指してくる。というか不自然。
大田さんとかそういうキャラならまだ許せるけど普通の、しかもただの物語の聞き役というか解説役を作って、その人にしゃべらせるのは不毛。普通にせつめいせい。
ほかの人物に伝えることが必要なんならもうちょっとしっかりかこうよ。


随所で聞かれる、ファンタジーいらねえんじゃね? ッていう意見は、むしろどうでもよくて、俺としては心地いい(俺主観)描写と、無駄なまでの謎解きがあるだけでいいんですがね。
まあツンデレは、いらないですよ。正直あれはツンデレい分類して良いのかびみょうというかなんというか。すこしなんかわざとっぽさというか、作為的なものが感じられる。そういうツンデレは好きではない。

主人公があんまりかかわってないというか、そこまで重要人物じゃなかったのが残念。ほとんど、雪乃が主人公だったし。あれ?主人公が雪乃なのか? まあどっちでもいいけど。

登場人物がパーツとして使われていることが少し不服。全体的に、このキャラクターのはこの役割で、このキャラクターはこの役割で・・・って決まってて、それ以上でもそれ以下でもないっていうのが。意外性がない。
田上は記憶操作、狩野は解説役、名無しは記憶抹消、雪乃と蒼衣が主人公。今回は遥火が被害者。あとは適当になんにんかその場限りの登場みたいな。

こんなんだから盛り上がりに欠ける。
流石にホラーというか、そういう場面。まあ俺が好きなような残酷な場面では盛り上がることは盛り上がるんだけど、それだけで長続きしないというか、人間関係というか物語り上の盛り上がるところというところでの盛り上がりがなかったような気がする。



そんなかんじで。




中の中の上。





描写でちょっと評価upしときました。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/13(木) 09:42:48|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

学園キノ

026868670000.jpg



キノの旅と思って読んだ人を絶望に変えるか大爆笑に変えるか冷めた目に変えるかかなり人によって大差がありそうな本。
そんなのは百も承知なのは電撃h&pを買った人か、電撃ヴんこかったひとか、へくとぱすかる買った人。

そのうちチアフルチャーマーモモも文庫化されそうで怖い。
流石にあれは・・・ねえ。まあでもき学園キノと同じ雰囲気か。まあべつにいいか。




そんなわけで本題。


既に2話と3話は読んでたんだよね。軽く。
というか海賊本のほうだとイタすぎて読めなかったんだけど、文庫化してみたらあら不思議。しっかりよめるように・・・って思ってたらやっぱり最後のほう飽きてきて適当に飛ばした。

やっぱり、こういうはちゃめちゃものは時雨沢恵一さんには向いてない可能性が高いということがわかりやすすぎるくらいわかった。
読んでてあんまり面白くない、というか、ただはちゃめちゃなだけというか。
そんなたいそうなことをしていないような。そんなかんじ。
ネタとしては面白いんだけど、そこまでとは行かないぐらいの微妙な線。
まあ正直どうでもいいですね。


あとがきで文庫化文庫化言ってるのもリアルタイムで(って言うのか微妙だが)読んでるから、ホントニ文庫化するんだー。見たいな気持ちも合った。


キャラというかネタ的には面白いと思うんだがいかんせん時雨沢恵一さんは勢いでおすタイプじゃないと思うので、結局長所が出てこないという。
緻密なプロットで書いていく人だと俺は思ってるんで。構成の無い話は苦手だね。






内容?

しらんがな。自分で読め。



とりあえず下の上の中ぐらい










ネタだよ。ネタ。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/07/12(水) 20:56:44|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラオケ行って来たぜぜい1!

なんかいろいろあってカラオケに行くことになった。

まあそこまでの経緯とかは置いておくとして、ってまあ書いてもいいんだけどながくなるしいいややっぱりかいてやるか。
というかそもそもの元凶は微塵なわけで、自分で買えばいいものをダカーポ2を俺の高校の友達にアマゾンで購入してくれって頼んで、俺がそれをわたすというなんか仲介役というか一番ドラマとかだと悪いやつがやりそうな役回りだったわけで、月曜日に渡されてそのまま微塵に渡そうといつものおもちゃ屋に行ったらいないし、営業時間終わったから預けておいてもらって帰ったら、さりげなく微塵はバイトで俺んちまでとりくるとかいって、いやないから、とりあえずいくから、でもないってば、いやもうきたんですがががが、見たいな会話をしながら俺んちの玄関前の門のとこで30分以上暗闇の中で話した結果、楽しみにしていたものを奪われたということでなんだか翌日行く予定だったカラオケおごりということに決定したんですが。あと昼食もおごりだったし。


まあそんなこんなでどうでもいい話ですね。


フリータイムで13:30に入ったらなんだか20:00まで歌えたので二人でまた歌ってたよ。






お約束の歌った曲晒し。

いつもはBBさいばーだむだったんだけど、勇気を出してUGAぷらすでがんばってみましたのでいつもないものとか定番が無かったり(ベホイミとかFU・WA・RIとか)するけど仕様なのでしょうがないね。



幻影   KOTOKO
Last regrets   彩菜
雪華の神話   KOTOKO
Abyss   KOTOKO
遮光   KOTOKO
ひぐらしのなく頃に   島みやえいこ
Pure Heart   詩月かおり
Free Angels   KOTOKO
LOVE A RIDDLE   KOTOKO
冒険でしょでしょ?   平野綾
resolution of soul   KOTOKO
flow ~水の生まれた場所~   KOTOKO
夏草の線路   KOTOKO&詩月かおり
seed   川田まみ
レモネード   詩月かおり
You're my trdasus   KOTOKO&AKI&RIMIKKA
恋愛CHU! -Remix-   詩月かおり
羽   KOTOKO
ヒカリ   堀江由衣
Collective   KOTOKO
eclipce   川田まみ
we survive   KOTOKO
tiny days   川田まみ
Sencio   詩月かおり
KOTOKOメドレー   KOTOKO
君よ 優しい風に   KOTOKO
senssitive   KOTOKO
Birthday Song,Requiem   Lia
少年よ   布施明
夜鷹の夢   Do As Infinity
Color of my Heart   UVERworld
Asura    KOTOKO
あちちな夏の物語   KOTOKO
Wing my Way   KOTOKO
Short Circuit   KOTOKO
冬の雫    KOTOKO
Magical sweetia   KOTOKO
Lupe   KOTOKO
Feel in tears   KOTOKO
disillusion   タイナカサチ
きらめく涙は星に   タイナカサチ
マイペース大王   manzo
PROTECTION   水樹奈々
プレイマシン-custam-   水樹奈々
サクライロノキセツ   yozuca*
Faze to love   橋本みゆき
フリースタイル   水樹奈々
Immagimary affair   KOTOKO
日本ブレイク工業社歌   萬Z(量産型)
昼下がりの午後   川田まみ
琥白    KOTOKO
ハレ晴レユカイ   ハルヒ&みくる&長門
save your heart   KOTOKO&詩月かおり
テルミドール   水樹奈々
BRAVE PHOENIX  水樹奈々
Gratitude~大きな栗の木の下で~  KOTOKO
The place of happiness   水樹奈々
あの日の君へ   KOTOKO
Close to me...   KOTOKO
Trust You're Trusth   KOTOKO
RETRIEVE   KOTOKO
オトコノコ、オンナノコ   小倉優子
Raspberry heaven   Oranges&Lemons
Take a shot   水樹奈々
消えない想い   詩月かおり
鯨   Buzy
創聖のアクエリオン   AKINO
風のたどり着く場所   彩菜
残酷な天使のテーゼ   高橋洋子
Lament   KOTOKO
eclips   川田まみ
ひぐらしのなく頃に   島みやえいこ(二回目)





UGAつよいよUGA

ひとつひとつコメント加工かと思ったけど多すぎてやめた。
途中で寝た気がするがきにしない。

フリースタイルとテルミドールが歌えたのは結構すっきりした。

つか何曲だこれ? 多分70は超えてると思うんだが。




あー。6時間半歌えれば満足ですよ。
っつっても二人ともだいたい70%ぐらいしか歌ってませんがね。

それぞれテリトリーというか、歌えるものがあるんで、俺はI'veそこまで知ってるわけじゃないし、アニソンは微塵知らないし・・みたいな。

あとヒグラシ怖かった。うしろで流れてた映像が怖かった。そこはまあうがだから、毎回変わっちゃうから見れないだろうけどね。

真面目に怖かったよ。




じゃあそんなところで記事延びましたがきにしない。



ではmた。
  1. 2006/07/12(水) 20:18:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いやっほい秋葉原に行ってきたぜ。しちがつここのかだよーんにょろーん

今回の目的はこれ


7/7 金曜日発売だったんで、当初はなんかテストが終わった11日に行こうか、って微塵と相談してたんだけど、「それじゃ絶対間に合わないし、テストとかどうでもいいんだから日曜日行こうぜ」

ってことで、いってきました。

追記-Postscript-
  1. 2006/07/12(水) 20:15:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

スモークチーズはあるかい

やっと直りました。ネットにつながりました。

記事二つ分で終わったことだと思うなら、その時間差を見るといいと思います。

もういやです。早く自作でも作って快適に過ごしたいです。

おかげで、秋葉レポートもかけないしカラオケレポもかけないしDragonic flowerの短編を望にあげるはずだったのに微塵も進んでいません。


もういやです。せめて1時間半は寝かせてください。






おやすみなさい
  1. 2006/07/12(水) 05:08:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

にょろーん

今度はネットに接続できなくなりました。

頑張って直してきます
  1. 2006/07/11(火) 22:10:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リニューアル。

どこがリニューアルしたかは、ブログの説明というかサブタイトル的なものを見ればわかると思う。

てかリニューアルしたことに気付くかどうか。

本文しか読んでない人には関係ないけどね。


あと、秋葉原行ってきました。もうちょっと落ち着いたら描きたいと思う。


とりあえず、今最優先は数学の課題。
まだ終わってないんだよな。明日なのに。
買ってきたらきすたとかNHKとかされ竜漫画版とか読んでて・・・すんません。

さあ。とりあえず終わらせるか。






英語2は捨てて・・・。
  1. 2006/07/09(日) 20:55:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。