電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6500円

この前さ、バイトやったって言ったじゃん。
まあしらない人もいるだろうけどさ。

で、

学校一回休んだ日の日給は6500円だったわけ。





6500円だったわけ。







6500円だったわけ。



でね。


















dengeki.jpg

dengeki1.jpg

dengeki2.jpg

dengeki3.jpg




買ったよ。



何の躊躇も無く買ったよ。










(とうとうフィギュアに手を出したか阿呆め)







で、届いたから追記でその後のことを。

追記-Postscript-
スポンサーサイト
  1. 2006/03/31(金) 19:59:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

トダカ一佐

image288.jpg



絶対、死種で一番かっこよかったのはトダカ一佐だと思う。




28~40まで、切り取ったりキャプったりしながら見てました。

ああ、やっぱトダカさんかっこよすぎる。


泣いたもん最後のところなんか。



ああもうだめだ。
吉良も秦も阿修羅もダメだ。



次回作ではトダカ一佐の回想シーンをぜひ!!



どうでもいいですね。では。
  1. 2006/03/31(金) 18:43:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

舞乙

舞乙OP

※upしなおしました

歌の名前は覚えてない。
まあいいよね。

最初の部分がいちばんかっこいいから見逃さないように

というかそこだけのために作ったと言っても過言ではない。


ETERNALの次ぐらいの出来


では。

テーマ:機動戦士ガンダムSEEDDESTINY - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/03/30(木) 22:36:38|
  2. MAD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

成分解析

これ。


いろいろやってみた。
(そんなのやってる暇あったらやることやれ 追記-Postscript-
  1. 2006/03/30(木) 21:15:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

小さな国の救世主―なりゆき軍師の巻

026284410000.jpg


ん、いや微妙。

中盤までの主人公の思考がなんとも気に入らなかった。
というかなんだこれは。わざとらしさがぷんぷんする。


あーなんだろ。こーご都合主義というか、なんか後半のサラサの2ちゃんへの納得の仕方がおかしいと感じた。

まあ戦いの所はあいかわらずおもしろかったけど他はちょっと・・・。


鷹見さんの主人公はもうちょっとこう、自分の意思を持った強い人間の方が動かしやすいと思うのだがどうだろうか?


まあかんけいないけどね。
戦闘シーン、というか戦争シーンは全体的におもしろいし、大逆転の展開も面白いから許せるんだけどやっぱりいかんせんわざとらしさがのこって、やっぱりこれは人が作った物語なんだなあって思ってしまった。

まあそんなとこ。




中の下の下。
  1. 2006/03/30(木) 11:16:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BlogPet

昨日、沖山龍花が
それが日曜日の夜遅くそれまではそれで行こうとしていたのだが、いかんせん出発が似てない気がしてならなくて変更。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「臓物丸」が書きました。
  1. 2006/03/29(水) 12:57:11|
  2. BlogPet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

部活動での三年生を送る会。

月曜日に三年生を送る会をしました


なんかね?


芸を一発やらないといけないという最強の義務があったわけよ。




何の話かっていうとタイトルどおり三送会のことなんだけどさ。

で、一週間ぐらい前からそのことを言われてて、

なんか毎年恒例みたいなのね。

で、去年先輩たちが何やったか訊いてみたら、


・わさびチューブ一気飲み(二人やってひとりは二本も飲んだ)
・漫才
・なんかいろいろまずそうなものを混ぜて飲む
・サイダー一気飲み

とか言ってたのよ。



まあそれでも余裕こいてて、本格的に動き出したのは土曜日になってからで、
土曜日の部活の後に

「なぁ、どうするよ?」
「やっぱおんなじのかぶっちゃうのダメじゃね?」
「じゃあ代表でて。二組が食べ物系な」

ということでじゃんけん。
まあ例によって例の如くオレは組む相手などいないので一人。

白熱したじゃんけんは4人しかいないと言うのにすでにあいこは10回に達しようとしていたその時、









ということで何か芸をやることになりました。








あれだ。まず最初に考えたのはものまね。



マスオさん(サザエさん)vsビクトリーム(ガッシュベル)



ネタ。
なのだが、誰も気付いてくれそうに無いのと、若本ボイスはオレには無理だと言うことが判明してやめた。

ただしそれが日曜日の夜遅く

それまではそれで行こうとしていたのだが、いかんせん声が似てない気がしてならなくて変更。


どうするどうする!?
もう1時を回った。やばいまじでこれはやばい。

そう考えた俺はもうどうしようもないと思い、


「そうだ、ロンダートからバク転やって終わりにしよう!」


ホントは別に芸じゃなくても良くて、驚いたりしてくれれば良かったので、それで行こうと思ったんだよ。でもさ。




こわいじゃん?



三ヶ月ぐらい前にバク宙やって記憶なくした俺にとってバク転ですら怖いわけですよ。さあどうします? 
ということでネットでバク転のやり方というかコツを検索。
調べて見つけて実践、、、と言いたい所だったのだが、



当然やる場所があるはずも無く、



やむなく断念





どうするどうするどうする!!!??



もうどうしようもなくて一発芸で検索。
宴会芸とか手品とか、火を噴くやつとか裸踊りとかうああああああああああああああああどうすっれっばああああああああああああ!!!!


と、

ある文字が俺の目に写った。








ヒロシです








コレだ!!
コレしかない!!





急遽検索。

「ヒロシ ネタ」で探しまくって個人で作った雰囲気の面白いやつをピックアップ。
自虐ねネタといって思いつくキーワードは「オタク」


そうだよ、オレには「オタク」という重要なキーアイテムがあるではないか!



その思考のもとにばしばし探す。
最高なのもあったが、意外と見つからない。


気付けばすでに3時・・・。




やばいこれはやばいとりあえず明日に任せて寝る。





そして迎えた当日朝。
再び全速力で検索。

同時並行で自分でもねたを作りまくる。
普通のレポート用紙に1行1ネタで紙がびっしり埋まるほど書いた。

さらに同時並行でCabosでヒロシのテーマを検索。
「ガラスの時間」と言うタイトルを知り、

「ガラスの時間」「ヒロシ」で検索。
片っ端からDL。


なんとか時間ぎりぎりまでに落として焼くことに成功。



全速力で出発





さて学校に着いたわけだが、そこからはだいぶ時間は余裕で、
会場準備とかしてたけどたいしたことはなくて、先輩たちが来るのも遅かったこともあって、時間はあったのだが緊張しすぎてやばかった。


んで三年生入場。


もう緊張しっぱなし。
開式の挨拶
はじめの言葉
三年生の一人一言紹介

のあとに、とうとううちらのねたが始まる。


順番としては2番目。
土曜日についでにやったじゃんけんで決めていた順番だ。
そして最初の組が始まった。



「今日は君たちにマジックを見せようと思う」

そういって2人出てきて、

「まずはこの食パンを消すよ!」




はい。食べました。食べてましたけど食べ切れてませんでした。


二人目は卵を飲んでました。

6個飲んでました。

かなりきつそうでしたがなんとか飲みきれたっぽいです。



そしてオレ


めっちゃ緊張してましたよ。
どのくらいって?

前に立ったら完全に足が震えてもうどうしようもなかった。
やばいやばいってぐらいにガクガクブルブルって真面目にそんな感じ。

はーおちつけおちつけおちつけ。

とりあえずはCDをセットだ。よしOK。


再生・・・


いやちょっと待て深呼吸だ深呼吸。
ここであせってもしょうがない。
とりあえず机の上にネタのメモを置こう。



・・・おし。再生・・。



















ねたが終わりました。

あとのことはもう知りません。
覚えてますがもうどうでもよかったです。

ほんとに緊張しました。
やばいくらい緊張しました。
こんなに心臓やばくなったの久しぶりでした。



でも結構ウケてたのでよかったです。ではまた。




追記でネタを公開します。
使いたい人は何かで使えばいいと思います。

ではまた。 追記-Postscript-
  1. 2006/03/29(水) 08:52:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

一足遅いバッカーノ!ドラマCDの自慢。

土曜日には届いてたんだけどね、

その後のテンションが微妙で記事が書けてなかったので、今凄い微妙なテンションで報告。

追記で。 追記-Postscript-
  1. 2006/03/29(水) 07:49:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

るーぷ

Lupe


正直、最初のところが上手くつながるかを試すだけだった(発進>回転>手前に向かって飛んできて>ファイナル+のやつ>両手で二発打って>タイトル)のに、ついでだからと言う理由で最後まで作ったために結構適当。

途中、完全にリズムが崩れててどうしようもない。


beingレベルの駄作。でもup。

テーマ:機動戦士ガンダムSEEDDESTINY - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/03/28(火) 23:17:22|
  2. MAD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すみません。なんかテンションが上がらないんです。記事を書く気力がわかないんです。すみません

そんなわけで溜まってるネタをメモ程度に。
予告みたいな感じ? いやメモだな。

・バッカーノ!ドラマCD
・電撃フィギュア
・部活三送会
・部屋の掃除
・なりゆき軍師感想
・漢字バトン(一体いつのだと
・MAD、Lupe。
・10000HIT 記念でなんか。
・ガンダムWAR はじめました。 
・弟のブリーチ大会報告
・弟の英単語練習について。
・ファサリナ


あー。多すぎるね。12とか。ためすぎです。どうしようもありません。
とりあえず明日も部活なのでおやすみなさい。


あ、そうそうキリ番踏んだ人。ほんとに教えていただければ。
小説のリクとかくれたら本気で書くので


ウェブ拍手ででも。  




では。
  1. 2006/03/28(火) 01:24:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

リンク一掃しました

なんか無意味に多すぎる気がしたので、
独断で、更新速度の遅い順で消させていただきました。
すみません。

本来ならばもう少し早くお知らせするべきでしたが、遅くなってしまって申し訳ありません。


これからのリンクの方針としては、親しい方を基本としてリンクしていこうと思います。

なにとぞよろしくお願いします。


ちなみにリンクフリーです。無断で構いませんが、コメントでもしてくれるとうれしいです。



追伸。

カウンター、明日あたりで10000いくと思うのでキリ番踏んだ方は連絡ください。
なにか企画しようかと思ってます。

では。
  1. 2006/03/26(日) 22:19:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ライトノベルについて少し考えてみた

そるさんがやってたから自分もやる。
別にいいさ餓鬼っぽくても。思ってることを俺は言うだけだ。
逐一そるさんを引き合いに出してしまうが、非難しているわけではもちろん無く、反対意見を述べようと思っているわけでもない。ただ、参考として使わせていただく。失礼します。



さて。
ライトノベルを何に分類するかという議題がある。その媒体が文章であり、テキストであるならば、それは文学であろう。文学の定義はわからないが、ただ、文学はマンガとは一線を画しているということは大事な事象であると判断する。

その媒体を位置から作り、何も無い世界に何かを生み出すと言うことでは共通だが、そのイメージとしての固定度がまるで違う。

人間の周囲の判断能力の割合から考えたとき、視覚の占める割合は実に8割にも及ぶ。実際にその光景を見なくても、絵さえあればいくらでも補完できるし、それこそが、絵の利点である。

逆に小説は、あくまでその世界を作るのは自分である。
小説は読者が世界をつくり、マンガは作者が世界を作っている。




ここで問題としているのはラノベに対する、イラストの占める価値的割合ということだ。



別の言い方で言えば、イラストはラノベにとってどれだけの価値があり、どれだけの重要度を持っているかということだ。




俺は、以前言ったように1:1であると考える。

本来文学であった小説が絵つき小説になり、さらに時代を経て(かなりの短期間だが)ライトノベルとよばれるようになった。

絵つき小説というのはつまり、挿絵の付いている小説。つまりは本来ならばテキストが主体なのだから、実際2:1、3:1、でテキストを尊重すべきだがあえて1:1を主張する。

二つの理由からの結論だが、

一つは、前述の視覚からの影響力について。
当然、視覚から入った事象は最優先で脳内に取り込まれて、それを基盤に世界が作られていく。その過程を踏むのであれば、まず最初に必要なのは絵だ。
つまり、絵の価値はそれほど高いと言うことえあろう。



二つ目の理由として考えられるのは、やはり娯楽としての読書というところに終着する。



ここが根本的に俺とそるさんが違っている所であろう。



俺が本に求めるのは楽しさであり、面白さであり、気分の爽快さなどだ。
読書と言う行為を通して行っているのは、ストレス発散であり、それこそ娯楽の一つ、テレビを見る、マンガを読む、ラノベを読む。そういうことだ。


ここで、俺の悪い癖として、情景描写を軽々しく飛ばすというものがある。


何故か。

理由としては、テンポの遅延がある。
これはまあ作者によっては重大なことなのだが、変に設定を読み込んでいると、その時点に時間がかかってテンポが途切れるのだ。作者としては、その情景描写で全てを把握してほしいのだろうがそれは無理な話だ。
正直な話、俺としてはその場で重要なことさえわかればいい。
「天候」「季節」「場所の名前」
そのくらいか。あとはその場所は自分の知っている空間に置き換えて考えてみる。無理だったら知っている空間に手を掛けてその通りにしていく。
この瞬間で俺の脳内ではその情景が「創られて」いくのだ。だから、そこで、「絵」と言う媒体が存在するならばそれに依存し、その、作者にとって正解にちかい世界を享受する。

また似たようなので、意味不明に長い世界観の設定は飛ばす。(でもその場合後で困ること多々。ただ、情景は飛ばしても困らないことが多いので、世界観に比べたら軽く見ている。)

そして世界の様子は絵を見ればわかることなのだから。

ただ、最初に読んだのが青い鳥文庫、次がラノベとあって、その後も9割の読書がラノベである俺にとって、普通の小説では、想像力が足りないと言うことが多々あり、そのときにもこの手法をとってしまうのでかなり困ることがあるがそれはまた俺の話。


閑話休題

ここで、情景描写が絵に頼りきりになり、テキストでの表現がおざなりになってしまうということがおき、それによリ文章力が低下する・・・。たしかにその通りそるさんの言うとおりだ。


そこで、考える。

文章力の低下はしょうがないが、たとえば、絵と文章がある。

そのキャラのかわいさを全力で文章で訴えたのと、
七草さんに頼んで萌えキャラを描いてもらうったのと、

どちらのほうが説得力がある?(完全に俺主観です)
当然、絵のほうがわかる。説得力がある。つまりここで、

「特徴の描写を読み飛ばす」という働きが俺には起こる。


そうやってエンターテイメントの行き着く先として、共生としての絵と文章が出てくる。つまり互いに助け合わなければ販売できないという事態になってしまう。そのくらい現在のラノベはイラストに依存しているといっても過言ではない。


たとえば、バッカーノ!。
正直、絵が無かったらあの小説は俺には無理です。それぞれのイラストによって個性が確定され、それによって読者のイメージに加速がかかり、そしていちいち登場したシーンまで戻らなくても、口絵を見ればかなりわかる。

それこそが本当のラノベではないか?


いや違うな。ラノベとしての代表格と言うほうがいいか。



ラノベにおける絵の必然性を軽く説明したが、絵が必要だからといって文章力の低下が許されるわけではない。




ただ、この問題に関して、重要なことがあると思う。


最近、文章が絵に負けていると言う作品が多すぎる。
特に一般に言う萌え、というものを意識した作品でその傾向が顕著だ。つまりは、絵主体、1:2、1:3のライト「ノベル」が誕生している。

絵が勝っているのではない。文章が負けているのだ。


コレは本当に由々しき事態で、しかし、これが絵いりの小説の弊害か、と言われればそれはまた違うと思う。



問題は出版社、果ては読者に存在する。


現在、保守派のラノベはもう見捨てられる傾向にある。たとえば、今、スレイヤーズ級の作者が電撃大賞に応募しても、入賞すらしないかもしれない。

今出版社が求めているのは、確実性のある順当なベテラン作家ではなく、常に新しいものを生み出そうとしている心を持った向上心のある若者なのだから。

まず選考基準として、一定以上の文章力が求められる。
ただ、この「一定以上」はそこまで高くない。なにせ新人なのだ。これからの成長の可能性を潰してしまうのは防ぐだろう。

また求めているのは新しい発想。既存のラノベの概念から外れたような、今回の電撃大賞で言えば「狼と香辛料」のようなものである。


ここで読者が登場する。
何故、そのような状況に陥ってしまったかと言えば、当然、もう古いネタは売れなくなってしまったからだろう。使い古された昔々のSFなどは、それこそ偉大な先輩たちが描いたものばかりだったりする。

つ ま り だ 。

新人程度の腕じゃそのレベルには勝てない。
同じネタじゃ勝てない売れない。
ということは新しいことをするしかない。

そうして今の市場は出来上がる。



困ったことに、そのようにして発行された本は毎月、大手の数レーベルだけでも50はいく。つまりそれだけ乱雑に発行された本は、それだけたくさんの人にわたる。それだけたくさんのニーズにこたえられる。

ニーズにこたえるという需要と供給のバランス。
そこにも大量発行の意味が隠されているように思う。




結論がまとまらない・・・。
まあいいか。


だらだらいくよ。


問題ごとにまとめないで話を進めた結果、脱線しまくってますが戻します。


ラノベとは何か。

イラストとは何か。

人がモノを書く時、そこに心がある。その心のベクトルについて考えた。
何か主題を考えてエンターテイメントを作る人と、
笑いを考え、楽しませることを考え、読者を喜ばせることを考えながらエンターテイメントを作る人では、心の動きか方が違う。

自分中心か他人中心か。

自分中心というのは自己中心的性格のことを言っているのではなくて、自分の中の書きたいものを描くということを生業としている人のことだ。
つまり、「コレをかきてぇ! よし書くぞ!!」と思って書く。
後者のほうが最初に考えることは、「どういう展開にすればこの本は売れるか、人気が出るか」である。


売れないのも当然だろう。

そういうことで、俺の望む娯楽としてのラノベが生まれると、そういうわけではない。そういう人が安易に萌えに走り、安易に戦闘に走り、主題に重きを置かず、セリフを多用することでキャラを強調し、その上外観はイラストレーターに任せるので描写は未熟、そんなことになる。


で、その薄っぺらい小説は、これまた薄っぺらいラノベ読者(読書暦の浅く、アニメやマンガから入ったラノベ読者)が好んで読み、「萌える」などを連呼しつつ、売れていくため、俺たちにはまったくいらない小説が後を絶たないで生まれ続けているのであろう。


メディアミックスは正直うれしくない。
布教活動がスムーズに進むのはうれしいが、それより、自分たちの手から離れて行って、なにか変な読者層をを巻き込んで、全く違うものになって戻ってくるそのクオリティの変化の大きさに驚くばかり。


本当にここ1年。ここ1年で一気にラノベ読者は増えた。
深夜帯のラノベのアニメ化に伴って、そこからの新参参入が多すぎた。
おまえらいいから、さっさとラノベの世界に浸りきるか、アニメに戻るかしてくれ。これ以上駄作を増やす要因を増やさないでくれ。



他力本願でシメて、おやすみなさい。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/03/25(土) 01:30:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

この時間帯(4:00)まで起きてるとかミスった。授業ないから居眠りできないじゃん!!

http://www9.atwiki.jp/hetare_brother_mir2/pages/1.html


コレ見てたらいつのまにかこんな時間に!



やば。めっちゃ面白かった。
いやVIPとか正直なんだかわからんけど、まあとにかく面白かったのは確か。
途中のマジレスとかかなり凄かった。


あー。おれも2chでもやろうかなー
とおもいつつ、やっぱりよく考えてみたら時間が明らかに足りないのでやるはずもなく。このまま微妙な感じの堕落生活をすごしていきたいと思いますのでよろしく。



あー、徹夜でもいいかなこりゃ。
  1. 2006/03/24(金) 03:57:32|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

えー、なんかとても疲れました。

060324_0031_01.jpg





え? これがどうかしたかって?







コレ全部+20冊にアニメイトの透明ブックカバー掛けてたんだよ!!



おかげでなんか8割の確率で一発完成できるまでに上達しちゃったじゃないか。

えっと、いままでやってなかったのはめんどくさかったのと、あと無い方がしまいやすいと言うことだったんだが、よくよく考えてみれば読むときはこのブックカバーの方が、普通の紙のやつよりも、表紙を止めるものがあるぶんだけ、背表紙とブックカバーとの隙間が開きにくくなって、持ちやすくなるんだよね。ということで、全部に掛けるのは流石に(400近い ので好きなやつだけ掛けようと思って、メイトで80枚買ってきて70枚分掛けたけど、



疲れました



死種見ながらでしたけど、それでも腰とか痛かった
無理のある体制でやってたきもするからもうどうでもいいくらいに腰が痛い。

ついでに集中力の限界が近づいているようで、もうやばいかんじですもうだめああ。


まだ鷹見さんの新刊よみきってないのにーーーーーー


で、疲れたのでもう寝ようかな。



追記でさらにどうでもいいこと。日記だし。 追記-Postscript-
  1. 2006/03/24(金) 00:59:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リリアとトレイズ3

026461440000.jpg


あいかわらず黒星紅白さん・・・じゃなkった時雨沢恵一さんは安定してルナーと思った。

描写が丁寧なのがまず一点。下手をすると敬遠されがちだが、それでも情景をきちんと描ききることでそのようすが眼の裏に思い描きやすくなる。
俺は正直飛ばし読みしてしまうのだが、それでもわかるのはいいところだと思う。

アリソンと差別化を図っているのか、リリアのキャラが前回と少し変わった雰囲気があるのだが気のせいだろうか? まあ気のせいだと思うけどね

トレイズは相変わらず弱腰だなーと。ヴィルをもう見てるから、なんかトレイズが情けなくて情けなくて困った。



というか、






ベネディクトかっけぇぇぇ!!



なんなんだあのビジュアルは。誰かと思ったよ。最初に口絵を見たときに一瞬で名前が思いつかなかったのはベネディクトだけデスヨあなた。ホントなんですかあの変わりようは!? 
しかも後半の活躍はかなり最高だし。落ち着いてるし。かっこいいし。



で、年の差も国境も魔法使いでも関係ない楽しんだもん勝ちの
バカップルですか!? そこまで行くと本気で馬鹿ですって。もうかけることばもありません。はい。


で、とらヴぁすしょうさも最高と。そういうことですな。


あの軍人同士のところの会話なんて皮肉とか軽口とかそういうのがうまく折りこめられてて楽しく読んでられたのがいい。男の尻を追いかけたいやつは? 

いちいちひとつごとの文が俺を先へと読み進めさせる。ほんとに文章力があると思うのはこういうときだ。


ストーリーの展開も所々にアクセントがちりばめられてて結構なお手並みで。
移動一つとっても、ヘリの移動中を利用してアリソンのインパクトを強めるとともに、軽く伏線を張っておく。多分トレイズの狩もなにかの伏線なんだろうと思うがまあそれは下巻になってからかな。







そして一つ言いたいのだが、



何故分ける?



電撃文庫の規定枚数突破してもいいんじゃないか?
だって240だよ? 多分上下あわせて500だよ?

終わりのクロニクルは!!??



もうなんかどうにでもなれってかんじです。
まあそのおかげで黒星紅白さんのカラー絵が増えることはうれしい限りでございます。


今後ともがんばってください。


とうわけで上の中の中

とりあえず上巻なんで保留。まあ良作と言うことで。


ではまた

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/03/22(水) 23:43:57|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

結局学校休んでまでバイトして何やってんだか。まあ全然休んでも問題は無いんだけどね。

ということで有限実行。いってきました。

今日は特に面白いこともなく、前回つくりまくってたので楽だった。


あいかわらずメモ的要素多量 追記-Postscript-
  1. 2006/03/22(水) 23:23:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

BlogPet

沖山龍花は
ッてか回し方も何も無いと思うのだが、、、まあはっきり言っちゃえば、究極竜騎士を出したいがための先行です。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「臓物丸」が書きました。
  1. 2006/03/22(水) 14:37:51|
  2. BlogPet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

融合デッキというかまあなんというかネタでっきというか正直パクリなんですががが

<上級モンスター6枚>
サイバー・ドラゴン×3 カオス・ソルジャー×3

<下級モンスター16枚>
クリッター 沼地の魔神王×3 センジュ・ゴッド×2 異次元の女戦士 聖なる魔術師 E・HERO ワイルドマン 魂を削る死霊×2 融合呪印生物-光×3 メタモルポット 神竜 ラグナロク

<魔法14枚>
融合×3 光の護封剣 強奪 スケープ・ゴート 龍の鏡×3 早すぎた埋葬 大嵐 サイクロン 手札抹殺 遺言状

<罠6枚>
神の宣告×2 王宮のお触れ×3 リビングデッドの呼び声





まわしかた。ッてか回し方も何も無いと思うのだが、、、

まあはっきり言っちゃえば、究極竜騎士を出したいがためのデッキです。


究極竜騎士。
5000・5000 ドラゴン 光
青眼の究極竜+カオスソルジャー
効果・自分の場のこれ以外のドラゴン族×500攻撃アップ。融合召喚しか出来ない。


ドラゴンズミラー(龍の鏡)は融合召喚扱いなので、
手札融合>龍の鏡>さあ、場に5000二体。

でも手札アド的に考えると5000のバニラじゃどうしようもないんだけどね。
とりあえず神宣で何でも防いで、お触れで罠を防ぐ。

まあどうしようもなかったらワイルドジャギーマンとかキングドラグーンとか出してもいいけどね。

大体負けパターンは、強奪されて殴り殺されるんだけどね・・・。


ほぼワンキルです。ターンが過ぎるごとにこいつは死ぬ確率が格段に上がります。

チャンスは1度きり。特に手札に
融合、沼地、龍の鏡、センジュゴッドがあるときとか、やれ!ッ手言ってるようなもんだから決める。
無理だったら終わり。そんなかんじ。
構成適当なのはCGIだからたいした労力使ってないから。

パクリなんだけどね!! 


ちなみに貪欲入ってないけど、入れなきゃ死ぬよ?

では。

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム

  1. 2006/03/22(水) 01:26:23|
  2. カードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

覚醒少年

026286550000.jpg




なんか最近本読む頻度が少なくなってきてダメですね。>挨拶


覚醒少年よんできました。


あー、えー、なんでしょうか。この微妙さ加減は。



まず能力がいい加減すぎる。
感覚器の異常発達だったらがんばっても10以上はいないはずなのに20人ってなんだそれ無理矢理っぽすぎる。
安直過ぎてやってられない。

名前からして安直。

なんか使い古されていないのはただ単にベタ過ぎるだけだからというあんまり使われてなかった能力を出してきたあたり尊敬できる。

あと、ツンデレ加減が微妙すぎる。
なんだあの微妙にツンデレ入った、入った? いやあれは微妙だろ。

なんかねー。好きなんだけどねー。ツッコミどころが多すぎるんだよねー。
地下って電気消したら真っ暗だよねー。
最後まで身体能力アップの謎は解明されず、
猫もなんかきわどいかんじのしゃべりかただし、
もうなにがなんだか。


文体としてはだいぶ好きな方。あとなんかいろいろ解説とか、専門的なことが詳しそうだったのはちょっとまる。




いやほんと微妙すぎるので

中の中の上


わかんねー。平均と言うより、悪い面もあるがまあいいところもあったから結果として真ん中ちょっと上あたりに落ち着いたかな? とかいう意味不明論理。

あ、絵も微妙じゃん。微妙。

では。(感想になってねー

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/03/22(水) 01:13:05|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんかよくわからないが強制バトンらしいので強制的にやらされてみるテスト

優軋さんからもらった。というか見た。やる。それだけ。




見たんだからやれ


[ステータス]
HN:
年齢:
職業:
病気:
装備:
特技:
口癖:
[靴のサイズ]
[両親はまだ結婚してる?]
[兄弟]
[ペット]

+*好きなもの*+
[色]
[番号]
[動物]
[飲料]
[ソーダ]
[本]
[花]

+*質問*+
[髪染めてる?]
[髪の毛巻いてる?]
[タトゥーしてる?]
[ピアス開けてる?]
[カンニングしたことある?]
[お酒飲む?タバコ吸う?]
[ジェットコースター好き?]
[どこかに引っ越しできたらな~と思う?]
[もっとピアス開けたい?]
[掃除好き?]
[丸字?どんな筆記?]
[ウェブカメラ持ってる?]
[運転の仕方知ってる?]
[携帯何?]
[コンピューターから離れられる?]
[殴り合いのケンカしたことある?]
[犯罪犯したことある?]
[お水/ホストに見間違えられたことある?]
[ウソついたことある?]
[誰かを愛したことある?]
[友達とキスしたことある?]
[誰かの心をもてあそんだことある?]
[人を利用したことある?]
[使われたことは?]
[浮気されたことある?]
[何かを盗んだことある?]
[拳銃を手にしたことある?]

+*今現在*+
[今着てる服]
[今のムード]
[今のテイスト]
[今のにおい]
[今の髪型]
[今やりたいこと]
[今聞いてるCD]
[一番最近読んだ本]
[一番最近見た映画]
[一番最後に食べたもの]
[一番最後に電話でしゃべった人]
[ドラッグ使ったことは?]
[地球のほかの惑星にも人類がいると思う?]
[初恋覚えてる?]
[まだ好き?]
[新聞読む?]
[ゲイやレズのともだちはいる?]
[奇跡を信じる?]信
[成績いい?]
[帽子かぶる?]
[自己嫌悪する?]
[なんかに依存してる?]
[何か集めてる?]
[親友いる?]
[身近に感じれる友達いる?]
[自分の字すき?]
[見た目気にする?]
[初恋]
[ファーストキス]
[一目ぼれって信じる?]
[ビビビ!を信じる?]
[思わせぶりははげしい方?]
[シャイすぎて一歩を踏み出せない?]

+*自分のこと*+
[よく物思いにふける]
[自分は性格悪いと思う?]
[いやみっぽい?]
[天使?]
[悪魔?]
[シャイ]
[よくしゃべる?]
[疲れた?]



追記で回答。というか漢字バトンは・・・ 追記-Postscript-
  1. 2006/03/21(火) 21:24:49|
  2. バトン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この期に及んでまた遊戯王ですか

よくあること。




カードアド3枚も使って出した融合モンスターが、

1・相手の一伏せの奈落にかかる。
2・相手二伏せで、こっちお触れ伏せ。攻撃>炸裂>お触れ>死デッキ生け贄クリッター・・・・。
3・和睦>地砕き。
4・攻撃>死霊>エンド>洗脳>攻撃>突然変異。
5・強奪>生贄>メビウス。
6・キングドラグーン!!>強制転移。



相手先行。

1・初手押収
2・初手施し
3・一伏せエンド。ブレイカーのっけて割ったらスケゴ。>とみせかけて実はエンドお触れ
4・二伏せ>多分、炸裂とサイク(砂塵)だよ。エンドサイク死ね
5・一守備一伏せ>死デッキ生け贄クリッター。
6・初手から護封剣ですか・・・。
7・一守備だけって、いい度胸してるな・・・>抹殺してワンキル掛けたらクリボー×2とか死ね。
8・一守備でほっておいたら施し>セイント>二度目>ツクヨミ>エンド>抹殺>砂漠の光・・・ってをい・・・。
9・リクルに抹殺とか微妙すぎる。
10・何も無いから死霊攻撃>暗黒界。もうどうにでもしてください。


オレ先行

1・スケゴ伏せたらサイク>アスラ(ry
2・サイクをサイクで割られる。
3・サイクと炸裂伏せたら大嵐
4・クリッター抹殺
5・グラビテぃ伏せたのにミスティ2でメタポ割られる。
6・初手の激流葬は活躍せずに破壊。
7・初手施しでブラフでセット。セイント伏せ>抹殺。エンドサイク
8・ブラフで大嵐伏せたときに限って相手伏せなし死霊単騎。
9・シリンダー伏せたのにむこう死霊。
10・シリンダー伏せたのにむこう仮面魔道師・・・。
11・罠ガジェで、地砕きあるのに向こうビックシールドガードナー表守備。となりにショッカーとか。
12・スケゴ一伏せ。エンド>手札抹殺・・・メビとか死霊とかブレイカーとか・・・、やめて・・・。
13・ミラフォとスケゴ伏せたら相手バーンとか死ねる。で、次のターン施し。乙。



いろいろ

1・エンドお触れ>サイクロン。
2・次元融合>奈落。
3・偵察機に抹殺掛けるとかやってられない。
4・神宣エンドお触れはやる気無くす。
5・儀式は基本的に地砕きで死ぬ
6・ミラフォチェーンでリビングからショッカーが出てきた。どうすれば?
7・収縮。>チェーン収縮・・・。
8・相手ハンド0でガジェに神宣打ったら次ターンでまた相手ガジェ引くとか萎える。
9・ライジングエナジー!! リミッター解除!!>収縮。もうやめて。全部リセットで元々の二倍で固定。
10・ねえ、ハンデスでカエル落とすとか無駄な気がしてならない。




いろいろ。
結構当てはまるからこまったもの。

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム

  1. 2006/03/20(月) 23:19:35|
  2. カードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の事。初バイト。

メモなので見なくてもいい 追記-Postscript-
  1. 2006/03/19(日) 23:40:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

えたーなるぶれいず

ETERNEL BLAZE


ベホイミレベルのがやっと出来た。
まともな曲でやった中では一番。


ホントはもっと本編の画像使いたかったけど、字幕入ってるから使いにくい・・・。


とりあえず感想ぎぶみーぷりーず。

テーマ:機動戦士ガンダムSEEDDESTINY - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2006/03/19(日) 21:02:36|
  2. MAD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

やっほー!みんな元気にしてたカナぁ?(キャラがおかしい 

なんかだいぶ放置しっぱなしだったバトンが複数たまってるんデスガガガガガガガ


とりあえずひとつひとつショウカしていかないことには動じようも無いと思ったのでもうはじめちゃいましょうか。




とりあえず、バトンとバトン。

優夜さんのすばらしい勘違いによって生み出された最高のバトンを同時並行世界的観測値によってみちびきだしてみようかアディオ~ス?(←意味がわからない

というかハノ字型のくるりんひげってなんやねん。



■一番好きな髭は?
■髭で出てくるキャラ三名
■上のキャラの髭は何髭?
■髭を見るとどんな感じになる?
■ある朝目覚めると髭がモッサリ生えていました。
■いつも歩く道に髭が落ちてたらどうする?
■次にバトンを回す三名、似合いそうな髭は?



あとはこの髭のところを髪に変えてれっつごー。 追記-Postscript-
  1. 2006/03/18(土) 00:18:53|
  2. バトン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

融合最強。

いやあ。

融合強すぎるわ。 追記-Postscript-
  1. 2006/03/17(金) 22:57:11|
  2. カードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんかオレの評価はわかりにくいらしい

ああ、確かに。って思った。
自分で読んでて何言いたいかわからないのとかあるから。


とりあえずオレの考えについて。
そるさんのとこで書いてて気になったから書いてみる。
前に一回書いた気もするけど、いつ書いたのかオレが忘れるくらいだからみんな知ってるはず無いだろうということで再確認。



まあまずは
基本的にネタばれということですな

ネタバレしない感想なんて、表層をかすめたようなものにしかならないのは目に見えてるわけで、そんなことより読み終わったひとたちで語り合うと言うか、「あーあそこよかったよねー」とか「やっぱりあれはこうだったじゃん」そんなどうでもいいことで優越感を得ることの出来る餓鬼なので、そういう仲間とともに過ごして生きたいと思いたく、当然のことながらネタバレ基本で行きたいと思います。

んで、こっからが問題なのだが、そるさんの言うとおり、ネタバレはやめて欲しいとの案がある。まあそれは当然だ。トリックものでネタばれ書いてあったら萎えまくる。サプライズの無いミステリなんか富士見ミステリーの「食卓にビールを」みたいなもんだ。
まあ普通の作品であれ、当然感想サイトをまわったりしてる分にはその危険は伴うわけだが、

何故、そんなやめたほうが良いことを俺がやっているかと言うと、



だってリンク飛ぶのめんどいじゃん


え? オレだけ?
いやさ、まあオレだけだったらしょうがないけど。
めんどいんだよね、いちいち飛んだり戻ったり跳ねたり。
それも考慮してTOPにおいてある記事の数も見易さから考えて結構多めにしてあるんだよね。
無駄な努力かもしれないけど、オレはそれがいいと思っているからそうしているまでで、たとえ他の人が「それは逆に見にくい」とか言ってても多分変更することは無いと思うし、それが変わるとしたらそれこそオレの感覚が変化したとそういうことだからだと思う。

まあよくわからなくなってきたが、とりあえず、追記で書くのはほんとにネタばれひどいときとかくらいしかないかな?


あ、でも。
さすがにそるさんのを読んでて、ネタバレ強調はやめようと思った。
だってスクロールして飛ばそうとしてるのに無理やり目に入ってくるのは非道だよ確かに。



これからはどうでもいいことを強調してみようかしら





まあそんなところで。

後、感想の基準について。




感想を書くときに何を考えているかと言うと、本の内容を思い出してるんですよ。

・・・え?そんなの当然じゃん

とか思うでしょうが、地味にオレ忘れるんですよ。
酷いときとかその巻で出てきたはずの主人公の名前さえ満足に覚えてなかったりするからコレは大変。

というわけで、なにがあったかなーとか思い出しながら書いてるんですが、当然のことながら、印象に残ったことは強く覚えているわけで、つまり印象に残ったことを感想に書いている言ってもいいんじゃないかということで、


すぐ下の空ノ鐘の響く惑星での感想とか読んでみなよ。
適当じゃん
(別にネタバレ気をつけてるわけでもないのに適当すぎてネタバレになってないってどうよ?)

それに、いいところ言ったら逆に批判もしといたほうがいいかな? とかいう意味不明なバランス機能が働いて結局どっちなのかよくわからないものになっていくという状態。


印象に残ったことだから、細かい所には気が向かない。
よって少しのミスも気にしない。

オレはライトノベルを娯楽としてみている人間だから楽しければそれでよし。ただ、意味もないものだとおもしろくないし、深すぎるテーマは乗り切れないときがある。

一番いいのは、
適度にギャグが入って
適度に救いが無くて
適度に主題があって
しっかりキャラが立ってて
たくさん戦闘シーンがあって
面白い作品だね。


適度にって言うのが微妙すぎて、そこら辺はフィーリング。しょうがないよ感性だもん。


で、よく出てくる

上の中の上とか。


これはまあわかるとは思うけど、27段階評価で。3×3×3。

上の上の上を1として、下の下の下を27。
上の下の上はつまり7だね。

最近好きなのばっかで最初が上のやつが多くなってきてるけどきにしないで。インフレは起きないように気をつけてるから。





とりあえずいろいろまとめてみたが、まあ再確認程度にはなったかな。久しぶりに長文かいて3:40分とかなったけど気にしない。

ではまた。
おやすみなさい。




P。S。感想サイトとしてはこのブログはどうかと思うのだが、どうだろうか?(投げっぱなし)
  1. 2006/03/17(金) 03:42:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空ノ鐘の響く惑星で10

026461490000.jpg


今一番まともな電撃文庫の作品だと思う。


ゆらゆらがめっちゃかぶってる気がしてならないけどそんなのはお構いなしで面白い。

なんかこう伝記ものって戦闘以外の政治とか人間関係とかそういうどろどろしたものが出てくるから俺は好き。

しかも大国同士の争いを止めることは困難だから必然的に戦闘シーンを生み出せると言うのが結構良い感じに使えてる気がする。

フェリオのじれったさも、ノエルによって吹っ切れ始めたと思ったらウルクはまた離れるし。
リセリナも相変わらずやる気ないし。
ウルクはちゃんと覚えてるし。

ああ、もう。


なんかとにかくおもしろかった!



解説したいけどキャラ多すぎ。出来事多すぎ。やってられない。眠い。




あ、あと心理描写がわざとっぽ過ぎる気もするけど、結果的にわかりやすくなっているので特に気にならない。



上の下の上。




これからもがんばってほしいではまた

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/03/16(木) 18:54:18|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

あれだよあれ。また。というか学校行くのめんどい。遅刻して講堂に入るとかやってられない。おやすみなさい。サボり? もうどうでもいいよ

シン暴走。



使った動画:エヴァ第1、2、8話
     :死種 第12話
がんばった時間:3時間
がんばった時間帯:9時~12時
どうでもよさ:Lv95
好きな大王:あずまんが
今のテンション:もうどうでもいい


おやすみなさい。
  1. 2006/03/16(木) 12:18:28|
  2. MAD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

何やってたんだろオレ。

そう思わないか?碇シンジ君

二人の呼吸をあわせるのよ




あー。また無駄な時間をすごした。
  1. 2006/03/16(木) 03:34:49|
  2. MAD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

さて下の記事に引き続きエヴァンゲリオン映画版

えっと、




最後の一歩手前まで最高でした!!





何ですかあの最終話。
DEATHなんたらで振り返った後に映画版見たのに、

なんかエヴァがすごいことになってどうなるのかと思ったら意味不明です。ほんとに意味がわかりません。
多少のつじつまがあわないこととか、おかしいとか、クオリティの低さも余裕で許してしまうこの俺が、全く妥協できないくらいに意味不明で最悪の終わり方でした。


これなら、TV版の終わり方の方が100倍まマシですよ。
ほんとに意味がわかりませんもん。


えっと、


綾波がでかくなりすぎ。
というかアイツは何なんだ? 意味がわからない。
アダムと融合したくせにカヲルくんも混じってるし。
目、怖いし。裸だし。




というかエロス分多すぎる



ちらちらくるのはいいけど、やりすぎ。




あと見てて感じたのは、背伸びしすぎ感がある。


あのむだな実写+CG。

というかなんですかあのコスは? 殺したくなりましたよ?
目をつぶってしまいましたよ?




演出は何をやっているのかな?
最後ぐらい派手な戦闘で終わらせるのが筋じゃないのかな?
うん。あれだよ。無慈悲なまでのATフィールド崩壊は良かったよ。
でもさ。そのあとのフォローは?
で、どうなったの?



「・・・キモチワルイ」


って何?

どういう意味?

口調がおかしいから意味がわからないよ。

精神世界戻ったんでしょ? なのになんでアスカがそのままなの? 一回融合したから? わからない。

あのでかい綾波のパーツも、地球全体の様子から見ると、アップにしたとき(さいごのところ)大きさがおかしい。


映画版でちゃんと決着付くのかと思って、TV版じゃ納得したのに。コレじゃ興ざめだ。




重ねて言いますが、前半はよかったです。


まず、アスカの戦闘シーンが最高。
まあスローになってて迫力に欠けたのはしょうがないとしても、ちゃんとやってったところはOK。最後の腕が真っ二つに切れるところとか演出がこってて良し。

進入した敵戦力に抵抗せずに撃ち殺されていくところとかそこらへんは臨場感があって良い。さらに言うなら、いつもの如くあの3人(ロンゲ・メガネ・女)が無駄に叫んでてぐー。
ただ、父さんが、後をまかせていなくなっちゃったおかげであの冷静な声が聞こえなくて残念。


あと、あれ。
N2爆雷から空襲並みの爆弾投下とかいう無茶な作戦を思いついたスタッフに感謝。あれはよかった。


で、しんじきゅんがキレて前半終了っと。いうことで。





おやすみなさい!!





もうどうでもいいです。コレで終わりなんでしょ? 
もうMAD作って遊んでますよ。
  1. 2006/03/16(木) 01:28:29|
  2. アニメ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。