電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

影響度テスト

影響度テスト

※すまん。なんの影響度か書くの忘れてた。
サイト、ブログの与える影響度だそうだ。高いとどうなんだろ?よくわからん。いろいろ影響するってことじゃね?
まあ適当に。




My influence

[2515.7]



リンクはこちら

っていっても比較対照がないからわからん・・・。

さて。

暇なので。




別の人のも勝手にやっちゃいますか!!!
追記-Postscript-
スポンサーサイト
  1. 2006/04/16(日) 22:12:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

うわおいちょまっ!!

水瀬さんの次は吉田さんですか・・。

びびりますよやっぱ。


というか作家さんが読んでるとかほんと真面目に書かないとやばいんじゃね? と、WWの感想を思い出してみた。というか見返してみた。

そのときの感想







古本屋ぐらいなら買う価値アリ

古本屋ぐらいなら買う価値アリ

古本屋ぐらいなら買う価値アリ


やべぇ。調子乗りすぎた。
これはマジでやばいですぜ。

ほんとどうしましょうか?

履歴からむこうにもいっちゃったから、向こうにも履歴が残っちゃってるんだよね。
というかとはまたくる可能性も無きにしも非ず。うわー。



もうなんでもいいや。



どうせこの文体を変えるつもりも無いんだしね。
適当に続けますわ。
まあ、成田さんとかは来ても大ジョブですよ? 褒めちぎってますから。というかかなり最高ですから。それでもだめか? だめだな。


そんなわけで。
このブログもなんかそろそろHIT数12345になるころかな。一日100HIT弱だから(昨日は100ジャスト)だいたい火曜日かな。こんどこそ。だれかなにか・・・。踏み逃げしないで頼みます。
そのために少しカウンター大きくしましたから。


そんなわけど(そんなわけだけれどの略。)、まあテンションはこれでも結構高めなので、日記とか追記で書いちゃうよ。


では。 追記-Postscript-
  1. 2006/04/16(日) 21:18:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9S 7

026579340000.jpg


凄いな。ほんとに。

やっぱり電撃のベテラン陣は凄いね。
最近読んでなかったからその凄さを忘れてたよ。


まずもってしょっぱなから黒川の過去篇。
これが入ったことで、あとがきでも言ってたけど、全員を好かれるキャラにするという過程をちゃんと踏んでる。
前巻、前々巻と、黒川はほとんど悪役のみに徹してきてたから、ここで少し株を上げておこうという魂胆だろうが、



いや持ち上げすぎだろ・・・。



やばいですよ、黒川もかっこよく見えてきちゃって、6巻最後のほうのイラストのイメージなんか完全に払拭されちゃうくらいにかっこいい方向にイメージチェンジしています。
たった数ページでここまでイメージが変わるとは正直思ってなかったので本気でびっくりです。


で、そこから闘真の戦闘が始まると。
戦闘シーン的には、闘真がどんどんなぎ倒していく所の方がおもしろかった。つか、あの素手のよくわからない七つの大罪だと思われる人(印象薄くて覚えてない)と女の人(同上)がいきなり出てきて、しかもなんか素手のほうは闘真を追い詰めてるとか、ちょっと闘真があせったりしてるのをみるのはあんまり好きではないんですが、まあよしとしましょうか。

それでも、
解毒剤を落とすくだりは流石に御都合主義というかありえないだろみたいな。最初由宇が撃つのはその解毒剤かとも思ってたんだが、なんかスイッチだったし。むしろそれにからめて、飛び出した戦闘機にひっかかって解毒剤を落としてしまったって法がまだ納得できたかもしれない。やっぱわざとらしいのはあんまり好きではないです。

んでもってADEM編の真骨頂というか最終局面ですね。
ルシフェルも麻耶もがんばってましたがやっぱり最後は八代っちでしょ。


っていうか




この巻の主役は

  八代だろ!?



かっこよすぎです。
最後の最後とかなんですかあれ。
いや本気で。真面目に。なんですかあれ?


かっこよさすぎです!!




もう八代最高です。
いままでの性格からしてすでに最高でしたのに今回のこれでもうトップです。9Sで好きなキャラ第一位です。当然です。



あー。マモンとかサタンとかどうでもいいや。




八代!!




最高!!!





テンションがやばいですがここらで。
ではまた。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/16(日) 12:48:20|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。