FC2ブログ

電撃文庫と堕落生活*でんだら*

文字サイズ[中]推奨

読んでいない本

何故かいつの間にか夕食が焼肉になっていた

そんな感じの龍花です。


牛角に行ったんだけど、まあ肉の話は無視して、
隣にブックオフがあるんだよね。
そこでさ、
護くんの6と番外編とお稲荷さまの5巻がおいてあって、
なんかなんとなくとって、
合計1000円で購入。

読む時間とかオレは考えているんだろうか?

これで未読本が文庫60+新書1+ハードカバー1の62冊。

一冊1日かけても2ヶ月かかる計算。


当分本には困らないね!!開き直り

というかその大部分を占めるのが都市シリーズと言う絶望状態。
シリーズで買って読んで無いのは

天国に涙はいらない
都市シリーズ
空ノ鐘
ダークバイオレッツ5、6、7
(インフィニティゼロ)
(ハッピーサルベージ)
ムシウタ

などなど。あとは1冊とか2冊つながってる程度の本。

本気で困ってます。

速読術が欲しいです。

本気で欲しいです

受講しようかと真面目に考えています。
これは重要な問題だ。
10分で1冊読めれば通学中に2冊読める。
授業中に7冊読める。
1日に60冊よんでも使った時間は600分。
10時間。
休日に全て読み終わることが出来る。

だれか。
明日から速読が出来るスキルを俺にください。
5万までなら出します。

お願いします全員無視 追記-Postscript-
スポンサーサイト



  1. 2005/11/03(木) 22:12:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

され竜+ハルヒ+バイトでウィザード(ざ・すにーかー)

B000BRRIHU.09.LZZZZZZZ.jpg


どう考えても浅井ラボは神としか言い用が無い。


龍花です。

この前秋葉原に行ったときに表紙の左端と付録を見て即買いした馬鹿です。
ちなみに今までザスニを買ったことなど一度もありません。
理由は読むものが少ないから。

で~も~、今回は違う!!

なんたってされ竜のイラストとか何とか設定集とか普通にある上に書き下ろしが何ページだって!?

もう買うしか無いじゃないか(アスラン風味)


帰宅後速攻。SA☆I☆KO☆U

勝ち目無いよ。所長最高だよ。
ああもう、レビューするのがめんどくさくなってくるほどおもしろいよ。
これ読んだ後なんかハルヒ読んだってバイト読んだって全然。足りない。

それでもハルヒとかちゃんとやっとくと、
ハルヒ=キョンの昔話。オチの為にがんばりすぎ。ハルヒのツンデレっぷりを発揮させたかったのだろうか?
バイト=相変わらず京一のテンションが低い。それでおいて微妙に弱いからあんまり好きじゃない。






  適当だなおい


まあそんなかんじで、気になったのは最後のガンダムの絵師が緒方剛志だったことぐらい。
まだ全部読んで無いからがんばろう。

ではまた。
  1. 2005/11/03(木) 13:46:21|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

サイト更新。

今日久しぶり(数日振り)にサイトを更新した。
ずいぶん前(1ヶ月くらい前)から書き始めていた適当趣味小説が書きあがったのでとりあえず第一号としてUP。

気になる方はこちらへどうぞ。
http://okiyama.fc2web.com/text/keitai1/first_step.html

どうでも良い方がほとんどだと思うのでこのまま放置。
この後は掲示板とかいろいろと整理して行こうかなあとか思ってる次第。

感想はコメントにお願いします

さあ明日もてんしょんあげていこー。おー。

そんなかんじで
ではまた。
  1. 2005/11/03(木) 00:38:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しにがみのバラッド6

403042.jpg


相変わらずです。相変わらず悲しいです。
そりゃあ人が死ぬお話なんだから悲しいのは当然として、
ふわふわした感じの詩的な心理描写が一部ではなく全編にわたって続いているのに、わざとらしさや、マンネリ化が起きていないところが良い。
こういうやつにありがちな、かっこつけて難しく書いているだけじゃなく、ちゃんとしているからおもしろい。
ココロの描写、もどかしいような日常が描かれている。
今回は泣く事はなかったけれど、最初のいなくなる話はとても。
終止頭の想像の中はもやがかかったようにうすぼけていて、今にも崩れ落ちそうな雰囲気が伝わってきた。

落ち着いた雰囲気の良い作品。
挿絵のレベルも高いので安心して読んでられる。

そんなかんじで
ではまた

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2005/11/03(木) 00:22:06|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある日、爆弾が落ちてきて

403182.jpg


え? あれ?

クオリティが高すぎる。

なんだこのうまくまとまり過ぎた感すらただよっても良いほどの構成のうまさ。

ひとつひとつがそれぞれレベル高い。

特に、びっくりするとか奇想天外とかそういうのはなかったけど、全部まとめておもしろい。

hpで二つ見た(まどか&出席番号0)けど、もう一回見てもよかった。と言うかむしろ今読んだほうがおもしろかった。

古橋さんのは今までひとつも読んでなかったので読む事に決定。
まずはノウエムかな?
まあ何でも良いから読もう。おもしろい。

タイムSFだっけあれ? まあなんでもいいや。
不思議な事が起こっているのにみんな無視して普通にふるまうっていうのはわりと好き。いや結構好き。

そんなところがつぼに入った一冊。


では。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2005/11/03(木) 00:05:17|
  2. 読了感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2