電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またどうでもいいことでも。

なんかまとめてみたには見たけど、よく考えたらまとめスレがあるってんだからやる必要はないよな。
ただ自分の意見のまとめ的なものになっちゃっただけだから読んでる人にとっては前の意見の方が分かりやすくてよかったかもしれない。まあどっちにしろやめさせなきゃならんのには変わりは無いけどね。

ということで、最近集めたネタ一気に放出。
うりゃ。


ちょwwwwwハルヒwwwwwww外人っww



ここまでおおっぴらにやられると逆に凄い。


ツン奴隷
ツンデーモン
ツンゲロ
ツンピザ
ツンドロ
ツンデル
ツンディアン


もうなにがなんだか・・・




意外に少なかった。まあいいや。

べ、別にサボってたわけじゃないんだからねっ!




ではまた。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/21(金) 23:20:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロリコン完全否定についてのまとめ。

とりあえず風邪もひと段落したのでまとめということで。


http://www11.atwiki.jp/stop_kisei/


さて。今回の話の問題点をまとめてみよう。

警察庁が2006年4月10日に、
「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」
というものを設置。

* 未成年者の「ゲーム脳」ないし「ゲーム依存症」について
* 架空の児童に対する性表現について
* 業界に対する監督指導体制について



の3つについてが、この研究会で議題に上げられる。

まずゲーム脳についてはWikipediaを見ればすぐにわかる。
下のほうにスクロールしていけば分かると思うが、リンクをたどるのもめんどい人のために一応解説しておくと、

・ゲーム脳は森昭雄と言う人が提唱したが、この人は脳神経学者という肩書きでよく登場するのに、実際は文学部出身の上、医学転向したが、それでも運動生理学である。
・ゲーム脳の一般理解は基本的に「ゲーム脳の恐怖」という森氏が書いた本が元になっているが、この本自体に信憑性が無い。(それについてはWikipedia参照)
・また、以上のことからゲーム脳については未だ確かなことが言えるはずもないのに、何故か議題に上がっている。

○ゲーム依存症を議題に上げるなら、何故それ以前にアルコール依存症やギャンブル依存症が問題とされないのか。



二つ目の架空の児童に対する性表現について。

・架空であるのならば、現実とは区別しなければならない。架空のものを現実の法で裁くこと自体に問題がある。
・反面教師的な効果や、また、代償行為的価値を完全に無視している。(代償行為=極端に言えば、二次元で満足するかわりに、犯罪を犯さないということ。)
・表現の自由を著しく侵している。性的表現の可能な芸術作品という見方をまったくしていない。


三つ目。業界に対する監督指導体制について。

・論外。
・法律で定められていないものについて監督しようということは、既に法案成立を前提とした考えであり、この議題は無意味。




そして、一番重要なこととして、

この研究会の構成員で、反対派が16人中1人。





もう話になりませんね。
完全に舐めきってます。殺したくなって当然ですね。
オタク業界追放のための法律としか思えない。



そして、基本的なこととして、





(1)児童への性犯罪はメディアの発達していない昭和30~40年がもっとも多く、メディアが発達するにつれ減少している。
(2)アメリカでの前例、禁酒法のように規制が逆効果になる場合がある。
(3)教師や社会的地位のある人物による買春・少年少女への性犯罪などの方が遥かに発生件数が多く深刻である。
(4)メディア規制が性犯罪低下に役立った実例は、世界中何処にもない。





ということがある。





いづれにせよ、今回の法案は完全に無意味であり、害しか生み出さないことは確実である。






そしてさらに問題なのは、これを報道した日本テレビの報道。

http://youtube.com/watch?v=4CYHVsKzSow


おとといの記事で見た人も多いと思うが、これについて問題も大量にある。

一番問題なのは
・「可能性」などと不確かな言葉を使って曖昧にごまかしているが、具体的な数値となると、何一つ提示されていない。
・コメンテーターに反対派が一人もいない。



典型的な偏向報道であって、報道の公平性を乱している可能性が高い。

どれだけオタクが有害かという印象を視聴者に植え付けることだけを
目的にした典型的な捏造報道である。








以上のことをふまえ、抗議メールの送信など反対運動をしていくことが一番有効な対処手段だと思う。

めんどくさい人はとりあえずリンクを張ってくれればいい。

http://www11.atwiki.jp/stop_kisei/


上記のページが一番いいと思われる。


このページをリンクしてもいいけどね。
トラバとか大歓迎ですよ。





というか、

警察は本当に何をやっているんだろうか?

<終わり>


※追記は参考リンク先
追記-Postscript-
  1. 2006/04/21(金) 20:43:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。