電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダブルブリッド1

000048080000.jpg



正直、ここまで凄いとは忘れていた。




やはり金賞は違うね。どっかのゴーレムなんとかなんかとは比べ物にならないくらいの完成度。
ホントに最高だわ。

真面目に行きますね。



太一郎と優樹の愛が根本にある物語と見せかけて、絶対に実ることの無い片思いと傷つけられる少女の物語。

すでに二回目か三回目の読了なので、簡単に。


気に入った所がかなりあって、
・設定を全く説明せずにいきなり差し込んで、あとから補足程度のちょっとした解説を独白させるだけで、その詳細をむりやり強要しない。
・戦闘時に、傷つくことを完全に当然のこととして、あまり大げさにとりあげない。(優樹だけかと思ったが、4巻まで読んで、他の人間も同じような描写になっている)
・まだ入賞が決まったわけでもないというのに伏線を多用している。裏設定がしっかり出来ている証拠。
・優樹が基本的に余裕を持ってるように振舞っているというキャラ付け。
・浦木という仮面をかぶった最高のキャラがいる。
・戦闘において、心情描写があまり多くない=戦闘に熱中できる。


などなど。
中村さんは最初からこのクオリティで、鬱コースまっしぐらで、すでに9巻まで出していますが、そこで終わりなのではやく次のを出して欲しいです。




で、再びもどって内容。



 いきなり戦闘っぽいところから始まったのはかなりいい。興味もわくし、最初に強さとやさしさと弱さを見せておけば、その後の性格判断が容易になる。
 そして、さらにそのヨーウィーすらも伏線としてつかっているあたりが凄い。最初の事件が最後までつながっているというのが好感。また、コーヒーを投げてカメラをぶち抜いた描写を一章に入れずに二章で回想としてだすことで、後日談としての要素を強く主張しているのがいい。

二章
「反省はしているが後悔はしていない」
 のちの太一郎にかかわる重大なセリフをこの序盤から入れることで、その効果をあげている。というか良く考えたら、これがあったからあとからいくらでもこれでいじることが出来たんだろうなとも思う。ここですでに伏線のオンパレード。虎くん、大田、八牧、帆村がしっかり出てきている。ここら辺凄い。口調が全く変化してない点から見て、ちゃんとこの時点できゃらは出来上がっていたんだと推測。
「~~はまだ知らない。」
という文句はダブルブリッドで常套句となるが、この時点でも発揮。
あと、太一郎の優樹への不平などを見せておくことで、心情の変化を分かりやすくしていると思う。


3章
退屈で人は死にそうだが(ハルヒが退屈だったら周りの人が死ぬ)。・・・ごめんなさいなんでもないです。
組み手を通じて太一郎の性格をさらに優樹が知ることになる。
そして思い出話から昔のことを思い出し、そこから次の章の高橋へと繋ぐ。


4章
高橋登場。戦闘への入り方が自然で、なめらかで、なおかつ唐突といういい感じの雰囲気で入ったから、突然起きたという描写がかなり上手くいってると思う。
そしてグロいのが一番前にでてるところ。目をえぐって眼球を取り出すという最強の技を使ってるあたりが凄い。
あと怪の説明も入っていたが自然で読みやすかった。


5章
高橋との戦闘。そこから高橋の死へ。
なめらかに物語が進むのがいい。ひとつひとつ独立してるけど、優樹は怪我をしても休まずにどんどん次へといくから更に悲惨な状況になっていく。かわいそう。だが、そこがまたいい。


6章
付け足したような感じのする章だが、全然そんなことはなく、ヨーウィーや浦木を出すためにしっかり使っている。
研究所の所長が、この一回しか出てこないというのにかなり強烈な印象をのこしているあたりキャラ付けがわかりやすくていい。
戦闘はあいかわらず傷などをほとんど気にしない書き方で、読んでて痛いのがポイント。
 変身というか変態というか。
正直、イメージしにくいんだが、それも含めて固定したイメージを持たせないために、ただの恐怖の対象とするためにあえて挿絵をしなかったのかもしれない。知らないけど。


終章
最後の絵が神。
あれ一枚でホントに感動してしまった。
頭に触れてるのに拒否しないのはないているからか。
まあそこら辺はしょうがないと思うけどね。




総評。

上の中の上



ホントにいいわこれ。
最高です。
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/05/06(土) 21:25:34|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴーレム×ガールズ

026060220000.jpg



ナンノエロゲデスカコレハ?


このネタくささ満点のお話は何故賞をとったのでしょうか?
本気で疑いたいです。しかも2巻まででてるという・・・。一体・・・。


ホントに何がなんだかわからなかったです。

とりあえずこれを読んだ動機は、絵師が奇蹟の表現の人だったからという理由で微塵が購入したのを借りて読んだとそういうだけの話なんだけどね。




内容行きますか。

4章構成・・・だった気がするんだけど、正直3章まではまともに読めました。
読めたって言うか、ここまでだったらまあいいかなあって。
文章力はかなり低いけど、感情表現はかなり出来てると思うし、それなりに話もいいかんじだし・・・・・・・・。


っていうのが一瞬にして崩れ去った4章。


いままでの伏線とか何から何まで跡付けっぽいかなり無茶な設定でずんずん突き進む。人が話してる時間が長すぎるというか、説明してるのに相槌もうたずに延々と1ページ分もしゃべられた日には読む気も無くす。
ありえないほどの展開。なんですか? いきなり。
態度が違うと思ったら接触がどうとか、交わるのがどうとか、爆弾発言から始まって一体何なんだよこの展開は。しかも行ってるのがいままで伏線も何も無しでこの話から出てきた変な人だしお兄ちゃんとか口絵にあるのに出てきたのは半分以上過ぎてから、もう終わりに差し掛かってるときにネタバレみたいに出てきてしかも結末は一体何が言いたいのか、まったくわからない。
「所有されたい」
っていうからには、オレはてっきり主人公が自ら死んでゴーレム化することで、所有者としての自分と所有物としての自分を作り出すという鬱まっさかりのテンションかと思ったらなんですかハッピーエンドって・・・。


もう読んでた時間が無駄に思えてきました。



下の下の中。



捨ててもいいけど、絵が綺麗なので捨てるのはもったいないかな。
というかそれ以前に微塵のなんだけどね。


そんなところでではまた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/05/06(土) 20:38:52|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

閉鎖都市 巴里<下>

000009080000.jpg



※忘れているので短いです。


もうだめです。

このシリーズのレベルの高さはありえません。



全体的にいい。


やっぱり戦闘はかなり面白かったのだが、最後のシメの戦闘が、ベレッタじゃなくてロゼッタというところが駄目だったと思う。あれはちゃんとベレッタに決着つけさせてやるべきだったんじゃないかなーと思ったけど、まあ一応は最強だし、しょうがないかなあなんて。

ということで戦闘シーンの記述というか、その隙間にはさまった0,00001秒後に再接続しますとか。そういうのも要所要所にあってオレ的には好み。

フィリップが好き。
ああいうキャラは読んでて飽きないのがいい。
死んじゃったけどまあそこはまあ置いといて。

黒龍が最後の方に活躍していなかったので残念。
というかさ。黒龍って関係してるのかな? クロニクルと。まあそこらへんは適当に。



あんまり覚えてないのでここら辺で。


上の上の中。



短くてすみません。
ではまた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/05/06(土) 20:11:07|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。